FC2ブログ
当サイトは男性のエッチな体験談や女性のエッチな体験談を
紹介するブログです。
多くの性的描写を含んでいるアダルト18禁ブログです。
18歳未満は退出して下さいね♪


告白投稿は投稿フォームからお願いします。



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出会いでレズ・・・1

一風変わった出会い系体験談です。。
男性の皆さんはこんな出会いもあるんだと・・
頭に入れておいて下さいね。


出会い系で出会ったカナコとは、女同士の清くない交際を楽しんでいる。
つまり、セックスもするレズということだ。
私は子供の頃から女の子にしか興味がなくて、年頃になると
、かわいい子を好きなように弄んで、よがらせて乱れされると
いう妄想でオナニーしていた。
まあ、筋金入りのレズなのだ。


女子高でかわいい女の子とキスくらいはしたが、なかなか
肉体関係までもてるパートナーがみつからず、社会人に
なってから、その妄想を現実にした。

いや、最近では、妄想以上のいやらしくて、激しいことを
していると思う。
それというのも、カナコがかわいくて従順だからだ。
ちょっとぽっちゃりとしていて、色白で大きなおっぱいを
しているカナコは、小さな頃、男性に性的いたずらをされて、
男性を受け付けないカラダになってしまったそうだ。


今でもよくいい寄られるらしいが、ぞっこんの恋人が
いるからと、断っている。
カナコはかわいい顔をしているし、おとなしそうで、
なんでもいうことをきいてくれそうだし、家庭的だし、
お嫁さんにしたくなるようなタイプなのだ。

カラダも敏感で、よく濡れてしまるおまんこをもっているし、
ぷりんとしたおしりも、手からあふれるおっぱいも、とても魅力的だ。


私が仕事の帰りに、カナコのうちに寄ると、エプロンを
した新妻のようなカナコが嬉しそうに玄関に迎えに来た。
白いパンティにエプロンのみだ。

歩くたびに、ゆれるおっぱいがエプロンの横からはみ出ている。
私はドアを閉めて鍵をかけると、カナコを抱きしめて、熱いキスをした。
カナコの唇はやわらかくて、舌も小さくて、とろけそうだ。
夢中になって、カナコの舌を追いかけ回しているうちに、
口のまわりがよだれだらけになってしまった。
唇をはなすと、うっとりとしたカナコが、


「おかえりなさい。ごはんできてるけど、先にベットに行く?」


ときいてきた。

私はパンティの上から、カナコのおしりをなでまわしながら、


「お楽しみは後にとっておくよ。」


出会いでレズ・・・2へ               つづく


ここは出会える登録必須の出会い系サイトランキング


出会い系で出会うためのワンポイントアドバイス
スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

出会いでレズ・・・2

と部屋に入って食事をした。
カナコのベットの下には、バイブやディルト、ペニスパンツ、
ローターなどがしまわれていて、その日のセックスに合わせて、チョイスしている。


今日はハードなセックスを楽しみたい気分だったので、
中くらいのサイズのバイブ二本と双頭の極太バイブを用意した。

ベットに腰かけて、ねっとりとしたキスを楽しみ、乳首を
しゃぶって、パンティを脱がせる。
パンティからおまんこまで、糸を引いてしまうくらい愛液が
したたっていて、カナコの期待の高さを物語っていた。


「濡れ濡れだ。」


舌でワレメからあふれだす愛液を少し舐めとり、
中くらいのバイブをおまんこの中に入れた。
スイッチを入れて、クリトリスをちゅぱちゅぱと
しゃぶっていると、カナコが身悶えする。


「あん・・・すご・・・気持ちいいよぉ!」


カナコが感じているのをみると、私も興奮して濡れてきてしまう。
私も服を脱いで全裸になった。

カナコが私のおまんこに顔をよせて、69の形になる。
クリトリスを舐められ、ワレメをていねいに舌で
えぐられると、タチのくせにあえいでしまう。


「カナコ・・・気持ちいいよ・・・。」


私もカナコのおまんこが咥えこんでいるバイブを
出し入れしながら、クリトリスを指でなでまわす。
カナコは私のおまんこに指を入れて、ぐりぐりと回すように動かす。
私のおまんこの膣壁の感触を確かめるように、指でこすっている。


「ふ・・・あ・・・。」


カナコのおまんこからは、大量の愛液が流れているが、
私もかなり気持ちよくなってきた。
おまんこからカナコの指が抜かれて、代わりに比べ物に
ならないくらい太いバイブが入れられた。


「んん・・・ふ・・・。」


じらすみたいに、ゆっくりと入ってくるバイブは、私の
おまんこをじりじりと押し広げるように拡張する。
ようやく奥まで入ってほっとしていると、バイブは
ぐにんぐにんとうねりはじめた。
同時にぶるぶると振動していて、のけぞってしまうくらい気持ちいい。


