FC2ブログ
当サイトは男性のエッチな体験談や女性のエッチな体験談を
紹介するブログです。
多くの性的描写を含んでいるアダルト18禁ブログです。
18歳未満は退出して下さいね♪


告白投稿は投稿フォームからお願いします。



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女の子の本音

打ち明けたら、確実にどん引かれること
請け合いの私の奇妙な嗜好は、ザーメンの味が好きってこと。
あの青臭い、ちょい苦のザーメンの味がたまらなく好き。
ザーメンの卵の白身みたいなどろりとしたところも好き。
変わってるってよくいわれる。
ザーメンの味が好きだから、フェラチオも大好き。

101168_2[1]


もしかしたら、セックスよりもフェラチオの方が
好きかもしんない。
一生懸命フェラチオして、ザーメンを口内発射されるのが
私にとってのご褒美みたいな。
ごっくんってザーメンを飲むと、一仕事したなって思うの。
一時期はホントに風俗で働こうかなって、迷った。
だって、ザーメン飲み放題じゃない?
でも、よく考えたら、誰のザーメンでもいいわけじゃなかった。


キモい男のザーメンなんて、飲みたくないっていうか、
その前に、フェラチオすんのがムリ。
てことで、今日も出会い系で男漁りに励んでいるわけ。
出会い系は、けっこう使えるの。
すぐ会えて、すぐヤれるって感じ。


ま、私が女の子だっていうのもあると思うけど、
今のところ、いい人と会えてるんだー。


フェラチオして、口内発射してもらうために、
フェラチオのテクニックも勉強したんだよ。


AVクイーンがフェラチオのテクニックを新人AV女優に
教えてるDVDとかも観たけど、プロはやっぱスゴいよね。
じらしから入るんだもん。
亀頭にちゅっと何度もキスしたり、ちょっと舐めたりして、
いきなりちんぽを咥えたりしないわけ。
あと、密着するのも大事らしい。
ちんぽを咥えたら、お口の中でずっと舌でれろれろしているみたい。


出会い系で出会ってセフレになったマサシに試したら、
3分くらいで口内発射してくれたの。


濃いザーメンをたっぷり口内発射してもらえて、
「プロ並みのフェラチオテクニック」だと褒められちゃった。
お口でザーメンを味わったあとは、やっぱり、
おまんこにもザーメンがほしくなるよね。


さすがに性病とか妊娠とか怖いんで、コンドームごしだけど・・・。

いつか結婚したら、思いっきり中出しで、
おまんこにザーメン出してもらうんだ♪


マサシのちんぽは、程よい大きさで、フェラチオするのにも、
おまんこに挿れてもらうのにも、ちょうどいいサイズなの。


男の人はよく、ちんぽは大きいほどいいって思ってるみたいだけど、
あんまり大きいとフェラチオするときにあごが疲れちゃうし、
おまんこだって挿入するときに痛いでしょ。
ちんぽはほどほどの大きさがやっぱりベストだよね。
どのくらいがほどほどなのかは、相性だと思うけどさ。
マサシとのセックスは、一度、フェラチオして口内発射でザーメンを
味合わせてもらった後、じっくりとしつこいくらいに愛撫してもらって、
ちんぽをおまんこに挿入してもらうの。


別に特別なことをするわけじゃないんだけど、マサシの愛撫は気持ちいいんだ。
たぶん、力かげんがちょうどいいんだと思う。
強すぎず、弱すぎず、みたいな。
乳首とか乱暴にいじられたりすると痛いんだよね。
マサシはソフトにこねるようにして、乳首をいじってくれるから、
安心して気持ちよくなれる。


クリトリスをイくまで指でこすってくれたりするのも、すごくイイ。
オナニーするよりずっと気持ちいいんだよね・・・。
クリトリスって、男の人にさわられると、最初はいいけど、
途中からもうやめて、みたいな感じになるのに。
手マンするときにも、指をしっかり濡らしてくれるから、痛くないし。


