FC2ブログ
当サイトは男性のエッチな体験談や女性のエッチな体験談を
紹介するブログです。
多くの性的描写を含んでいるアダルト18禁ブログです。
18歳未満は退出して下さいね♪


告白投稿は投稿フォームからお願いします。



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どっちもどっち

男も女もどっちもどっち・・・
まあ、ギブ&テイクって感じかな・・


出会い系で出会ったマサシは、10点満点中
6点くらいの男だった。
良くも悪くもフツー。
ルックスは微妙っていうか、ややブサイク。
背だけは高くて、痩せてる感じ。

話してても、別に愉しくないし、好みじゃない。


それでも、居酒屋に行った後、ラブホテルに
誘われた私は、拒否らなかった。
なんでかっていえば、今日寝るところがないから。
セックスしたって、減るもんじゃないしね。
ラブホテルに入ったら、ダメモトで誘ってきてたらしくて、
マサシがテンパってた。


「アヤちゃんみたいなかわいい子が、お、俺とラブホテル
なんて、行ってくれるとは思わなかったよ。」


「だって、『何もしない。』っていったじゃん。私、お風呂入ってくるね。」


もちろん、ラブホテルに入って、何もしないわけがないと思ってるけど。
ちょっとイジワルいってみた。
まーったりとバスタブに浸かって、のんびりと体を洗う。
ラブホテルのお風呂って、きれいで広いからいいよね。


バスローブを着て、バスルームから出たら、
性欲むき出しの目でじっとりとみられた。


「マサシくんも、お風呂入ったら?」


抱きついてこようとするのをするりとかわして、
マサシをお風呂に追いやる。


髪を乾かしながら、勝手に冷蔵庫を開けて、ビールを飲んで
くつろいでいると、ろくに体も拭かないでマサシが私の隣に座った。


「あ、一人でビールなんか飲んで、ずるいんだ。」


私の飲みかけのビールを飲んだマサシは、


「間接キスだね。」


なんてはしゃいでいる。
キモ・・・。
と思いながらも、私は愛想笑いしてあげた。
それでイケると思ったのか、マサシがぐっと体を
寄せてきたので、私はさっと立ち上がり、ベッドに入った。


「もう寝よう。」


マサシに背を向けて、目を閉じて、寝ているフリをする。
あんまりセックス好きじゃないし、気の弱い男なら、
これでヤらずに済むこともあるから・・・。
でも、マサシはみかけによらず、積極的だった。
後ろから私に抱きつくようにして、ごそごそと体をまさぐってくる。


「やだ・・・何もしないっていったでしょ。」


ちょっとトガった声を出しても、全くヘコまない。


「アヤちゃーん。せっかくラブホテルに
来たんだから、セックスしようよー。」


強引に仰向けにされて、上にのっかられると、
重くて「ぐえっ。」といいたくなった。


「重いし。どいてよ。」


睨んでも、にやにやしたまま、キスしようとしてくる。


「やだ!キスはダメ!」


自分の手で唇を塞いで、キスされないようにしたら、
マサシはバスローブをがばっとはだけて、おっぱいに吸い付いた。


「キス以外ならいいよね!」


乳首をちゅばちゅば吸われているうちに、仕方ないかと諦めモードになる。
あんまり拒否ると、キレられたりするから、このへんが潮時だよね。
おっぱいを揉みながら、乳首を舐めているマサシは、私が抵抗
しなくなったので、ちらちらと私の表情を窺っている。
めんどくさいなあ。
さっさとおまんこにちんぽを突っ込めばいいのに。


すごく気に入った男だったら、二回目、三回目のために、
感じてる演技もするけど、マサシ程度の男は
いくらでもいるから、あえぐ必要すら感じない。


AV女優とかすっごい声であえぐけどさ、
あれって、ホントに感じてるのかな?
少なくても私は、どうしてもあえぎ声が
出ちゃうってくらい感じたことはないんだよね。
イくのも、クリトリス以外はムリだし。
気持ちよくないから、あんまりセックスは好きじゃない。
マサシは私が気持ちよさそうにしないので、
おっぱいへの愛撫をあきらめて、パンティに手をかけた。


パンティを脱がせて、おまんこが濡れてると、
男って喜ぶけど、別に感じてなくてもフツーに濡れるよね。


「濡れてるね・・・。あえぎ声、我慢しなくていいんだよ。」


いや、我慢してねーし!