「あっ・・・ああ・・・もうイきそう・・・。」


カナコのおまんこのバイブを出し入れしながら、
カナコの脚にしがみついて、絶頂は迎える。


「私もイっちゃう・・・。」


カナコも小さく震えて、イったようだ。
私はのろのろと体を起こして、私のおまんこに入れられた
バイブのスイッチを切って抜き、双頭のバイブを入れた。
バイブで拡張されていたおまんこはずぶずぶと極太のバイブを咥え込んだ。
カナコのおまんこのバイブも手早く抜いてしまうと、
正常位の体制で、覆いかぶさるように重なった。


極太のバイブの先端をカナコの膣口に押し当て、
少しずつカナコのおまんこに含ませる。
カナコのおまんこに入れるためにバイブを動かしていると、
私のおまんこにも振動が伝わってきて、じわっと快感が広がる。


バイブをカナコのおまんこの奥まで入れ終わると、私はほうっと息をついた。
双頭バイブのスイッチを入れると、私たちのおまんこの中で、
バイブはぐいんぐいんとうねりはじめた。


「あんっ・・・いい・・・気持ちいい・・・。」


抱き合って、カナコとみつめあっていると、ちんぽをもって
いなくても、セックスしているという実感が得られる。
私は腰を動かして、バイブを味わった。
カナコも自分から腰を動かして、自分のおまんこと
私のおまんこに快楽を与えている。
夢中になって二人で腰を振っていると、何度も絶頂が
やってきて、やがてぐったりと力尽きるまで楽しみ、
泥のように眠りに落ちたのだった。


出会いでレズ・・・1へ



ここは出会える登録必須の出会い系サイトランキング


出会い系で出会うためのワンポイントアドバイス

穴兄弟にしてくれました・・・1

本当に出会えるの??ってあなたは
まずはこちらを見て下さいね。。

出会い系の経験をもとに攻略法や注意点を暴露しています。。


どうしたら会える??なぜ会えないの??



出会い系で出会ったサナエは、俺と親友のタケシを
穴兄弟にしてくれたセフレだ。
何度か会って、至ってノーマルなセックスした後で、
サナエは強姦プレイで3Pしたいといいだした。
俺は親友のタケシを誘って、三人でラブホに行った。


タケシは初めて会うサナエのかわいさとエロい体に
興奮を隠せないようだったが、


「サナエはフェラチオうまいから、ちんぽしゃぶってもらえよ。」


と声をかけると、いそいそと服を全部脱ぎだした。


「いきなり、全部脱ぐのかよ!」


とつっこみながらも、おなかにつきそうに勃起したタケシの
ちんぽをみると、俺も興奮してきた。
二人でサナエの服を全部脱がせてから、フェラチオさせようと
すると、久々にみるらしい女のハダカにタケシがテンパって、
サナエに抱きついた。


「すげぇ・・・やわらけぇ~・・・おっぱいでっけぇ・・・。」


しっかりと抱きついたまま、おっぱいやおしりをもんで喜んでいるタケシは子供みたいだ。


「そんなに喜んでもらえると嬉しいけど・・・、そろそろ、おちんぽしゃぶらせて?」


サナエが色っぽい声でささやくと、タケシはこくこくと
すごい勢いで首を振った。
仁王立ちしているタケシのちんぽの前にひざまずいた
サナエが、そっとちんぽを口に含む。


「ああっ・・・気持ちいい・・・。」


タケシは呆けたような表情で、サナエに咥えられている
自分のちんぽをみつめている。
俺はサナエのおしりを持ち上げて、左右に開き、
おまんこを舌で舐めはじめた。
すぐに太ももを濡らすくらいの大量の愛液があふれ出し、
ちんぽをしゃぶっているサナエの口から甘い声がもれる。


「ふ・・・あふ・・・ん・・・。」


サナエのくぐもったあえぎ声に、タケシのせっぱつまったような
声が混じりあい、いやらしいハーモニーを奏でている。
俺はローションを取り出して、サナエのアナルにたっぷりと
塗りこみ、アナルとおまんこの二つの穴に同時に指をつっこんだ。


「あふぅん・・・。」


驚いたサナエがカラダをびくんとのけぞらせたが、
ちんぽを咥え込まれているタケシには、それもいい刺激になったらしい。
俺はおまんことアナルにつっこむ指の数をどんどん増やし、
最後に中太のバイブをおまんことアナルに入れて、ぐちゅぐちゅと出し入れした。


