FC2ブログ
当サイトは男性のエッチな体験談や女性のエッチな体験談を
紹介するブログです。
多くの性的描写を含んでいるアダルト18禁ブログです。
18歳未満は退出して下さいね♪


告白投稿は投稿フォームからお願いします。



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

制服痴漢プレイ電車風・・・1

出会いの穴場はここ・・・

出会い系で出会ったアミとは、制服痴漢プレイを楽しむ仲だ。
ラブホテルも電車風の内装になっているところを選び、
電車の音のBGMを流しながら、本格的に楽しむ。

1076259225621o.jpg



俺は痴漢役なので、いつも普段着なのだが、アミは
かわいらしい制服を何着も持っていて、部屋について
から着替えることにしている。


以前は、自宅から制服姿だったのだが、ある学園の制服姿が
自然すぎたために、補導されてしまいそうになったことがあったのだ。

補導員は俺のことを未成年をたぶらかす犯罪者という目で
にらんでいたが、アミが免許証をみせると、ちょっと
うらやましそうな顔で去っていった。


とにかく、アミはどんな制服もよく似合う美少女と
いっていいルックスなのだ。

実際は、美少女と呼べるような年齢ではないが、
見た目が美少女なら、むしろリスクが少なくていい。

そんなアミに思うがままに痴漢できるのは、この上もない喜びだ。
実際、リアルに痴漢をすれば犯罪だし、嫌がられているのを
無理にわいせつ行為をして、相手の女性に迷惑をかけるのも心苦しい。

痴漢プレイだと周囲にバレるんじゃないかというスリルはないが、
その分、現実ではありえないようなハードなエロが楽しめる。

今日のアミはベージュのベストに白いブラウス、赤いタイ、
紺色のプリーツスカートに、ハイソックスという制服姿だ。

毎回の定番として、ブラジャーは白のフロントホック、パンティは
白の清楚なものと決めてある。

アミは右手でつり革につかまり、左手に学生かばんを下げている。
俺は後ろからぴったりとアミに密着するように立つ。
アミはもぞもぞとカラダを動かして、俺から離れようとするが、
がっちりとマークして逃がさない。
ヒザの後ろあたりから、するると右手をすべらせて、
スカートの中に手をもぐらせる。

パンティの上から、おしりをなで回し、左手をベストの中につっこむ。
胸のあたりから順に、ブラウスのボタンをはずしていき、
フロントホックのブラジャーをはずす。
ベストの中で開放されたおっぱいを直にさわりまくり、
すべすべの肌とやわらかい手触りを楽しむ。


乳首を指でいじくって勃起させてみたり、ぎゅっと強めにつまんでみたり。


「や、やめてください・・・。いや・・・。」


アミは小さな声でささやいているが、抵抗はしない。
おしりをなで回していた右手は、しりたぶをもみもみしていたが・・・


制服痴漢プレイ電車風・・・2へ        つづく


こんなエロな女に会いたいなら、ここで出会い系攻略。。


スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

制服痴漢プレイ電車風・・・2

するりと前の方にまわり、うちももをなで回し始めた。
じわりと脚の付け根の方にいってはまた戻り、またじわりと
脚の付け根の方までなで回す。

おっぱいの方もやわやわとやわらかく手のひらでおおうようにして、
直接的な刺激は加えない。
じれったくなるくらいじらした後で、パンティの上から強めに
ワレメをなぞってみた。

しっとりと湿っているパンティはアミの愛液が染みていて、
アミが実はかなり感じていることを証明している。
パンティの脇から指を差し入れて、直接、おまんこにさわってみると、
おまんこは愛液があふれて、びちゃびちゃになっていた。


おっぱいをもむ手にも、自然に力がこもり、強くわしづかんだり、
乳首に指をこすり合わせたりして、強い刺激を与え続ける。

指がクリトリスにふれると、待ちわびていたらしいアミは
びくんとカラダを震わせた。
おまんこのワレメで指を曲げたり伸ばしたりするだけで、
ちゅくちゅくと愛液がまとわりついてくる。


「ん・・・く・・・。」


痴漢にあっているのに、感じるわけにはいかないアミは、
あえぎ声を必死で我慢している。
愛液が指に十分な湿り気を与えたところで、ずぶっとおまんこに指を突っ込む。


「あっ・・・。」


思わず声を漏らしたアミは、おまんこをしめつけて、指の侵入に
抵抗しようとするが、じりじりと指を入れられて、おまんこの
奥の方で指先だけ動かされると力が入らないようになってきた。


