FC2ブログ
当サイトは男性のエッチな体験談や女性のエッチな体験談を
紹介するブログです。
多くの性的描写を含んでいるアダルト18禁ブログです。
18歳未満は退出して下さいね♪


告白投稿は投稿フォームからお願いします。



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出会い系の変態男

出会い系で変態男を捜して、アブノーマルな
プレイを愉しむのが、私の密かな愉しみ。


普段は会社で社長秘書をしている私には、
高学歴高収入の婚約者もいる。

172.jpg

でも、婚約者に私の変態じみた性癖を
知られるわけにはいかない。
破談になると、会社にもいづらくなってしまうし。


M男の書き込み掲示板を眺めていたら、女王様に
嬲られたいという男をみつけた。


27歳で筋肉質のがっちりした体型か・・・、
想像するだけでよだれが出てくる。


何度かメールをやりとりした後、写メの交換を
してみると、予想以上に好みのタイプだった。


週末に会う約束をして、いつも使っているSM用の
ラブホテルに予約を入れておく。


どんな風にいじめてやろうと考えるだけで、
ときめきで胸が高鳴る。


思い切って、SM女王とかを本職にして、毎日、変態男の相手だけを
していられたらって考えることもあるけど、将来のことを考えたら、
そんな勇気はない。


でも、普通のセックスだけではどうしても満足できない。


ボンテージ衣装と愛用の鞭を小型のボストンバックに詰めて、
後は思いつくままに、変態プレイに使えそうなものを入れておいた。


今回会う変態男のタダシは、私がどんなことをしても
受け入れてみせると豪語している。


今までどんな変態プレイをしてきたのか知らないけど、
そこまでいわれたら、受け入れられる限界を責めてみたい。


買っただけで使ったことがなかったペニパンまで詰めて、
私は眠りにつくまで、明日の変態プレイをシュミレーションした。


翌日、時間通りに仕事を終えて、コーヒーショップでタダシと会った。
スーツの上からでもわかる厚い胸板と童顔が、かなりそそられる。


変態プレイに差し支えないように、軽食で小腹を満たして、
予約しておいたSM用のラブホテルに直行した。


部屋で二人きりになった途端、私の中の抑えていた
欲望が一気に溢れ出す。


「服を脱いで、跪きなさい。」


ベッドに腰かけて、タダシに命令すると、タダシは「はい」と
従順な返事をした後、きびきびと服を脱いで、全裸になった。


割れた腹筋、ムキムキの腕と太もも、みればみるほどいい体してる。
裸になったタダシは、私の足元に跪いて、命令を待つ。


「そこのボストンバックから、変態プレイに使う道具を
取り出して、テーブルに並べなさい。」


タダシは丁寧に道具を取り出して、ガラスのテーブルの上に並べた。
鞭、ローター、バイブ、ローション、ペニパン、浣腸器、アナルプラグ・・・。


タダシのちんぽは、期待ですでに勃ちあがっている。


どの道具に興奮したのかは知らないが、
見かけによらず、かなりの変態のようだ。


「そうねえ。まずはアナルを使えるように、きれいにして
もらおうかしら。自分で浣腸して、アナルプラグをハメなさい。」


私にいわれた通りに、自分で浣腸したタダシは、アナルプラグを
ハメて、よつんばいになった。


「お前が排泄するところは別にみたくないから、限界がきたらトイレに
行かせてあげるわ。排泄感がこみあげてくるまで、鞭で打ってあげましょうね。」


「はい、ミユさま。ありがとうございます。」


私は愛用の鞭で、タダシの体を鞭打った。


びしっ!びしっ!鞭の音が響き、体に当たった感触が鞭から手に
伝わってくるたびに、ぞくぞくするような悦びで体が熱くなる。
こんな快感は、他のことでは味わえない。


「ああっ・・・ミユさまっ・・・あうっ・・・。」


鞭打たれるたびに、痛みで悶えているタダシのちんぽは、