「あっ・・・ああ・・・あん・・・。」


サナエは気持ちよさに、フェラチオがおろそかになっている。



穴兄弟にしてくれました・・・2へ                 つづく



ここは出会える登録必須の出会い系サイトランキング


出会い系で出会うためのワンポイントアドバイス




穴兄弟にしてくれました・・・2

「ほら、ちゃんとしゃぶらないと、タケシが射精できないよ?」


サナエのおしりをぴしゃっと平手でぶつと、あわてて、
念入りなフェラチオを再開する。


「サナエちゃん・・・おしりにバイブ入れられてるの?」


荒い息づかいで、タケシがサナエにきく。
「おしりと・・・おまんこにバイブ入れてもらって・・・
おちんぽ咥えているの・・・気持ちいいの・・・。」


おまんことアナルのバイブをゆっくりと出し入れされて、
サナエはうわごとのようにタケシに返事する。


「サナエちゃんは淫乱なんだね・・・。」


「タケシぃ、それじゃ、強姦プレイになんないよ?
もっとえげつない言葉責めしないと。」


「そ、そっか。・・・ちんぽを口に咥えこみながら、おまんこと
尻の穴にバイブ入れられてよがるなんて、淫乱にもほどがあるんじゃねぇ?」


タケシは軽蔑したような口調でいいながら、乱暴にサナエの頭をつかんだ。


「・・・違います・・・。」


サナエのおまんことアナルはひくひくしながら、バイブを楽しんでいる。


「ああ、嬉しいみたいだぞ。いやらしい汁がぐちょぐちょに
たれてきた。全くどうしようもない淫乱おまんこだ。」


「男のちんぽが咥えたくて、俺たちを誘ったんだろう。
強姦されても文句はいえないよなぁ?」


タケシはすっかりノリノリで、サナエの頭を動かして、イマラチオさせている。


「オマエのいやらしい顔に、たっぷり濃い精子を顔射してやるよ。」


タケシはサナエの口からちんぽを抜くと、自分の手でしごいて、
ぶしゅっと精子をサナエの顔にかけた。


白くてこってりとした精液が、ぽたぽたとサナエの顔や
おっぱいから床に滴り落ちる。


「あ・・・やだあ・・・ひどいよぉ・・・。」


サナエがぐすぐすと鼻を鳴らすと、とたんにあわてた
タケシがサナエの前にしゃがみこんで、ティッシュで
サナエの顔についた精液をぬぐおうとする。


「ご、ごめん。悪ノリしすぎちゃった?」


おろおろとしているタケシに、サナエはにこりと笑って、


「大丈夫よ。でも、精液を舐めてキレイにしてくれる?」


タケシはサナエの顔や首筋、おっぱいを犬のように
ぺろぺろと舐めて、自分の精液を舐めとっている。


「強姦プレイじゃなかったのか?」


俺はアナルのバイブをさらに極太のものに変えながら、
おまんこのバイブを乱暴に出し入れした。


「あ、あん・・・だってぇ、タケシさん、カワイイんだもん。」


どうやら、サナエには女王様気質もあったらしい。


「タケシ、おまんことアナル、どっちに入れたい?」


ぐりぐりとアナルの極太バイブを回しながら、タケシに声をかけると、
ようやくサナエに顔射した精液を舐め終わったタケシが、


「どっちもいいなあ。アナルセックスってしたことないし。」


と優柔不断ぶりを発揮した。


「俺もアナルは入れたことないから、二回ずつヤるか。オマエ、そんなに出るか?」


「溜まってるから大丈夫だよ。じゃあ、俺、先にアナルに入れていい?」


タケシは俺がていねいに拡張したサナエのアナルに、回復したちんぽを入れ始めた。


「んん・・いや・・・おしりはいやぁ・・・。」


サナエの演技を真に受けて、動きを止めるタケシに、


「いいからヤれ!強姦プレイだろ。」


と声をかける。


「おまんこ、こんなにぐちゃぐちゃにしておいて、どこがイヤなんだよ。」


俺はおまんこに入れたままのバイブをぐいぐいと動かした。


「あ・・・おしりにおちんぽが入ってくる・・・。」


「すっげ、キツ・・・。」


タケシが苦しそうなので、サナエのクリトリスを
舌で舐めて、力を抜かせた。


「ああ・・あん・・ふ・・・イイ・・・。」


「全部入った・・・すごい密着感・・・。」


満足そうなタケシが動き出す前に、俺もサナエの
おまんこのバイブを抜いて、ちんぽを入れる。


「皮一枚で、オマエのちんぽの感触わかるな。」


「ホントだ。ヘンな感じ・・・。」


おまんこもアナルもちんぽでいっぱいになったサナエは、
うつろな顔であえぎ声をもらしている。
俺がゆっくりちんぽを動かすと、タケシが悲鳴をあげた。


「す、すげ・・・気持ちいい・・・。」


「オマエも動けよ。」


タケシは恐る恐るアナルに食いつかれているちんぽを動かし始めた。
おまんことアナルを二穴責めされて、サナエはすすり泣く
ようなあえぎ声をひっきりなしにあげながら、何度もイっている。