心の中でツッコミつつも、


「うん・・・。でも、恥ずかしいから・・・。」


と小声で答えてあげた。
おまんこに指を入れられると、長い爪があたって痛い。
デリケートな膣壁が傷つきそうで怖いので、
待ちきれないフリで、手マンを止めさせることにする。


ホントにさ、セックスする気があるなら、
ちゃんと爪くらい切っておいてほしいよね!


「もういいから・・・きて・・・。」


私がわざわざかわいい感じでおねだりして
やってるのに、調子にのったマサシは、


「もうほしいの?せっかちだなあ。」


なんて嬉しそうにいいながら、ぬるつく
ちんぽを膣口にあてがってきた。


「ダメっ!コンドームつけて!」


体を引いて、足を閉じながら、
私は断固拒否っていう口調で叫んだ。
生ハメなんてして、赤ちゃんできたらどうしてくれるのよ!


「大丈夫だって。ちゃんと膣外射精するし。」


いやいや、膣外射精は避妊じゃねーし!
そんなこといって、絶対、中出しするつもりだ。
思わず、キレてしまいそうになりながらも、
私はコンドームを渡して、


「つけてくれなきゃ、イヤ!」


体を縮こまらせた。


しぶしぶって感じで、ちんぽにコンドームを装着したマサシは、


「これでいいだろ?」


ふてくされたようにいって、私のおまんこにちんぽを挿入する。

マサシが腰を振り出してすぐに、違和感を感じた。
なんか・・・いつもと違う・・・?


「ちょ・・・待って!一回抜いて!」


私がストップをかけても、マサシはさらに激しく腰を振りながら、


「あ、バレた?やっぱ、セックスは生ハメ中出しでしょ。」


体を強い力で押さえつけられながら、
乱暴に犯されて、私はマジで悲鳴をあげた。
コイツ、コンドームをこっそり破ってたんだ!
マサシは宣言通りに、私のおまんこに中出しした上、怒って口を
きかない私にキレて、ラブホテル代も払わずに逃げた。
超ハズレだったし!
もう普通にデリヘルとか風俗で働く方がマシなのかも・・・。

勝負の決め手は直アド交換☆しかも無料だから怖いものナシ


スポンサーサイト
[PR]

Comment

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

カテゴリー

一度お試しあれ!!

まずはお試し無料から



最新記事

女性のためのお小遣い稼ぎ

マニアな出会い

リンク集

出会い
くる天 人気ブログランキング

アダルト検索風俗サーチのアダルトシーカーAdult Seeker
アダルト検索エンジン
アダルトサーチエンジン「X」エックス
アダルトギャラリー
ADULT◆最強伝説
アダルトショッパーズ
おちんちんからしナビ
「アダルト検索 アダステ」
  • seo

美少女動画

安心できる出会い

Rioちゃんor愛ちゃん?



体験談募集中です♪

当ブログにて引用させて
頂くことがあります。
引用しないでという方は
その旨を記載して下さい♪
{例} 
名前だけ変えて引用可です。
オナニーネタにして下さい(笑)
名前もすべて引用可です。

名前:
メール:
件名:
本文:

女性の方へ

出会い?動画?

エッチなサイト検索

女性のためのおもちゃ

おすすめ♪

RSSフィード

エロ動画サイト

ひざまくら

女性の方へ

素人チャット

Copyright © 出会い 体験
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。