さっきよりもさらにぎんぎんに勃起している。


「脂汗が出てきたわね。そろそろ、限界じゃないの?
早くトイレで排泄してきなさい。その後は、シャワーできれいに流してくるのよ。」

タダシのわき腹に鞭の痕がつき、おしりが真っ赤になったところで、私は鞭打つのをやめた。
タダシはよろよろと立ち上がり、トイレに向かう。


アナルプラグで多少は拡張できたはずだから、
まずは、バイブをアナルに突っ込んであげようかしら。


タダシが排泄して、シャワーを浴びている間に、私はボンテージ衣装に着替えた。
戻ってきたタダシは、嬉しそうに私をみつめ、私の足元に跪く。


「お前のアナルに、このバイブを突っ込んであげるから、おしりを突き出しなさい。」


顔を床につけて、おしりだけをねだるように突き出したタダシのアナルにたっぷりとローションをたらす。


バイブもローションで濡らして、ぐりぐりとアナルに押し込んであげた。


「くぅっ・・・うっ・・・。」


「痛いのかしら?」


びくびくと体を震わせているタダシに声をかけると、


「いえっ!大丈夫です・・・どうかお続けください。」


あわてたようにタダシが叫んだ。


アナルにバイブを根元まで押し込んで、しばらく放置した後、
ローターで乳首を刺激して、玉袋を揉んでやった。


「許可なく射精したら、プレイは終了よ?」


涙目で顔を真っ赤にして、射精を堪えているタダシは
かわいくて、もっといじめてやりたくなる。


私はペニパンを装着して、タダシのアナルから
バイブを抜き、ゆっくりと先端を押し当てた。


ぐぐっと押し込むと、充分拡げたはずなのに、抵抗感が伝わってくる。
一番太いところが入ると、一気に根元まで入れることができた。


男を犯しているという倒錯感と満たされた征服欲が
セックスよりも私を興奮させて、恍惚としてくる。


「ああっ・・・ミユさまっ・・・もうっ・・・ああぁぁっ・・・射精してしまいますっ・・・。」


タダシのちんぽから精液が迸り、私は変態プレイの終了を
惜しみながら、腰をひいた。
ちょっとじらしすぎたし、タダシは充分、射精を堪えたと思う。


「ミユさまぁ・・・申し訳ありません・・・本当に申し訳ありません・・・。」


勝手に射精したことを土下座して謝っているタダシの肩をブーツの踵で
踏みつけてやりながら、私はすばらしいおもちゃを手に入れた悦びでいっぱいだった。

おすすめ無料サイト

完全無料確実☆即決セフレ案内所
完全無料人妻性体験
【出会いNAVI】
【恋メール】
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

ぽっちゃりだけど・・

出会い系で出会ったユウタは、かなりのイケメンで、
私なんかがセックスできるなんて夢みたいだった。

129325.jpg


ちょっとぽっちゃりしてて、男になんてモテたことのない私は、
いつも写メを交換した途端、メールが返ってこなくなっていて、
ユウタが会ってくれるっていってくれたときでさえ、信じられなかったのに。


まるで恋人同士みたいに、ぎゅっと手を握ってくれて、ラブホテルにまで誘われるなんて・・・。


処女だった私にとっては、憧れの初体験♪
・・・だったのに。


お部屋に入って、二人きりになったら、やさしかったユウタは、
別人みたいになってしまった。


「さっさと服、脱げよ。このメス豚!」


いきなり蹴られて、呆然としてしまう。


「俺とヤりたいんだろ?脱がないなら、帰るぞ。」


本当に帰ってしまいそうだったので、私は慌てて服を脱いだ。
だって、こんなイケメンと初体験できるチャンスなんて、
もう二度とこないと思ったから。


「マジで白豚みたいな体してんなあ。妊婦みたいな腹だし。」


おなかのお肉をぐっとつかまれて、私は痛さで悲鳴をあげた。


「おっぱいはそこそこでかいけど、たぷんたぷんして、やわらかすぎだろ。」


両手でおっぱいをわしづかみにされて、乳首をつねられた。


痛いっ!


