FC2ブログ
当サイトは男性のエッチな体験談や女性のエッチな体験談を
紹介するブログです。
多くの性的描写を含んでいるアダルト18禁ブログです。
18歳未満は退出して下さいね♪


告白投稿は投稿フォームからお願いします。



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アナルセックス体験に・・・1

初の女性出会い体験談です。
女性も男性と同じで相手を捜しています。

昨今では女性からのお誘いが多いとか・・・
プロフィールや書き込みは要チェックですね。

100281_2[1]



出会い系で出会ったサトウさんは最高の
アナルセックス教師だった。
アナルセックスを経験したいと思っていた私は、
どうせならアナルセックス経験者に手取り足取り
教わった方がいいと思って、出会い系の
書き込みをチェックしていた。


それで、アナルセックスについて書き込みをしていた
サトウさんという男性に、メールを送ってみたのだ。
返信からは知性が感じられて、アナルセックスについても、
ていねいにレクチャーしてくれた。

アナルセックスは避妊の必要がないので、中出しオッケーだと
思っている人が多いが、精液によっておなかを壊したりするとか。

不衛生なままアナルに挿入すると、男性側が病気になる
危険性もあるので、注意が必要だとか。
初心者とのアナルセックスは拡張を念入りにしないと
痛みを伴うし、快楽にも個人差があって、回数を重ねて、
じょじょに気持ちよくなっていく人もいれば合わない人もいるなど。


メールのやりとりで好感を持った私は、昼間の喫茶店で
サトウさんに会ってみることにした。

現れた男性は高級そうな服を着たイギリス紳士みたいな
印象の男性だった。

どこかの会社の重役か教授かお医者さんといった貫禄がある。


「これはこれはかわいらしいお嬢さんだ。」


サトウさんは顔をほころばせて、私を眺めている。

                         アナルセックス体験に・・・2   つづく

               
スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

アナルセックス体験に・・・2

「奈緒美さんが私を気に入ってくださったのなら、
これからアナルセックスを試してみませんか?」


周囲にきこえないくらいの小声で、アナルセックスと
ささやかれると、どきどきしてしまう。
昼間からラブホテルに行くのには抵抗があったけど、
好奇心には勝てなかった。


ラブホテルにつくと、サトウさんは浣腸器をとりだした。
お風呂にお湯を溜めながら、浣腸液を入れたボトルを溜まったお湯で温める。

サトウさんが人肌になった浣腸液を浣腸器に入れているのをみると、
これからはじまるアナルセックスへの期待が高まっていく。


「それでは、服を脱いでください。」


私はいわれたとおりに服をすべて脱ぎ、はじめて会った
ばかりのサトウさんに、生まれたままの姿をさらした。


「すばらしいプロポーションですね。」


サトウさんは美術品を鑑賞するような目で私のハダカをみたあと、
ベットによつんばいになるようにいった。


「浣腸液を注入しますよ。」


アナルの中に、生あたたかい浣腸液が流れ込んでくる。

子供の頃に、座薬をさしたときよりも、はるかに大きな違和感を感じた。
浣腸器を空にしたサトウさんは、私のアナルにシリコン素材の栓をした。

ぐぎゅるるるる。

私のお腹がへんな音を立てる。

サトウさんは時計を見て、時間を計りながら、私の様子を観察している。

額に脂汗が浮いてきて、もうヤバいかもと思ったとき、
私の手をひいて、トイレに連れて行ってくれた。

便座に座って、アナル栓を抜くと、ぶしゅるるるると
すさまじい勢いでウンコと浣腸液が飛び出す。

トイレとはいえ、サトウさんの前で脱糞するのは
恥ずかしかったけど、それどころじゃないくらいお腹が
たいへんなことになっていたのだ。

トイレットペーパーでお尻をふいたあと、お風呂にいって、
アナルをシャワーでキレイに流してくれる。

アナルに指を入れられて、中を広げるようにして、
念入りに洗われていると、なんだか奉仕されているみたいで気分がいい。

サトウさんは私のアナルにローションを入れて、
拡張用のやや大きめのアナル栓をはめた。


                         アナルセックス体験に・・・3  つづく

アナルセックス体験に・・・3

そのまま、お湯の溜まった湯船につかり、カラダをあたためながら、
アナルを拡張されて、のぼせる直前にお湯から出された。

またベットによつんばいになって、拡張用のアナル栓を
ぐりぐりと回しながら抜かれる。

ややゆるんだアナルにたっぷりとローションが
流し込まれて、大きさの違うボールが次々に入れられた。
全部のボールを飲み込んだところで、スイッチが入れられ、
アナルの中のボールたちが動き出す。

