FC2ブログ
当サイトは男性のエッチな体験談や女性のエッチな体験談を
紹介するブログです。
多くの性的描写を含んでいるアダルト18禁ブログです。
18歳未満は退出して下さいね♪


告白投稿は投稿フォームからお願いします。



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コスプレ天使・・・1

出会い系で同じ趣味の相手を見つける事は簡単ではないです。
   しかし必ず同じ趣味の相手は存在するんです。

この相手を見つけることができれば・・・

100881_2[1]



出会い系で出会ったユミとは、最高のセフレ関係を保っている。
特殊な性的嗜好を共有できるパートナーはなかなか見つけづらい。

出会い系でユミと出会えたことは、俺にとって、人生最大の幸運だった。
けっして大げさにいってるつもりはない。

俺の好みのコスプレをして、年齢が信じられないような幼い顔で、
俺の欲望にこたえてくれるユミは、俺にとって三次元の天使だ。

二次元の天使たちもいとおしいけど、二次元の天使のコスプレをして、
現実で快楽を与えてくれるユミは、かけがえのない俺の宝なのである。

しかも、演技派のユミは毎回、俺の用意するシナリオを忠実に再現してくれる。
今日のプレイは有名なギャルゲーの制服に身を包んだユミがムリヤリ
体育教師の俺に犯されて、嫌がりつつも感じてしまうという設定だ。

ありえないくらいミニのセーラー服に着替えたユミは、はにかんだ表情で、
「似合う?」ときく。

何を着ても、必ずこう聞くのだが、その時の恥ずかしそうな様子は
何度見ても押し倒したくなるくらい萌える。
実際、何を着てもとても似合うし。


「すごくかわいいよ。」


俺がうっとりとユミをみると、嬉しそうに微笑む。

その微笑がまた・・・。

そんなわけで、俺たちは毎回のデートを俺の部屋でコスプレえっちを
して、過ごしているのだ。


「それじゃ、はじめるよ。」


高校時代のダサいジャージを着た俺は、清純そうな制服姿のユミににじりよった。
演技ではなく、ジャージの下のちんぽはすでに、みてわかるくらいに勃起している。


「せ、先生、こんなところに呼び出して、何の御用なんですか?」


ユミがおびえたような表情で俺を見つめ、震える声で質問する。
ちなみに、「こんなところ」とは、体育用具室という設定だ。
俺はいきなりユミを抱きしめた。


コスプレ天使・・・2へ                            つづく



ここは出会える登録必須の出会い系サイトランキング


出会い系で出会うためのワンポイントアドバイス


スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

コスプレ天使・・・2

「こんな御用だ。」


ユミは俺の腕から逃れようと、カラダをよじる。


「いや!やめてください!」


俺はがっちりとユミのカラダを抱きしめたまま、短いスカートをまくって、
白いパンティの上からおしりをなでまわす。


「いやあ!先生、お願いやめて!」


カラダをのけぞらせて、悲鳴をあげるユミの演技は女優並だ。
無遠慮におしりをなでまわしていた俺の手はパンティをかきわけ、
おまんこに指をのばす。


「やだぁ・・・やめて・・・。」


ぐすぐすと涙声で懇願するユミの演技力には、いつも感心させられる。
そして、興奮する。
俺の指はユミのおまんこの湿り気に届いた。


「口ではいやだっていいながら、濡れてるじゃないか。」


「違います・・・そんなことありません!」


首をふっていやいやをするユミのおまんこを指で何度もなぞり、
愛液のしたたりをさらに増殖させる。


「ほら、もうあふれてるじゃないか。実は、淫乱だったんだな。」


からかうようにいうと、ユミは真っ赤になってうつむき、


「ち、違うんです・・・あっ・・・。」


とあえぎ声をもらす。
俺は片手でユミの腰を支えたまま、おまんこから指をはなして、
パンティを太ももまで下ろす。
片手でパンティを下ろすのは、けっこうめんどくさい。
だが、むきだしになったおしりとおまんこはもうなぶり放題だ。