こんな・・・SMみたいな初体験、イヤ・・・。


「や、やっぱりいいです。ごめんなさい。私、帰ります。」


逃げようとしたら、がっちりと後ろから抱きしめられて、
耳元でささやかれた。


「いいのか?今、逃げたら、きっと一生処女だぞ?おまんこだって、
ほら、期待でこんなに濡れてるじゃないか。」


おまんこをユウタの指がやさしくなでると、ぬるぬるとした愛液の感触が
じわじわとした気持ちよさを伝えてきて、逃げる気が失せる。


「どうせオナニーばっかりしてるんだろ?クリトリスがデカいし、
めちゃくちゃ濡れてるもんな。」


図星だった。


ユウタに指でおまんこをいじられると、オナニーよりもずっと気持ちよくて、
セックスへの期待がますます高まってくる。


そのまま愛撫してくれるのかと思ったら、ユウタは私から離れて、下半身を露出した。


はじめてみる勃起ちんぽは、てらてらと光っていて、グロテスクで、不気味なキノコみたいで。

私はちょっとひるんだ。


「フェラチオしろよ。」


勃起ちんぽの根元をつかんで、ユウタが上下に動かしてみせる。


「きこえないのか?フェラチオしろっていってんだよ。」


もちろん、フェラチオっていうのがどういうものなのか、
わかってはいたけど、当然、やったことなんかなくて、私は戸惑った。


「口に咥えて、舐めるだけでいいから、さっさとやれ!」


怒鳴られて、私はユウタの足元に跪く。


嗅いだことのないような臭いが、つぅんとしていて、
口に含むのがためらわれた。


もたついている私に、じれったくなったのか、
ユウタが唇に亀頭を押し付けてくる。

思ったよりもつるりとしていて、ちょっと冷たい。


渋々、口を開けて、亀頭を咥えてみたら、
案外、できるもんだなって思った。

舌にあたる感触がなんか気持ちいい。
夢中になって舐めていたら、気持ちよさそうにユウタが
うめいたので、すごく興奮してきた。


「処女のくせに、フェラチオはじめてじゃないのか?」


「はじめてです・・・。」


口からちんぽを抜いたら、私のよだれでどろどろになっていて、
さらにいやらしい感じになっていた。


「へえ。フェラチオの才能があるんじゃねえか?もっと根元まで咥えてみろよ。」


単純にも褒められて嬉しくなった私は、できる限り、奥の方まで咥えてみた。
のどに亀頭の先っちょがあたって、おえっとなる。


以前、読んだフェラチオのやり方を思い出しながら、手でサオを
しごいてみたり、唇をすぼめたりしたら、ユウタが苦しそうな声を出して、


「もういい・・・フェラチオで出したらもったいないからな。」


フェラチオをやめさせた。


どうせなら、口内発射するまでフェラチオしてみたかった私は、
ちょっと残念だったけど、どうせなら、初体験できる方がいいので、おとなしく従う。


私のフェラチオで気持ちよくなってしまっていたユウタは、それ以上、
前戯してくれることなく、私のおまんこにちんぽを突き刺した。


びりびりと裂けるような激しい痛みがおまんこから拡がって、こんなの
絶対入らないって思うのに、ユウタは私を押さえつけて、強引に奥まで挿入しようとする。


「お願いっ・・・もうやめてぇ・・・痛い・・・痛いよぉっ・・・。」


ぐすぐすと泣き出した私の顔をみて、ユウタは嬉しそうに笑ってる。


コイツ、ドSだ・・・。


気がついたときには、もう全然遅くて、私は
歯を喰いしばって、ひたすら痛みに耐えた。


「さすが処女まんこはキツいな。ちんぽをギチギチにしめつけてくる。」


ユウタが満足そうにつぶやいているけど、痛くてそれどころじゃない。


根元までちんぽを入れられているだけでも痛いのに、ちんぽを
動かされたときには、痛くてつらくて、ひっきりなしに泣き声が出た。


ひぃひぃ泣いてる私と、はあはあ興奮しながら、セックスの快楽を貪っているユウタ・・・。


ほとんど強姦まがいに初体験を済ませた私は、
男はルックスじゃないってことを身を持って学んだ。

おすすめ無料サイト

完全無料確実☆即決セフレ案内所
完全無料人妻性体験
【出会いNAVI】
【恋メール】

コスプレM

出会い系で知り合ったタケルに勧められて、
私はコスプレするようになった。

34.jpg


学生時代から、マジメそうとか、堅そうとかいわれてきた私には、
コスプレして違う自分を発見するというのは、すごく新鮮で刺激的な体験で。


たちまちコスプレに夢中になっていた。


最初は、スーツとメガネで女教師のコスプレや白衣を着て女医の
コスプレをしてたけど、最近では、セーラー服やメイド服なんかのコスプレをしてる。


普段の自分とすごくかけ離れたようなコスプレの方が、日常を忘れられて、
セックスしたときに気持ちいいってわかったから。


誰にもみせられないような恥ずかしいコスプレで、
タケルとのセックスを愉しむようになった。


今日は、幼稚園児のコスプレ・・・。


恥ずかしいけど、すっごく恥ずかしくてたまらないけど、
タケルのリクエストだから、仕方がない。


幼稚園児のコスプレをリクエストするなんて、もしかして、ロリコンなのかと
不安になったけど、恥ずかしがる私がかわいくていいんだって。


ピンク色のふわっとしたスモッグに、帽子をかぶって顎のところに
ゴムをかけて、白い靴下と赤いスカート、だっぷりとした大きなパンツを
はいたら、遠い日の記憶が蘇りそうになった。