指を出し入れするのには、パンティがジャマなので、おっぱいを
いたずらしていた手を一度離して、パンティをヒザまでずり下げた。


まあ、実際の痴漢ではこんなことはできないだろうが、
そこは痴漢プレイなので、快楽を優先する。
パンティのジャマがなくなったところで、指をずぼずぼと
出し入れして、ちんぽを入れるための下地を作る。


「お姉ちゃん、ずいぶん、濡れてるねえ。」


アミの耳元でいやらしくささやくと、


「いや・・・もうやめて・・・お願い・・・。」


といいながら、カラダを硬くする。


「カラダはもっとっていってるよ?ほら、きゅうきゅうおまんこが指に吸い付いてる。」


愛液をあふれさせながら、指に吸い付いてくるおまんこは、
早くちんぽを入れたい気持ちにさせる。


「乳首だって、びんびんにおっ立ってるし。」


乳首をちょっと痛いくらいに、指でつまむ。


「あっ。もう許して・・・。」


俺は一度、アミから離れ、すべてのいたずらを止めた。
アミはパンティをヒザまで下ろされ、太ももに愛液を
たらした状態でつり革にしがみついている。


「は・・・や、やめちゃいやぁ・・・。」


アミが我慢できなくなって、俺を振り向いたところで、
取り出したちんぽをぐぶぐぶとおまんこに入れた。
放置されて、刺激に飢えていたおまんこは、俺が乱暴に
押し入れるちんぽを貪欲に飲み込んでいく。


奥まで入れたところで、アミのおっぱいを両手で後ろから
わしづかみにして、ぱんぱんと腰を打ちつけた。


「や・・・いい・・・うう・・・はぁ・・・。」


自分も腰を動かして楽しんでいるアミはもう痴漢されている
美少女ではなく、ただの淫乱娘だ。


「イっちゃう・・・もうイくの・・・。」


アミがカラダをのけぞらせてイくのと同時に、熱くてこってりと
した精液をアミのおまんこの中に吐き出した。
愛液と混じりあった白い精子はアミの太ももを伝い、
ハイソックスへと流れたのだった。
俺の制服好きはアミのおかげで、さらに重度になってしまったのだった。


制服痴漢プレイ電車風・・・1へ



こんなエロな女に会いたいなら、ここで出会い系攻略。。


出会いの穴場・・・人妻セフレ・・・1

出会い系で出会った熟れた人妻のユリコとは、
いわゆるセフレ関係だ。

021128-007[1]



夫が単身赴任中の火照るカラダを慰めてほしいという
欲求不満の人妻ユリコと、若さにまかせてあふれる精液を
射精したいという利害が一致した割り切った関係なのだ。


ラブホテルから豪勢な自宅に、セックスの舞台を移してから、
もう半年くらいになる。
この自宅を手放せないし、人にも貸したくないから、
ダンナは単身赴任してるんだそうだ。

キッチンやソファー、夫婦の寝室などでセックスしていると、
人の妻を盗んでいるんだという興奮が俺のちんぽを元気にさせる。

一度試しにユリコのうちでセックスしてみて、お互い、あまりにも
よかったので、それ以来、危険を承知でユリコのうちに通っているのだ。


ある日、いつものようにユリコのうちへ行くと、なんだかバツの
悪いような表情のユリコに迎えられた。


「実は、お友達にあなたのことがバレちゃって・・・。」


照れくさそうにいうユリコの言葉をきいて、もうこの都合のいい
セフレ関係も終わりかとがっかりした。


「口止め料として、一緒に参加させてほしいっていわれちゃったの。」


あまりにも意外な展開に俺は驚いた。
ユリコに続いて、リビングに入って、ユリコの友達二人を見て、さらに驚いた。
とても乱交したいなんていいそうもない、セレブな感じの奥様が
二人、しとやかに座っていたからだ。

ルックスだってスタイルだって、けしてユリコにひけをとらない魅力にあふれている。


「あなたがステキなおちんぽとかたいお口をもっているユリコさんのセフレね。」


ユリコがいうには、あとくされがなく、手軽に遊べるような男性は
なかなか見つからないのだそうだ。
三人の人妻熟女がいっせいに服を脱ぎ、全裸になったところはとても壮観だ。