腰を支えていた手でおしりをなでまわし、すでに愛液で濡れた指で、
クリトリスをぐりぐりと刺激した。


「いや・・・あん・・・。」


ユミは俺にしがみつき、目をつぶっている。
ワレメを指でゆっくりとなぞり、ぐにぐにと膣内に指を押し入れる。

「ユミのおまんこは、俺の指をぐっぷりと咥え込んじまった。
はなしてくれそうもないな。」

コスプレ天使・・・3へ                    つづく   




ここは出会える登録必須の出会い系サイトランキング


出会い系で出会うためのワンポイントアドバイス

コスプレ天使・・・3

膣の中に根元まで差し込んだ指をまわすと、ユミが悲鳴をあげる。


「や、やだぁ・・・あっ・・・うん・・・。」


俺は指を出し入れしながら、おしりをなでていた指で、クリトリスをつまんだ。
あふれてきた愛液で濡れていたクリトリスはつるつると俺の指から逃げるが、
そのたびに、つまみなおす。


「はふ・・・ん・・・あん・・・。」


指を二本に増やし、おまんこがぐちゅぐちゅいいはじめたところで
俺は指の動きをとめた。
のろのろと俺の顔を見上げたユミにむかって、にやにやしながら、


「続けてほしかったら、先生にキスするんだ。」


というと、うっすらと開いた唇が俺に近づいてきた。
ユミは俺の首に両手を回して抱きついたかっこうで、
ちゅっちゅっと唇を合わせてくる。
その唇の合わせ目に、強引に舌をねじ込み、きれいに並んだ
白い歯を舐めまわし、やわらかな舌をムリヤリ絡める。


「ん・・・う・・・。」


俺はジャージのズボンとパンツを足首までおろし、ユミの唇から口をはなした。
はあはあと息を荒くして、上気した顔でぼんやりと俺をみているユミに
、お腹につきそうなくらい立ち上がったちんぽの根元をつかんでみせつける。


「お次は、俺のちんぽにキスしろ。舌もつかって、濃厚なやつをな。」


ユミは素直にしゃがみこみ、俺のちんぽに唇をつけて、キスを繰り返す。
次に、ためらいがちに、舌でサオや亀頭を舐め、そのじれったい感じが
たまらなくぞくぞくする。


「もういいぞ。ご褒美にお前のおまんこに俺のちんぽをいれてやる。」


俺はユミを立ち上がらせて、片足のヒザの裏に手を入れて持ち上げ、
ユミの唾液と先走りで濡れたちんぽをユミのおまんこに入れた。

狭いおまんこに飲み込まれていくちんぽは気持ちよさにふるえていて、
すぐにも精を吐き出しそうだ。
なんとかユミのおまんこにちんぽを収め終わると、
ユミの反対の足も抱えあげて、駅弁スタイルになった。。

ユミのカラダをゆすりながら、腰をうちつけ、ユミのおまんこの中を味わう。
さすがに、負担の大きな体勢だったので、そっと床にユミを下ろして、
思う様、腰を激しくうちつけた。


「あっ・・・センセ・・・すごい・・・気持ちいいですぅ・・・。」


制服姿で犯されているユミは本当にエロくて、俺は次こそ、
カメラを用意しようと思った。


「もう・・・もう・・・ユミ・・・イっちゃう・・・。」


ユミの中がびくびくとふるえながらしまり、ユミがいくのにつられて、
俺のちんぽも白い精子を大量にユミのおまんこに吐き出した。

ユミは痙攣しながら快感の余韻に浸っている。


「次は体育館で・・・するか??」


冗談まじりで言ってみた。


「えっ・・・・はい・・・先生・・・」


と潤んだ瞳でコクンとユミはうなづいた。
次も楽しめそうだ。。今度はビデオに収めないと・・・


コスプレ天使・・・1へ
コスプレ天使・・・2へ


ここは出会える登録必須の出会い系サイトランキング


出会い系で出会うためのワンポイントアドバイス

ナースコスプレ。。お注射して・・・1

ナース男の憧れる職業ランキングにいつも上位にいますよね♪
本当のナースにナースのコスプレで・・・
なんていやらしい妄想だけでも興奮ものです。。


出会い系で出会ったミクはナースだった。
看護婦といえば、男の憧れる女性の職業の中のひとつだ。

o20020826063634.jpg



俺はミクに頼み込み、ナースのコスプレでセックスして
もらうことに成功した。
もちろん、仕事で使っているナースの制服ではなく、
コスプレ用の超ミニでピンク色のかわいいナース服を
着てもらうことにした。