ああ、なんか、子供の頃、こんな格好してたかも。


「かわいいよ。そういうコスプレも意外と似合うね。」


タケルは恥ずかしがる私の顔を覗き込むようにして、キスしてきた。
両手を掴まれているから、逃げられなくて、そのまま、舌を絡ませあう。


「サヨちゃん、お兄ちゃんと気持ちいいことちまちょうねー。」


赤ちゃん言葉で話しかけられると、さらに恥ずかしさが増してくる。


「やだっ・・・普通に話してよ・・・。」


「せっかくコスプレしたんだから、ノってくれなくちゃ。
ほら、お兄ちゃんのお膝においで。」


膝の上にのせられて、がばっと両足を開かれる。
スモッグとスカートをまくりあげられて、ダサダサの
パンツの上から、おまんこをなぞられた。


「サヨちゃんのパンツ、ちょっと湿ってるねえ。おもらししちゃったのかなあ?」


耳元でいわれると、耳の穴に空気が入ってくすぐったい。


「おもらし」とかいわれるのも、かなり恥ずかしい。


「してないよ!おもらしじゃないし!」


「ホントかなー?パンツ脱ぎ脱ぎして、確認してみようねえ。」


うう、幼児園児コスプレでプレイするのって、すっごい恥ずかしい・・・。


子供の頃にはいていたような大きなパンツを脱がされると、
なんだか悪いことをしているみたいな錯覚を覚えた。


「あれれー?サヨちゃんのおまんこ、ぬるぬるしてるよ?これ、おもらしじゃないの?」


コスプレで興奮してた私のおまんこは、かなり
濡れていて、愛液がタケルの指に纏わりつく。


「きこえるでしょ?ちゅぷちゅぷいってるよね?」


「うん・・・きこえるよぉ・・・恥ずかしいからやめてぇ・・・。」


「恥ずかしいだけ?気持ちいいんじゃないの?」


タケルの右手がクリトリスをいじって、左手が膣口の周りをくちゅくちゅと刺激した。


「気持ちいいよ・・・お兄ちゃん、気持ちいい・・・。」


タケルが望むように、コスプレに合わせた役を演じれば、
タケルはすごく気持ちよくしてくれる。


体に火がついてしまっていた私は、
もう恥も外聞もなく、幼稚園児を演じた。


「サヨちゃんはいいこだね。もっと気持ちよくなっていいんだよ。」


つぷんっと膣口からタケルの指が入ってきて、膣壁を
こするように、ゆっくりと動き出した。


クリトリスをいじる指も、より確実に快感を
引き出すような動きに変わっている。


「お兄ちゃんっ・・・いいのっ・・・ああっ・・・ぅんっ・・・。」


タケルに体重を預けて、私はイってしまった。


「ふふっ、かわいい。ちょっとおしりあげてみて。」


はあはあいっている私の頬にちゅっとキスをすると、タケルは
私の腰を持ち上げて、勃起ちんぽの上に下ろした。


イったばかりの私のおまんこは、タケルの
ちんぽをするんと咥えこんでしまう。


「全部入った・・・。そこの鏡、みてごらん。