それははじめて感じる衝撃。


「おまんこからいやらしい汁があふれていますね。」


サトウさんはおまんこのワレメを指でなぞって、
愛液で濡れた指を私にみせた。


「おまんこにもバイブを入れてあげましょうか?」


整った上品な顔でいやらしいことをいわれると、ぞくぞくしてしまう。

私はこくこくとうなずいた。


「この中太のいぼいぼバイブをおまんこに入れてあげますから、痛くないように舐めて濡らしなさい。」


口元にぼこぼことしたいぼのついた黒いバイブを突き出されて、
私はぺろぺろと舐めた。

私がバイブをしゃぶっている顔を眺めていたサトウさんは、
そっと私の口からバイブを抜いた。
すぐにワレメを押し広げて、おまんこにバイブが入れられる。
私の意識のすべてはアナルとおまんこに集中してしまった。

おまんこのバイブにスイッチが入れられると、背筋を快感の
電流が駆け抜け、軽くイってしまうくらい気持ちよかった。

おまんこにバイブを入れて振動させたまま、アナルのボールを
抜かれると、ちゅぽんとボールが肛門を出て行くたびに、
排泄するときのようなじんわりとした快楽が広がる。

おまんこに入れたくらいの大きさのバイブをアナルに入れられ、
両方のバイブを振動させながら、出し入れされると、ものすごく
気持ちよくて、口からあえぎ声とよだれがあふれた。


「奈緒美さんはアナルセックスの素質がありそうですね。
最初からこんなに感じられるなんて、逸材かもしれません。」


ぐいぐいと私のおまんことアナルにバイブを押し入れながら、
冷静な口調でサトウさんがいう。

アナルからバイブを抜かれて、さらに大きなごついバイブを
そろそろと入れられる。
アナルにもバイブにもしたたるくらいにローションを塗られているので、痛くはない。
何度も出し入れされて、私のアナルが大きなごついバイブになれたところで、
ゴムをつけたサトウさんのちんぽをみせられた。


「さあ、ついに、バックバージンを失うときがきましたよ。本当に入れていいんですね?」


「お願いします。」


私がサトウさんのちんぽをみつめながらいうと、アナルからバイブが
抜かれ、硬くはりつめたサトウさんのちんぽがじわりじわりとアナルに挿入された。

ゆっくりと入ってくるサトウさんのちんぽはバイブよりも気持ちがよく、早くもっと奥まで入れてほしくて、


「もっと、もっと奥までちょうだい。」

と叫んでしまった。


「奈緒美さんはアナルセックスのとりこになりそうですね。」


笑いながら奥までちんぽを入れたサトウさんは、ピストン運動を開始し、
私はお腹の中まで動かされるような強烈な悦びを感じた。
もう自分が喘いでいるのかすら、よくわからない。
頭の中が真っ白にはじけて、意識がなくなってしまっていた。
サトウさんとは、今でもアナルセックスを楽しんでいる。

                  アナルセックス体験に・・・1へ
                  アナルセックス体験に・・・2へ



ここは出会える登録必須の出会い系サイトランキング


出会い系で出会うためのワンポイントアドバイス




出会いでアナルを・・・1

出会いとは不思議なもんです。
初めて会った男女がその場限りで楽しむこともあれば
意気投合して、そのまま付き合っていく場合もあります。

結婚までいったカップルもあるとか・・・
同じ趣味同士気が合うんでしょうね。。


101393_2[1]



出会い系で出会った女子大生のユリはマジメそうで、地味めだった。
でも、メガネをかけた顔はよくみると整っていて、白いシャツを
押し上げているおっぱいはなかなか派手な感じだ。


「こんなおじさんでよければ、これからどうかな?」


食事の後で誘ってみると、ユリは意外とあっさりラブホテルについてきた。
ホテルの部屋に入り、服を脱がせてみれば、着やせするタイプだったらしく、
グラビアアイドル並みの肢体があらわれた。
野暮ったく束ねている髪をほどかせると、
メガネ美女といった魅力的な女性に変身した。
後ろから抱きしめ、おっぱいを両手でわしづかみにしながら、