髪をかっちりとまとめ、ナース帽をかぶって、ピンクの
ナース服を着て、白いストッキングをはいているミクの姿は
どこからどうみても看護婦だ。


「なんだか照れちゃうな。」


自分の部屋の中に看護婦が、ナースがいる喜びは、とても言葉では表現できない。


「今日はどうなさいました?」


看護婦口調で、ミクが俺にきいてくれる。


「ちんぽがはれて戻らなくなったんです。」


俺は下半身ハダカになって、ナース服に興奮して勃起したちんぽをミクにみせる。


「あらら。それはたいへんですね。」


ミクは俺の脚の間に、ヒザをつき、そっと両手でちんぽの根元を支えた。


「オナニーは一週間に、何回程度されていますか?」


俺の顔を見上げながら、真顔でそんなことをきく。


「二日に一回くらいのペースです。」


俺は妙に恥ずかしくなって、ちょっと赤くなりながら答えた。


「あなたくらいの年齢だとやや少ないかもしれませんね。一度、
フェラチオで抜いてみましょう。」


ミクはゆっくりと俺のちんぽを口にふくみ、ちぷつぷと口と手でしごき始めた。
ずっずる・・・と唾液が音を立てると、すべりがよくなって、さらに動きがスムーズになる。


「は・・・う・・・。」


思わず、あえぎ声がもれてしまった。



ナースコスプレ。。お注射して・・・2へ                  つづく




ここは出会える登録必須の出会い系サイトランキング


出会い系で出会うためのワンポイントアドバイス



ナースコスプレ。。お注射して・・・2

「どうも敏感すぎるようです。」


ミクは俺のちんぽから、口をはなして、手だけでちんぽをなでまわした。
たっぷりとちんぽを濡らしている唾液を潤滑油にして、すべらせるように
つるつるとなでまわされると、本当に気持ちがいい。
ちんぽがかちかちに硬くなり、射精も秒読み段階に入ると、
ミクはちんぽから手をはなしてしまった。


「ねえ、最後までイかせてよ。」


俺がミクにねだると、ようやくミクはちんぽをしゃぶってくれた。
ミクはフェラチオがかなり上手で、手と口のコンビネーションがすばらしい。

口でしごきながら、舌でサオを愛撫し、輪にした指を動かしながら
スライドされると、どんどん絶頂に近づいていく。


「もう出る・・・。」


射精直前に予告すると、ミクはちんぽを奥深くまで咥えこんでくれた。
どぴゅっと濃厚な精液がミクののど目がけて飛び出し、
俺のちんぽはびくびくとふるえた。
ミクはごくっと俺の精液を飲み下すと、ぺろぺろと舐めて、
精液と唾液まみれのちんぽをキレイにしてくれる。

ミクに後ろ向きにおじぎしてもらって、おしりを俺の目の前に
突き出した体勢にして、ストッキングと白いパンティを足首まで下ろす。
ナース服をまくりあげると、ぷりんぷりんの白桃のようなおしりが現れた。

ちゅばちゅばとよだれまじりのキスをおしりにあびせまくり、
くすぐったいと笑うミクの腰を押さえつけて、さらに、アナルを舌で舐めまわした。


「そ、そこ、違うよぉ!」


おしりをふって、抵抗しようとするが、おまんこのワレメから
アナルまで舐め始めると、おとなしくなってしまった。
ついでに、クリトリスまで舌を伸ばして、ちろちろと舌でくすぐる。


「は・・・あう・・・うん・・・。」


「看護婦さん、たまってるんじゃないですか?」



ナースコスプレ。。お注射して・・・3へ           つづく


ここは出会える登録必須の出会い系サイトランキング


出会い系で出会うためのワンポイントアドバイス





カテゴリー

一度お試しあれ!!

まずはお試し無料から



最新記事

女性のためのお小遣い稼ぎ

マニアな出会い

リンク集

出会い
くる天 人気ブログランキング

アダルト検索風俗サーチのアダルトシーカーAdult Seeker
アダルト検索エンジン
アダルトサーチエンジン「X」エックス
アダルトギャラリー
ADULT◆最強伝説
アダルトショッパーズ
おちんちんからしナビ
「アダルト検索 アダステ」
  • seo

美少女動画

安心できる出会い

Rioちゃんor愛ちゃん?



体験談募集中です♪

当ブログにて引用させて
頂くことがあります。
引用しないでという方は
その旨を記載して下さい♪
{例} 
名前だけ変えて引用可です。
オナニーネタにして下さい(笑)
名前もすべて引用可です。

名前:
メール:
件名:
本文:

女性の方へ

出会い?動画?

エッチなサイト検索

女性のためのおもちゃ

おすすめ♪

RSSフィード

エロ動画サイト

ひざまくら

女性の方へ

素人チャット

Copyright © 出会い 体験
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。