サヨちゃんのおまんこが、おいしそうにちんぽを食べてるよ。」


コスプレした姿を映せるように、ベッドの側には大きな鏡があって、
結合部が丸見えになっている。


「いやぁんっ・・・恥ずかしいよ・・・。」


私が閉じた両足をタケルが強引に開いて、
鏡をみるようにしつこく促す。


鏡には紅潮した顔で幼稚園児のコスプレをして、
おまんこにちんぽを咥えこんでいる私の姿が映っている。


「ちんぽを動かしてみるから、しっかりみてて。」


タケルがちんぽを動かすと、私のおまんこは
それにつられて、いやらしく蠢いた。


まるでちんぽを放したくないみたいに、サオに
纏わりついていて、白っぽい愛液が滲み出ている。


「いつもより、よくしまってるよ。興奮してるんでしょ?」


両手でおっぱいを揉みながら、ちょっと息を荒くして、タケルが囁く。
そう、恥ずかしければ恥ずかしいほど、気持ちよくなってくる。


私って、実は、Mなのかもしれない。


「今日はこのまま中出しするよ。気持ちよすぎて、もうちんぽ抜けないし。」


ラストスパートをかけられると、息をするのがやっとになる。
今日はっていうけど、タケルはほとんど中出しで、膣外射精はしてくれない。
おまんこの中に熱くはじける精液を受け止めて、私はぐったりとベッドに倒れ込んだ。
タケルも私の横に寄り添って、はあはあと荒い息をついている。
コスプレセックスが気持ちよすぎて、もう他の男とセックスする気になれないし、
このまま、タケルとできちゃった結婚したいなあ・・・。

おすすめ無料サイト

完全無料確実☆即決セフレ案内所
完全無料人妻性体験
【出会いNAVI】
【恋メール】

カテゴリー

一度お試しあれ!!

まずはお試し無料から



最新記事

女性のためのお小遣い稼ぎ

マニアな出会い

リンク集

出会い
くる天 人気ブログランキング

アダルト検索風俗サーチのアダルトシーカーAdult Seeker
アダルト検索エンジン
アダルトサーチエンジン「X」エックス
アダルトギャラリー
ADULT◆最強伝説
アダルトショッパーズ
おちんちんからしナビ
「アダルト検索 アダステ」
  • seo

美少女動画

安心できる出会い

Rioちゃんor愛ちゃん?



体験談募集中です♪

当ブログにて引用させて
頂くことがあります。
引用しないでという方は
その旨を記載して下さい♪
{例} 
名前だけ変えて引用可です。
オナニーネタにして下さい(笑)
名前もすべて引用可です。

名前:
メール:
件名:
本文:

女性の方へ

出会い?動画?

エッチなサイト検索

女性のためのおもちゃ

おすすめ♪

RSSフィード

エロ動画サイト

ひざまくら

女性の方へ

素人チャット

Copyright © 出会い 体験
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。