挿入してすぐ、乱暴に指を動かしたりしないから、じょじょに
気持ちよくなっていくのに、うっとりと浸っていられるの。
セフレの中ではマサシが一番、前戯が上手いかな。
挿入した後は、他のセフレの方が上手なんだけど。


クリトリスで軽くイって、手マンですっごくイきまくった後、
コンドームをつけておまんこに挿入してもらうのね。
もうおまんこはどろどろのぐちゅぐちゅだから、するーんって
挿入できちゃうんだけど、ゆっくりじりじりと挿入されるの。
それがちょっと物足りないんだよね・・・。
ここまで濡れて、おまんこの中も充分にほぐされてたら、もっと乱暴な
くらいの方がいいんだけど、性格がやさしいマサシは、
いくらお願いしても、ソフトなの。
ゆーっくりちんぽを挿入して、じわじわと動かされるのが
じれったくて、もっともっとってなっちゃう。
確かに、じらされたら燃えるけど、それも程度問題でしょ。
あんまりまったり動かされると、イライラするんだよねー。


それでも、最後のスパートに入ると、ちんぽの先っちょが
ガンガンおまんこの奥にあたって、すごくイイの。
なのに、もうちょっとでイけそうっていうときに、
いつもマサシが射精しちゃうんだ・・・。
一度、口内発射でザーメン出してるから、長持ちしてる方だと
思うんだけど、ホントあとちょっとなんだよね。


前戯がすっごく上手いだけに、今後の成長に期待してるんだけど。
前戯も挿入後のちんぽの動きと持続時間も、完璧に相性の
会う男の人を探して、今日も男漁りに励んじゃう。
理想は、セックスの相性がバツグンの男の人を彼氏にすることなんだ。
ルックスは贅沢いわないから、性格も合う人だといいんだけどなあ。

出会いの方法を知りたいあなたは・・・


スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

オナニーのむなしさ・・・

オナニーでザーメンを出した後、ものすごく空しくなる。
またつまらぬ殺生をしてしまった・・・みたいな。


同じザーメンを出すんでも、女にフェラチオされるのと、
オナニーじゃ、全然、気持ちよさが違うんだよなー。
セックスとフェラチオも違うけどさ。


ザーメンが鈴口んとこから出るのは一緒なのに、
なんであんなに快感が違うんだろう。
それに、オナニーの後の空しさがない分、
女とヤる方が遥かにイイ。

1076258776557o.jpg



顔がいたってごくフツーの俺は、体を鍛えてマッチョに
したかいあって、筋肉フェチの女にモテる。

なかやまきんに君だって、小島よしおだって、顔は普通か
それ以下だと思うけど、一度、ヤってみたいという女は
少なくないみたいだし。


出会い系に、「顔は普通ですが、なかやまきんに君くらいのマッチョです。」
的な書き込みをすれば、それほど苦労しなくても、筋肉フェチの女が引っかかる。
ま、正直、ヤれれば誰でもいいし。
若いから好みじゃなくても、ちんぽは勃起するので、かなりザーメンを乱射した。
避妊はしっかりしたけどね。


友達には紹介できないような女とできちゃった結婚なんて、最悪だろ。
いろんな女とセックスするとさ、意外と美人の方がセックスしたときは
イマイチで、ブスの方がいいおまんこもってたりするって発見した。
なんでなんだろ。


あんまり使ってないおまんこの方がしまりがよくて、キツいからかな?
で、まあ、よっぽどNGじゃない限りは、一度セックスしてみるっていう習慣がついた。
今までヤってきた女の中で、一番おまんこが気持ちよかったのが、アイっていう女。
顔は超フツー。


かなり地味で、ナンパなんてされないだろうなー、みたいな?
おっぱいはややでかって感じで、巨乳までいかないけど、まあまあ。
ぽっちゃり系っていうか、ウエストあたりはたぽたぽしてたけど、
その分、やわらかいんだよな。
ハタチくらいだから、肌がぴちぴちっていうか、パツパツって感じで。

おしりもつるつるで、むきたてのゆで卵みたいなさわり心地でさ。
オナニーばっかしてんのか、クリトリスがやたらでかくて、
おまんこがすっげえしまるんだ。
きゅきゅきゅって、何度も。
でさ、