まずは俺がおまんこに精液を吐き出し、ややしばらくたって、
タケシが二回目の精液をアナルに吐き出した後、少し休憩して、
俺がアナル、タケシがおまんこに交代して、もう一回ずつ、サナエの中に射精した。
この麗しい兄弟関係は、今も続いていて、やめるきっかけがつかめないでいる。



穴兄弟にしてくれました・・・1へ



出会いまでの道のりを知りたい方はこちら










セフレ強制オナニー・・・1

出会い系で出会ったマリとは、彼女とはできないような
セックスをいつも楽しんでいる。
お互いセフレだと変に気をつかわず、自分の欲望や
嗜好に素直になれるのだ。
今日はマリにオナニーを強制してみた。

o20020713041154.jpg



恥ずかしがるマリにローターとバイブを渡し、ベットに座って、
壁によっかかっているマリをいすに座って眺める。


「いつもひとりえっちのときは、おもちゃを使わないんだけど。」


ハダカでベットに座っているマリは、何度も咥え込んだことのある
バイブを恥ずかしそうにみている。


「じゃ、いつもやる感じでオナニーしてみせてよ。
よくみえるように足は大きく開いてね。」


マリはしぶしぶ両足を大きく開いて、俺におまんこがよくみえるようにした。
右手の人差し指で、クリトリスを小刻みにさわりはじめる。

俺をみないようにするためか、自分の世界に入るためか、
目を堅く閉じて、小さく声をもらしながら、クリトリスをいじり続ける。


「ん・・・ん・・・んっ・・・。」


おまんこからは多少愛液があふれてきたみたいだが、非常に地味だ。


「はあ・・・もうイっちゃったよ。」


ため息をついて、目を開けて俺をみたマリは、もういいでしょ
という表情をしている。


「今度はバイブとローター使って、オナニーしてよ。
俺がみててムラっときたら、ちんぽをつっこむからさ。」


マリはしぶしぶバイブをとりあげ、愛液で潤っている
おまんこにバイブを入れ始めた。


「んん・・・あ・・・く・・・。」


少しずつ少しずつ奥へとバイブをすすめて、根元まで入れると、
マリは自分でバイブのスイッチを入れた。


「ああん・・・んん・・・あっ・・・。」


強になってしまったバイブはぐねんぐねんと大きくおまんこの中で
うねり、強烈すぎる快感を与えたようだ。


「は・・・はあ・・・。」


マリはバイブのスイッチを中にして、ローターに手を伸ばした。
スイッチを入れた状態で、振動するローターをクリトリスにあてがう。


「ああ・・・あん・・・気持ちいい・・・。」


おまんこからはさっきのオナニーとは比較にならないくらい
愛液が流れていて、マリの表情もかなりいやらしいものになっている。


「んん・・・イきそう・・・。」


目をつぶってうっとりとしているマリは、二度目の小さな絶頂を迎えたようだ。
満足そうにため息をついているマリに近づき、咥え込んでいる
バイブの根元をつかんで、ぐりぐりとまわす。


「あっ・・・だめぇ・・・ああっ。」


セフレ強制オナニー・・・2へ            つづく



出会いまでの道のりを知りたい方はこちら


出会い系で出会うためのワンポイントアドバイス

ここは出会える登録必須の出会い系サイトランキング

カテゴリー

一度お試しあれ!!

まずはお試し無料から



最新記事

女性のためのお小遣い稼ぎ

マニアな出会い

リンク集

出会い
くる天 人気ブログランキング

アダルト検索風俗サーチのアダルトシーカーAdult Seeker
アダルト検索エンジン
アダルトサーチエンジン「X」エックス
アダルトギャラリー
ADULT◆最強伝説
アダルトショッパーズ
おちんちんからしナビ
「アダルト検索 アダステ」
  • seo

美少女動画

安心できる出会い

Rioちゃんor愛ちゃん?



体験談募集中です♪

当ブログにて引用させて
頂くことがあります。
引用しないでという方は
その旨を記載して下さい♪
{例} 
名前だけ変えて引用可です。
オナニーネタにして下さい(笑)
名前もすべて引用可です。

名前:
メール:
件名:
本文:

女性の方へ

出会い?動画?

エッチなサイト検索

女性のためのおもちゃ

おすすめ♪

RSSフィード

エロ動画サイト

ひざまくら

女性の方へ

素人チャット

Copyright © 出会い 体験
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。