FC2ブログ
当サイトは男性のエッチな体験談や女性のエッチな体験談を
紹介するブログです。
多くの性的描写を含んでいるアダルト18禁ブログです。
18歳未満は退出して下さいね♪


告白投稿は投稿フォームからお願いします。



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SM奴隷女

出会い系で出会ったハルカとは、
SMプレイを愉しむ仲だ。

GRP_0262.jpg


職場で高慢ちきな女どもに囲まれている俺は、
M奴隷のハルカとのSMプレイで、男としての矜持を保っている。


独身で仕事では年上の男ですら顎で使っているようなハルカも、
俺とのSMプレイの間は従順なメス豚でしかない。


俺はまるで職場にいる女上司を従えているような高揚感に浸れるし、
ハルカにしても、日頃、蔑んでいるダメな男に屈辱的な命令を
されているような気分が味わえるらしい。


日常の姿がどうであれ、俺の本来の姿は、女を
支配するご主人様であり、ハルカは男に仕えるM奴隷なのだろう。


SMプレイをしているときのハルカは、本当に淫らで美しく、
いきいきとしている。


ハルカのくだらないプライドのせいで、SMプレイをするにも
かかわらず、俺たちは名の知れたホテルに泊まる。


どうせ費用はハルカ持ちだからいいのだが、SMプレイにベンリな
設備が整っているラブホテルにすれば、いろいろと
SMプレイの幅も広がるのに。


用意してきたロープで、ハルカのおっぱいを強調するように
縛りながら、俺は頭の中で今日のSMプレイの内容を組み立てはじめた。


前回のSMプレイはちょっとあっさりめだったから、
今回は意識が飛ぶくらいどっぷりと快楽に溺れさせてやろうかな。


上半身だけを縛って、後ろ手に腕を拘束したハルカに浣腸して、
アナルプラグをねじ込んだ。
便意がこらえきれなくなるまで、ハルカの真っ白なおしりを
平手でぶち、真っ赤に染め上げる。