「何でこんなおまんこがしまるの?」


ってきいたら、


「アナルをしめて、おしっこを途中で止める練習したら、できるようになった。」


っていってた。


エロい漫画で読んで、試してみたらしい。
そーゆーエロい漫画を読むだけあってさ、エロい知識は豊富なんだわ。
割と従順にいうこときいてくれるから、アナルを舐めてもらったり、
こっちがアナルに指を突っ込んでみたりして、いろいろ試した。
アイをセフレとしてキープしてる間にも、いろんな女とヤったんだけど、
やっぱアイとヤるセックスが一番、気持ちいいんだよな。


気を使わないっていうか、リラックスして好き放題できるからかもしれない。
ま、俺にとっちゃ、リアルダッチワイフみたいな存在で。
性欲を持て余してるらしいアイにとっても、俺はバイブより
気持ちのいいちんぽくらいなもんだったし。


一回、どんだけザーメンが射精できるのか、試したことがあったんだわ。
二日くらいザーメン射精すんのガマンして、三日目にアイとセックスして、
もうザーメン出なくなるまで射精しようと思ってさ。
そんで、まず、アイにフェラチオしてもらって、一回、口内発射でザーメン出して。
ザーメンが気管に入ったらしくて、苦しそうにむせてるアイの顔みてると、
なぜかむらむらっときて、そのまま、自分でちんぽをしごいて、
アイの顔に顔射でザーメンぶっかけて。


二回連続でザーメン出したから、休憩がてら、二人でシャワー浴びて、
ザーメンまみれのアイの体を手で洗ってやったり、アイに洗ってもらったりして。
うっとりした目で、俺の筋肉をさわってるアイの表情とか、性奴隷って感じでウケる。


まったりといちゃいちゃしてたら、また俺のちんぽが勃起したから、
ベットに戻って、アイのおまんこに挿入した。
前戯なしだったから、おまんこがキツくてさ。
メリメリって膣壁をちんぽで掻き分けていく感じが、イイんだよな。
ちんぽを挿れっぱなしにして、でかいクリトリスを指でこちょこちょいじると、
おまんこがきゅうっきゅうって、咥え込んでいるちんぽをしめつけてきて。
これは気持ちよくて、無意識でしめつけているらしいんだけどさ。
両膝の裏に手をひっかけるようにして、アイを折り曲げるように足を開かせて、
おまんこの奥の方まで、ちんぽで責めてやったら、アイが涙を流しながら、


「イイっ・・・すごく気持ちいい・・・。」


とか叫ぶのよ。

さわってないのに、乳首も勃起してるから、交互にちゅうちゅう吸って
やりながら、そのまま、おまんこをこすり続けて、アイをイかせた。
体位を変えて、俺がベットに腰かけた感じで、座った体勢のバック。
後ろからおっぱいをもにもにともんで、指先で乳首をころがしたり、
クリトリスをいじってやったりすると、気持ちよすぎるらしくて、アイが体をよじる。
おまんこにちんぽがハマったままだから、自分で膣壁をこすることになって、
ますます気持ちよくなって、あえぎ声をあげる。
そんで、おまんこをぎゅっとしめる、の繰り返しで。
結局、その日は五回ザーメンを出した。
最後はホントに、ちょっぴりしか出なかったけど。
ザーメンがたくさん出せる若いうちに、遊んでおかなくちゃな。


出会いの方法とちょっとした秘密


男のサガ・・・

一度、ザーメンを出したくなってしまったら、
男は正常な判断をするのが難しくなってしまいがちだ。
男の悲しい性なのか、ザーメンを射精するってことが
最優先になってしまうみたいだ。


それまで、俺は出会い系で出会ったなかなかかわいいコたちと
行きずりのセックスを楽しんでいた。


どうしても彼女にしたいってほどじゃないけど、
彼女にしても、まあ、いいかな、くらいのレベルの女の子達。
オマエ、何様だよって、怒られそうだけど。
彼女達にしたって、俺のこと、一回くらいはヤってみてもいいけど、
彼氏にするほどじゃないって思ったんだろうし、お互い様ってことで。