「男がよってこないように、普段は変装してるの?」


と耳元でささやくと、くすぐったいのか、体をよじりながら、


「だって、普通の男の人には、私の趣味ってわかってもらえないから・・・。」


と答える。


「そうだね。どっちの君の姿からも、とてもアナルセックスが
大好きな淫乱なコだなんて、わからないよ。」


すべらかなお尻をなで上げて、お尻の穴を指でつんつんと刺激する。


「あん。だって、アナルセックスを知ってしまったら、
普通のセックスなんて、子供の遊びみたいなんですもの・・・。」


ユリはちょっとお尻の穴を刺激されただけで、アナルセックスの
快感を思い出してしまったらしい。


「じゃあ、今日はたっぷりとアナルにペニスを押し込んであげようね。」


お風呂場でユリをよつんばいにすると、



出会いでアナルを・・・2へ                       つづく




ここは出会える登録必須の出会い系サイトランキング


出会い系で出会うためのワンポイントアドバイス



出会いでアナルを・・・2

「まずは、浣腸して、おなかの中をキレイにしようか。」


「はい。」


私はユリのお尻の穴に浣腸器をさしこみ、思いっきり、浣腸液を注入した。
空になった浣腸器を抜き、お尻の穴に栓をして、浣腸液が効果を発揮するのを待つ。

ぎゅるるるる・・・。

ユリのお腹がなりはじめ、ユリが苦しそうな表情をし始めた。


「まだガマンできるよね?」


ユリは顔を紅潮させ、ぶるぶると震えながら、


「・・・は・・い。」


と返事をする。

そのまま、便意をガマンするユリの様子を楽しんでいたが、
限界が近そうだったので、バケツを持ってきて、お尻の下にあてがった。
お尻の穴にねじこまれていた栓を抜くと、ユリのお尻の穴が
ひくひくとうごめき、浣腸液とともに、ユリのウンコが飛び出してきた。

ユリのおなかをさすってやって、全部ださせたあと、
シャワーでていねいに洗い、ベットによつんばいにさせた。
ユリのアナルにローションをたっぷりと流し込み、
ボールがたくさんつながったおもちゃを入れ込む。
ユリのアナルはつかいこまれているのか、中くらいの
スーパーボールほどの大きさのボールをすんなりと飲み込んでいく。


「あ・・・は・・・。」


大きめのボールが三つ入った後は、小さめの五つのボールが続いて飲み込まれる。
全部を入れ終わった後、バイブのスイッチを入れてやると、
ユリのアナルの中で、大き目の三つのボールが振動しはじめた。


「ああん・・・。すご・・・。」


ユリのアソコに手を伸ばしてみると、すでにびちょびちょに濡れていて、
指を簡単に飲み込んでいく。
こっちの具合もかなりよさそうだ。


「気持ちいいです・・・。」


目をうるませながら、こちらを見上げるユリの表情はとても扇情的だ。

手をぶるぶる震わせているユリを仰向けに寝かせ、
アソコにも大きなバイブを飲み込ませた。
ずぶずぶと少しずつバイブをアソコに入れるのと同時に、
ゆっくりとアナルに入っていたパールを引き抜く。

バイブが入ってくる快感とボールがお尻の穴からでていくときの
快感を同時に味わって、ユリは盛大なあえぎ声をあげている。



出会いでアナルを・・・3へ                  つづく




ここは出会える登録必須の出会い系サイトランキング


出会い系で出会うためのワンポイントアドバイス


カテゴリー

一度お試しあれ!!

まずはお試し無料から



最新記事

女性のためのお小遣い稼ぎ

マニアな出会い

リンク集

出会い
くる天 人気ブログランキング

アダルト検索風俗サーチのアダルトシーカーAdult Seeker
アダルト検索エンジン
アダルトサーチエンジン「X」エックス
アダルトギャラリー
ADULT◆最強伝説
アダルトショッパーズ
おちんちんからしナビ
「アダルト検索 アダステ」
  • seo

美少女動画

安心できる出会い

Rioちゃんor愛ちゃん?



体験談募集中です♪

当ブログにて引用させて
頂くことがあります。
引用しないでという方は
その旨を記載して下さい♪
{例} 
名前だけ変えて引用可です。
オナニーネタにして下さい(笑)
名前もすべて引用可です。

名前:
メール:
件名:
本文:

女性の方へ

出会い?動画?

エッチなサイト検索

女性のためのおもちゃ

おすすめ♪

RSSフィード

エロ動画サイト

ひざまくら

女性の方へ

素人チャット

Copyright © 出会い 体験
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。