「いくら元気なおちんぽでも、三人を完全に満足させるのは
難しいでしょうから、大人のおもちゃを使いましょう。」


ユリコはテーブルにたくさんのバイブやローターを出した。


出会いの穴場・・・人妻セフレ・・・2へ      つづく


こんなエロな女に会いたいなら、ここで出会い系攻略。。

出会い系で出会うためのワンポイントアドバイス




出会いの穴場・・・人妻セフレ・・・2

「まあ、これ、ユリコさんのコレクションなの?」


人妻の一人は驚いているが、もう一人は似たような
コレクションをもっているらしく、微笑んでいる。
ユリコはコンドームを袋から出して、銀色のツインタービンパールと
クリトリス用のバイブがついたごつい感じのバイブに、すっぽりとかぶせた。


「これ、すごくイイのよ。どっちが入れてほしい?」


バイブに驚かなかった方の人妻ユキが、そのごつい
バイブをおまんこに入れた。
ユリコがスイッチを入れると、ぐねんぐねんと回転を
はじめたバイブの動きに、ユキはもだえながら悦んだ。


「すごい動きね!ああ・・・気持ちいいわ・・・。」


俺はバイブのスイッチを渡され、入れたり切ったり、
強くしたりして、ユキの反応を楽しんだ。
リビングの床にへたりこんだユキは、バイブの動きが
変わるたびに、愛液とあえぎ声をもらしている。


ユリコはもじもじと恥ずかしそうにしているもう一人の
人妻マキの目の前で、バイブを選ぶ。


「せっかくだから、二人で楽しめるのにしましょうか。」


ユリコが手に取ったのは、くねくね曲がる透きとおった
ピンク色の双頭バイブだった。


「ほら、脚を大きく開いて、おまんこを指で広げて。」


ソファーの上で、M字開脚しているマキのおまんこに、細めのバイブを
容赦なく入れているユリコはイキイキして嬉しそうだ。


「マキさんのおまんこ、ずぶずぶとバイブを咥えこむわよ。」


「は・・・いや・・・いわないでぇ・・・。」


マキのおまんこにバイブを入れ終わると、ユリコはマキの脚を
閉じて、ヒザの上に載り、バイブを曲げて、自分のおまんこに入れだした。

ユリコのおまんこにバイブが飲み込まれる振動がマキのおまんこを刺激するらしく、


「あん・・・ああっ・・・いい・・・。」


というマキの小さなあえぎ声がきこえる。
俺はリビングで繰り広げられている淫靡な光景に興奮し、
ちんぽを硬く勃起させた。

俺の操作するバイブでよがっていたユキは、俺の下半身を剥いて、
大きくなったちんぽを露出させた。


「すごい・・・おちんぽがそそりたってる。」


ユリコが双頭バイブのスイッチを入れ、腰をふりながら、
二人であえぎ声をあげているのを眺めながら、俺はユキにちんぽを
フェラチオされ、AVの中にまぎれこんでしまったような錯覚を覚えた。


「先におちんぽ、いただいていいでしょ?」


ユキが俺にではなく、ユリコに許可を求め、マキを攻めるのに
夢中になっていたユリコが、


「いいわよ!」


と気安くいったため、ユキは自分でバイブをはずして、大股開きで俺を誘った。
俺は正常位でユキのおまんこにちんぽをつっこみ、がしがしと腰を動かした。
こうなったら、俺も楽しませてもらわなければ損だ。


「あっ・・・すごい・・・硬くて奥まで当たってる・・・。」


うっとりとした表情で人妻にみつめられると、悪い気はしない。
俺はユキの脚を持ち上げて、さらに奥までちんぽを入れまくった。


「あふ・・・いい・・・いいのぉ・・・最高・・・。」


ぐいんぐいんと大きなスライドや小刻みのスライドで緩急をつけ、
ピストン運動を繰り返していると、おまんこがびくんびくんとうねりだした。


「ああ・・・もうイく・・・イイッ!」


おまんこをしめつけて、ユキがイったので、俺も最奥で
一発目の精子を放出した。
ゆっくりとちんぽをおまんこから抜くと、おまんこから
白い精液を垂れ流したまま、リビングの床にぐったりと
横たわるユキがひくひくと震えていた。
俺は女同士で絡み合っているユリコとマキに近づき、
ぐちゃぐちゃになっている二人のおまんこを観察した。


「すげーぐちゅんぐちゅんだな。」


マキは我にかえったらしく、あえぎ声を我慢しだした。


「どっちから、ちんぽ入れられたい?」


「マキさんから、おちんぽ入れてあげて。」


ユリコは愛液まみれになったバイブを引き抜くと、マキのヒザから下りた。
俺は愛液をしたたらせ、物足りなげにひくついているマキのおまんこに
釘付けになったが、マキの横に座り、回復したちんぽの根元を手で支えて、
マキに声をかけた。