ラブホテルに行って、二回か三回ザーメンを出して、終わりの関係。
会うまでは何回かメール交換してたのに、一度、ヤってしまうと、
もういいかなって思ってしまう。
そして、また出会い系で新しい女の子を捜す。
サキってコと会う約束をとりつけて、待ち合わせ場所に向かう。


俺のちんぽはこれからたっぷりザーメンを射精できるのが
わかっているから、早くも半勃ちになっている。
写メではかなりの美人だったはずだし、今日は四回くらい
ザーメン出せるかもしれない。
サキの後姿は、モデルか芸能人って思うくらいヤバかった。


脚がすっげキレイで、細くてすらっとしてて、パンティが
見えそうなくらいギリギリのミニが包んでいるおしりがまた美尻って感じで。

ウエストがつかめそうなくらいきゃしゃで、露出してる背中も白くて
すべすべなんだろうな~って思うくらい肌がキレイなわけ。
二の腕とかも細くて、首すじなんかも色っぽくて。
俺のちんぽはうっかり完勃ちしてしまっていた。
なんとかなだめようと思っているうちに、サキが振り返って、
顎がはずれそうになった。
オマエ、誰?っていいたくなるくらい別人。
でも、周りには他に女はいない。


「ヒトシくんでしょ。写メのまんまだねー。」


確定。
コイツがサキかよ!
写メと全然違うじゃねーかとキれる間もなく、俺はサキに腕をとられ、
巨乳をぐいぐい押し付けられながら、ラブホテルへと引きずり込まれた。
アタマでは完全に拒否なのに、ちんぽは勝手に臨戦態勢。
ずっと勃起したままだ。
確かに、首から下は最高なんだけど・・・、
コイツとセックスするなんてありえん。


「会ったときからさ、勃起してたよね。そんなに待ちきれなかったの?」


サキがくすくす笑いながら、俺の下半身を裸にした。
ちんぽはもうよだれのように先走りをたらしている。
ちゅぷっ。
俺のちんぽがサキの口に咥えられてしまった。
コイツ・・・フェラチオうめえ。
口の中で、れろんれろんと舌が動きまくり、ありえないほど気持ちがいい。
今まで経験したフェラチオとは、レベルがはるかに違う感じだ。
俺は目を閉じて、ザーメンを射精してしまうのを待った。
一度ザーメンが出てしまえば、俺のちんぽも満足するはず。
そしたら、コイツにシャワーを浴びさせて、その隙に逃げよう。
ちょっと吸われながら、ちゅぽっちゅぽっと上下にしごかれて、
俺のちんぽは気持ちよさに、一段と硬くなって、ザーメンを吐き出そうとした。
サキは俺のカリ首をきゅっと押さえると、唇をちんぽから離した。


「ダメだよぉ。フェラチオなんかで、ザーメン出しちゃったら、もったいないもん。」


こみあげていた射精の衝動はおさまってしまい、
中途半端に盛り上がってしまったちんぽが放置された。
呆然としている俺の前で、サキがストリップしている。
ホントに体だけはグラビアサキドル以上にエロくて、
たまらなくイイんだよな。


サキはもっちりとした巨乳で、俺のちんぽをはさみ、パイズリしはじめた。
巨乳から飛び出た亀頭を舌でちろちろと舐められると、
とても気持ちいいが射精するほどの刺激ではない。
俺がおっぱいフェチじゃないせいもあると思うが、
サキの顔をみてしまうと、興奮が醒めるからかもしれない。