ハルカは鞭を使われるよりも、手でぶたれる方が好きらしい。
俺の手がおしりに痛みを与えるたびに、体をのけぞらせて、
あえぎ声をあげる。


すっかりおしりが真っ赤になったところで、ハルカの便意は
耐え難いものになってきたようだ。


「ご主人様・・・トイレに・・・行かせてください。」


ホテルの部屋を汚すわけにはいかないので、いつもは行儀よくトイレで
アナルプラグを抜いているのだが、今日はバスルームに連れて行って、
バスタブの中で膝をつかせた。


後ろからゆっくりとアナルプラグを抜こうとすると、
今までこんな場所で脱糞させられたことがなかったハルカは、
首を振って嫌がる。


「こんなところでは・・・恥ずかしい姿が丸見えです・・・。」


「そうだ。メス豚がアナルからうんこをぶちまけるところが
よくみえるな。ここでしたくないなら、ずっとアナルに栓したままにするぞ。」


ぐるるるぅとハルカのお腹が鳴り、限界を伝えてくる。

ハルカは唇を噛んで羞恥に耐えていたが、覚悟を決めたらしく、小声でつぶやいた。


「はずしてください・・・もうガマンできません・・・。」


俺はゆっくりとアナルプラグをはずした。


アナルがぴくぴくと動き出し、どばっと奥からうんこと
浣腸液があふれ出してくる。


恥ずかしさのあまり、ぐすぐすと泣き出したハルカのおしりを
やさしくなでてから、バスタブの中の排泄物をシャワーで洗い流し、
ハルカの体もキレイに清めた。


アナルの中にローションを注入し、パールが連なった形の
バイブを入れて、何度か出し入れする。


まだ全然、いじっていないおまんこから、愛液がとろとろと
あふれ出し、ものほしそうにひくひくとしている。


いつもならもっと放置するのだが、今日は中太のバイブを咥えこませてやった。


ぴんと勃起している乳首にも、洗濯ばさみをはさんでやり、
淫らなM奴隷にふさわしい格好にしたところで、ハルカを立ち上がらせ、
窓辺へと連れて行った。


カーテンを開けてガラスに映っている自分のいやらしい姿を
みせると、ハルカは悲鳴をあげて抵抗した。


向かいのビルに明かりがついていて、人の姿がみえるから、
セックス以上に恥ずかしいこの姿をみられたくなかったのだろう。


「ここでのSMプレイがイヤなら、今日はもう終わりにするぞ?」


俺が耳元でささやくと、もがいていたハルカは大人しくなった。
こんな中途半端な状態で、やめられるはずがない。


「いいこだ。本当はこのいやらしい姿をみられたいんだろう?
もうこんなにおまんこがよだれをたらしているじゃないか。」


おまんこに咥えこませたバイブをゆっくりと動かすと、
くちゅくちゅといやらしい音がきこえた。


「はしたない音がきこえるねえ。おまんこがバイブで悦んでる音だ。」


ハルカは私に体をあずけて、あえぎ声をこらえている。


「ああ、すまなかったね。ハルカが一番大好きなクリトリスを
かわいがってあげるのを忘れていたよ。」


愛液でぬれぬれになっているクリトリスを指先でくすぐると、
ハルカは悲鳴のような嬌声をあげた。


「あぅんっ!」


気持ちよすぎるらしく、がくがくと足が震えている。


「今日はどっちからちんぽを入れてほしい?
アナル?それとも、おまんこにしようか。」


「どっちでも・・・どっちでもいいですから、早くおちんぽください!」


ハルカのおまんこからバイブを抜き取って、私は床に寝そべった。


「おいで。自分でちんぽをおまんこに咥えこんでごらん。」


後ろ手に拘束されているハルカは、一生懸命ちんぽをおまんこに
入れようとするのだが、上手く入れられない。


「ご主人様ぁっ・・・おちんぽ・・・入れてください・・・。」


俺が勃起したちんぽの根元を手で支えてやると、ようやくちんぽを
おまんこに入れることのできたハルカは、満足そうな声をあげた。


性急に腰を振って、俺のちんぽから快感を得ようとしているハルカの腰を
押さえて、アナルに入れっぱなしになっているバイブのスイッチを入れた。
アナルの中で振動しながら、くねっているバイブの感触がおまんこの中に
伝わってきて俺も気持ちいいが、ハルカはそれ以上に気持ちいいらしく、
獣じみたあえぎ声をあげはじめた。

今日はハルカが気絶するまで、SMプレイは終わらない。
でも、感じまくっているハルカの様子から考えて、そう長くはかからなさそうだ。


奴隷契約所 完全無料SM専出会い
淫乱SとMのための奴隷契約所・SM専門無料コミュニティ登場。
マニアなお友達・パートナー探しも無料だから初心者の方だって安心!!
スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

Comment

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

カテゴリー

一度お試しあれ!!

まずはお試し無料から



最新記事

女性のためのお小遣い稼ぎ

マニアな出会い

リンク集

出会い
くる天 人気ブログランキング

アダルト検索風俗サーチのアダルトシーカーAdult Seeker
アダルト検索エンジン
アダルトサーチエンジン「X」エックス
アダルトギャラリー
ADULT◆最強伝説
アダルトショッパーズ
おちんちんからしナビ
「アダルト検索 アダステ」
  • seo

美少女動画

安心できる出会い

Rioちゃんor愛ちゃん?



体験談募集中です♪

当ブログにて引用させて
頂くことがあります。
引用しないでという方は
その旨を記載して下さい♪
{例} 
名前だけ変えて引用可です。
オナニーネタにして下さい(笑)
名前もすべて引用可です。

名前:
メール:
件名:
本文:

女性の方へ

出会い?動画?

エッチなサイト検索

女性のためのおもちゃ

おすすめ♪

RSSフィード

エロ動画サイト

ひざまくら

女性の方へ

素人チャット

Copyright © 出会い 体験
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。