「さあ、自分でおまんこにちんぽを咥えこんでくださいよ。」


マキは俺のヒザに乗り、自分からちんぽをおまんこに入れた。
そして、自分で激しく腰をふり、あえぎ出した。
俺はたまに、ちんぽを下から突き上げながら、マキのおっぱいを
もんだりして楽しんだ。
マキが俺のちんぽでイッたあと、さらに激しく下からちんぽを
打ち込んで、マキの中にも、白い精液を放出した。
マキの体をソファーに横たえて、俺たちを見ながら、バイブを
おまんこに出し入れして、オナニー中のユリコに覆いかぶさった。
バイブをおまんこから抜いて、代わりにちんぽを埋め込む。


「ああん。やっぱり、あなたのおちんぽ、最高よ!」


俺の首を抱き寄せながら、ユリコが嬌声をあげる。
もはやなじみとなったユリコのおまんこで、ゆったりとした
セックスを楽しみ、本日三発目となる精液を吐き出したのだった。


セフレ人妻・・・1へ


完全無料、出会い系で出会うためのワンポイントアドバイス


熟女のテクニック・・・1 童貞喪失

出会い系で出会ったミキは、俺の童貞を捨てさせてくれた
恩人であり、若い子では満足できないカラダにされたという恨みもある。


100283_2[1]



ミキみたいな熟女は熟れた肢体に、プロみたいなフェラチオのテクニック、
やりたいことは何でもやらせてくれる大らかさ、包み込まれるような
安心感と若い子にはない魅力がたくさんあるのだ。


そりゃあ、若い子には若い子のよさがあるが、落ちる寸前の甘くて
ジューシィな果実を味わってしまった後に、まだ青い果実を食べても、
満足できないのがグルメというものだろう。

あまりの快楽に、自分勝手に射精してしまっても、やさしく微笑みながら、
熟練の技術で、すぐに俺のちんぽを臨戦態勢に導いてくれる。


出産済みで避妊のリングをつけているから、中出しできるというのも、
すばらしい魅力のひとつだ。

何度か若い子を試してみても、結局、ミキのところに戻ってきてしまうが、
ミキは童貞が大好きらしく、なかなか会ってくれなくなってしまった。

仕方がないので、ミキとの童貞喪失体験を思い出しながら、
オナニーしたりするのであった。
ミキとはじめて会ったときのことは、今でもはっきり覚えている。


期待していた以上に美しく、はちきれんばかりのグラマーな
ボディによだれがでそうだった。

二人でラブホテルにしけこんだときには、あまりの幸福に
めまいがしそうだったものだ。


ねっとりとしたディープキスは俺をうっとりとさせ、早くも
勃起していたちんぽをズボンの上からやさしくさすられただけで、
射精してしまそうな危険を感じた。


ミキは黒いブラジャーにパンティ、黒いガーターベルトに
光沢のある黒い薄手のストッキングという姿で、俺の足元にひざまずいた。


「まずはフェラチオで、一回、射精しちゃいましょう?」


俺はいそいそとズボンと先走りでシミのできたパンツをぬぎ、
そそりたったちんぽをだした。


「あ、あの・・・シャワー浴びてきましょうか?」


おしっこをした洗っていないちんぽをこんなきれいな人に
しゃぶられるなんて、思ってもいなくて、あわてて立ち上がろうとしたら、
ちんぽの根元を手で押さえられ、一気に口の中にふくまれた。


熟女のテクニック・・・2 童貞喪失へ     つづく


出会い系サイトで出会うためのワンポイントアドバイス

カテゴリー

一度お試しあれ!!

まずはお試し無料から



最新記事

女性のためのお小遣い稼ぎ

マニアな出会い

リンク集

出会い
くる天 人気ブログランキング

アダルト検索風俗サーチのアダルトシーカーAdult Seeker
アダルト検索エンジン
アダルトサーチエンジン「X」エックス
アダルトギャラリー
ADULT◆最強伝説
アダルトショッパーズ
おちんちんからしナビ
「アダルト検索 アダステ」
  • seo

美少女動画

安心できる出会い

Rioちゃんor愛ちゃん?



体験談募集中です♪

当ブログにて引用させて
頂くことがあります。
引用しないでという方は
その旨を記載して下さい♪
{例} 
名前だけ変えて引用可です。
オナニーネタにして下さい(笑)
名前もすべて引用可です。

名前:
メール:
件名:
本文:

女性の方へ

出会い?動画?

エッチなサイト検索

女性のためのおもちゃ

おすすめ♪

RSSフィード

エロ動画サイト

ひざまくら

女性の方へ

素人チャット

Copyright © 出会い 体験
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。