サキもパイズリでイかせる気はないらしく、ザーメンを
出させない程度に、俺のちんぽを気持ちよくしている。


「もうザーメン出したいんでしょ。」


悔しいが俺はもうザーメンを出せるのなら、
なんだってすると思ってしまっていた。


「私のおまんこの中に、たっぷりザーメン出して。」


サキはベットによつんばいになって、俺におしりを向けた。
顔がみえなくなって、サキの魅力的な肢体だけが堪能できる体勢だ。
バックからちんぽをおまんこに挿入しながらも、
ちらっとコンドームをつけるんだったかな、と思った。
でも、今さらこの気持ちいいおまんこからちんぽを抜くなんてできない。
ザーメンを射精し終わるまでは、このまま、この気持ちよさを味わいたい・・・。
俺は夢中で腰を振った。
「ああんっ・・・すごく硬くて気持ちいい・・・
思いっきり中出しで、おまんこの奥にザーメン注いでぇ・・・。」


ナマでヤることなんてめったになかったし、さっきからずっとじらされてたから、
俺がザーメンを吐き出したのはおまんこに挿入してから3分と経ってなかった。


もう一度ヤるのも、二度ヤるのも一緒だから、ヤケになった俺は、
サキとザーメンが出なくなるまでヤりまくり、自己嫌悪しながら家に帰った。

写真は自主規制しました。。ご想像におまかせします(笑)


出会いの方法とセックス・・・


フェラチオがうますぎる

元彼のヒロシはフェラチオが大好きだった。

「ねえ、フェラチオしてぇ~。」


と甘えた声で、いつも私にねだっては、
どぴゅっと口内発射して、さっさと寝てしまう。


それでも、ヒロシが好きだったから、私はセックスレス
でもオナニーで自分の体をなぐさめていた。


「アイがフェラチオ上手すぎるからいけないんだよ。」


ヒロシはよくそんな風にいっていた。


確かに、私はフェラチオが上手だったのかもしれないけど、
ヒロシにとっては私とセックスするより、受身でフェラチオ
される方が楽に性欲を解消できたのだろう。


一ヶ月に一度だったセックスが二ヶ月に一度になり、
この前、いつセックスしたっけと思うようになって、
やっと私は別れる決心ができた。


先に次の彼氏を作ってしまわないと、ヒロシに
いいくるめられてしまうのがわかっていたから、
私は出会い系でこっそり彼氏を探した。


待ち合わせ場所に来たサトルは、ヒロシ以上のいい男で、
しかも、私を女の子扱いしてくれた。


ごはんはもちろんおごりだし(ヒロシは割り勘だった)、
自宅の前までしっかりと送ってくれて、手さえ握らなかった。


プラトニックなデートが妙に新鮮で、
学生の頃みたいなときめきを感じた。


三回目のデートでやっとお付き合いできることになって、
まだヒロシをキープしたままだったけど、すでに心は
サトルでいっぱいだった。


交代でシャワーを浴びて、ベットで裸で抱き合って、
彼氏がいたはずなのに久しぶりのセックスにわくわくする。


ちゅっちゅっと軽くキスして、次第に舌を絡めあう
ディープなキスになっていって、おっぱいを
やわらかくもまれながら、私の息は次第に荒くなっていた。


髪や顔をやさしくなでられるのも気持ちよくて、
私の感度をあげてくれるみたい。
乳首を舐められて、濡れたところを指先でこねられて、
甘い吐息がもれた。


「とても敏感だね。濡れやすいみたいだし・・・。」


サトルの指がワレメをなでて、ぬるぬるの愛液を
のばすように確認している。
ゆっくりと足を開かれて、ちろちろと舌がクリトリスを舐めた。
クンニされるのなんて、いつ以来だろう。
クリトリスを舐めていた舌は指に変わって、
さらに強い刺激が加えられた。


「あぅん・・・あっ・・・そこはダメぇ・・・。」


イってしまいそうになってきて、私は悲鳴をあげた。


「どうして?イきそうだから?」


「あんっ・・・あんっ・・・そうなのっ・・・イくぅんっ。」


クリトリスをいじられただけでイってしまって、
私はちょっと恥ずかしくなった。


「私にもフェラチオさせて。」


私がささやくと、サトルはシックスナインの体勢になって、
私の目の前に勃起したちんぽを持ってきてくれた。
れろーっと、舌でサオを亀頭側に向かって舐めていく。
よだれで跡をつけるように、少しずつ場所を変えて、
何度も何度もサオを舐めた。
サオが私のよだれで濡れきったところで、カリ首の周りを舌でなぞる。


