FC2ブログ
当サイトは男性のエッチな体験談や女性のエッチな体験談を
紹介するブログです。
多くの性的描写を含んでいるアダルト18禁ブログです。
18歳未満は退出して下さいね♪


告白投稿は投稿フォームからお願いします。



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フェラ下手の巨乳

はじめてできた彼氏に、

「オマエ、フェラチオ下手すぎ。」

っていわれたのが、私のトラウマ。

フェラチオなんて、知識としてすらなかったウブな私が
上手にフェラチオできるはずない。
それどころか、はじめてみる勃起したちんぽに
恐怖すら感じていた。


黒ずんで気持ち悪い色をしたグロテスクな形の
ヘンなニオイのするちんぽ。
さわるだけでもためらわれるちんぽを
口に入れるなんて・・・。


吐き気をこらえつつ、必死で口の中のちんぽが
それ以上入ってこないように舌でガードしたのを覚えている。


抵抗しているうちに、何度かサオに歯が当たって
しまったらしく、彼は舌打ちしながら、私の口から
やっとちんぽを抜いてくれた。


口内を犯されたように感じて、涙ぐんでいた私に、
彼は吐き捨てるようにいった。


「オマエ、フェラチオ下手すぎ。カマトトぶってんなよ。」


小さな頃から大人っぽいっていわれていたし、おっぱいも
巨乳っていわれてしまうくらい大きかったから、彼は私が
処女で性的な知識も乏しいなんて思ってもみなかったんだろう。


私は泣きながら、その場から逃げ出し、
ひりひりするくらいハミガキをした。


あんな男に処女をあげなくてよかったと思いつつも、
フェラチオが下手だなんていわれないようになってやると
ヘンな復讐心がこみあげてきて、私はフェラチオについて勉強し始めた。


フェラチオやセックスについて知れば知るほど、
私がフェラチオ下手ってよりも、彼がセックス下手
だっただけなんじゃ・・・って呆れた。


そう思うと、早くセックスを経験してみたい気持ちになり、
レディスコミックの広告に載っていた出会い系で、
初体験にふさわしい男を物色してしまった。


思い切って、気になる書き込みにメールを送ったら、
すぐに返事が返ってきて、気がついたら待ち合わせしてた。


「離れたところからみて、ムリって思ったら、ブッチしていいから。」


っていわれたから、会いやすかったっていうのもあるし、
自分にわりと自信のある人なのかなって思った。
私の想像通り、遠目からみたタダシはなかなかのイケメンだった。
おそるおそる近づいてみたら、人懐っこそうな笑顔で、


「ミコちゃん?きてくれてありがとう。」


と握手を求めてきた。


思わず握ってしまった手が大きくてあったかくて、
完全にタダシのペースにハマってしまって、


「イヤになったら、いつでもやめるから、ラブホテル行こう。」


って誘われて、思わず頷いてた。


散らかった元彼の部屋とは比べられないような、
ラブホテルのキレイでオシャレな部屋・・・。
薄暗い照明がなんかいやらしくて、どきどきがさらに増した。
緊張しながら服を脱いで、ブラジャーとパンティだけの
下着姿になったら、先に服を脱ぎ終わったタダシが抱きしめてくれた。


汗とタバコのニオイが混じった男くさいタダシの香りに包まれ、
やさしく髪をなでられて、がちがちにこわばっていた私の体から力が抜けていった。


「なるべくやさしくするから、痛かったらすぐにいってね。」


私がこくんと頷くと、ブラジャーのホックをはずされて、
ベットにゆっくりと押し倒された。


「ミコちゃんのおっぱいは巨乳なのに、美乳だね。
こんなきれいなおっぱいはじめてみたよ。」


両手で覆うようにおっぱいに手を添えて、勃起した乳首を
舌で転がしながら、タダシがほめてくれた。
今まで、でかぱい、乳でか、巨乳とからかわれたことはあっても、
ほめられたことはなかったから嬉しかった。


「肌もすべすべだね・・・。真っ白でシミひとつなくて。」


タダシの手がゆっくりとパンティをおろした。

元彼にもみせたことがなかった私のおまんこが
おかしくないか不安で、太ももに力が入る。


「おまんこもとってもきれいだ。すごくおいしそうな色してる。」


タダシにクンニされて、私はあられもない声を
あげてよがってしまった。
やわらかくてにゅるっとした舌がおまんこを
舐めまわすと、たまらなく気持ちがいい。
特にクリトリスと小陰唇の周りを舐められるのが最高だった。
一度、イかされた後、私は自分ばかり愛撫されていることに気がついて、


「あの・・・その・・・私もフェラチオしようか?」


ってきいてみた。


何度か勃起したタダシのちんぽが私の体にふれていたし、
気持ちよくしてもらった分、私もタダシを気持ちよくしてあげたかった。


「うーん。このまま、ミコちゃんの処女をもらえるなら、
フェラチオはまた今度の方がいいかな。こんなかわいいお口で
フェラチオされたら、なんかすぐ射精しちゃいそうだし。」


じっと顔をみつめられて、ゆっくりと唇が合わさった。

キスははじめてじゃないのに、キスってこんなに
気持ちいいんだ・・・って、うっとりしてしまった。


「どうする?今日はフェラチオで出してくれる?」


勉強したフェラチオの知識も試してみたかったけど、
それより体の疼きをどうにかしてほしくて、私はタダシの
ぬるぬるしているちんぽに手を伸ばした。
熱いし、とても硬くて大きい。
こんなのがホントに私のおまんこの中に入るのかな?


コンドームをつけたタダシのちんぽは、
じりじりと少しずつおまんこに入ってきた。
ぴりぴりする痛みはあったけど、それもすぐに
快感に変わって、私はタダシに体にしがみついた。


「ああ・・・ミコちゃんのおまんこ、すごく気持ちいいよ。」


タダシが私の耳元でささやくたびに、私のおまんこは
勝手にタダシのちんぽをしめつける。
私は処女だったくせに二回もイってしまって、
帰り道、足ががくがく震えて歩きづらかった。
はじめてのセックスもフェラチオも、
上手な人としないと痛い目に遭うのね。

勝負の決め手は直アド交換☆しかも無料だから怖いものナシ
スポンサーサイト
[PR]

Comment

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

カテゴリー

一度お試しあれ!!

まずはお試し無料から



最新記事

女性のためのお小遣い稼ぎ

マニアな出会い

リンク集

出会い
くる天 人気ブログランキング

アダルト検索風俗サーチのアダルトシーカーAdult Seeker
アダルト検索エンジン
アダルトサーチエンジン「X」エックス
アダルトギャラリー
ADULT◆最強伝説
アダルトショッパーズ
おちんちんからしナビ
「アダルト検索 アダステ」
  • seo

美少女動画

安心できる出会い

Rioちゃんor愛ちゃん?



体験談募集中です♪

当ブログにて引用させて
頂くことがあります。
引用しないでという方は
その旨を記載して下さい♪
{例} 
名前だけ変えて引用可です。
オナニーネタにして下さい(笑)
名前もすべて引用可です。

名前:
メール:
件名:
本文:

女性の方へ

出会い?動画?

エッチなサイト検索

女性のためのおもちゃ

おすすめ♪

RSSフィード

エロ動画サイト

ひざまくら

女性の方へ

素人チャット

Copyright © 出会い 体験
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。