「フェラチオ上手だね・・・。すごく気持ちいいよ。」


「まだちょっとしかフェラチオしてないのに。」


「わかるよ。じらしから入るなんて、フェラチオが上手じゃないと
しないし。感じるところがわかってる舐め方だから。」


ちゅっと亀頭にキスをして、舌でちろんと鈴口を舐めた。
バレちゃったら、わざと下手にフェラチオすることも
ないかと思って、開き直った。
じっくり時間をかけて、ちんぽを口の中に咥えこむ。
口の中のちんぽに舌を絡めた。


「ああ・・・すっごいイイ。」


クンニをしていたサトルの舌が止まって、
私はちょっと得意な気持ちになった。
代わりに指がおまんこに入ってきて、中をかきまわした。
今度は私がフェラチオしていられなくなって、
口からちんぽを出してしまった。


「フェラチオして興奮したの?おまんこがとろとろだよ。」


サトルが私のおまんこに指を出し入れすると、
ぴちゅぴちゅといやらしい愛液の音がした。
がんばってフェラチオを続けようとするけど、
ムリに咥えるとあえいだ弾みに歯を立ててしまいそうで、
舌をはわせて、手でしごくことしかできなかった。


「そろそろ挿れようか。このまま続けるとイってしまいそうだ。」


サトルはちんぽにコンドームをつけると、正常位で私のおまんこに挿入した。


大きい・・・それに、硬い・・・。

思わず、満足のため息を吐きながら、私は人肌の感触にうっとりした。
おまんこの中でちんぽが動く度に、じーんとした
気持ちよさが体中を走っていく。


「気持ちいい・・・コンドームごしでもとろけてしまいそうだ。」


サトルの顔も気持ちよさそうで、私は嬉しかった。
足の角度を何度か変えて、私が一番感じるところをさぐりながら、
私達のセックスはピークを迎えようとしていた。
膣でイけるなんて、二年ぶりくらいかも。
私はヒロシとのセックスがいかに貧しいものだったか思い知った。
あれはセックスっていうより、ヒロシの精液の排泄に
付き合っていただけだったのかもしれない。


「イく・・・もうイっちゃう・・・。」


サトルは私をしっかりイかせてから、自分も射精した。
私は今日中にヒロシと別れようと思いながら、
イったあとの倦怠感に身をまかせた。

勝負の決め手は直アド交換☆しかも無料だから怖いものナシ


かわいい女のテクニック

出会い系でたくさんの女とヤりまくった俺は、ハタチの誕生日を
迎えたばかりのアヤとセフレになった。

17.jpg



アヤときたら、カワイイ顔に似合わず、手コキとフェラチオが
やたらと上手くて、今までに相当な数の男達のザーメンを
搾り取ってきたのが丸わかりのテクニックだった。

手コキやフェラチオに慣れていない女は、躊躇したり、恥じらいを
みせたりするもんだが、アヤときたら、最初はじらして、もどかしい
思いをさせるのさえ、計算ずくなのだ。


弱すぎる刺激の手コキや舌の動きが、ゆっくりと快感を引き出すものに
なっていって、徐々に射精を促すような猛烈なものになる。


アヤの手コキとフェラチオの腕前は、俺がセックスした
女達の中で間違いなく一番だった。


風俗嬢とかAV女優みたいなプロの手コキやフェラチオは、
また一味違うのかもしれないが、素人にしちゃ、上手すぎる
ほどだと思う。


口内発射で、ザーメンを射精した後、満足そうにごっくんと
俺の精液を飲み干したアヤに、


「どうしてそんなに手コキとフェラチオが上手いの?」


ときいてみたら、


「はじめてフェラチオしたときに、彼氏をイかせてあげられなかったから、
すごい勉強して、練習したんだー。」

とても嬉しそうに答えられた。


彼女が自分のために、フェラチオや手コキの勉強してくれるのは
男冥利に尽きるかもしれないけど、俺とこうしてセックスしてるところを
みると、その恋は終わってしまったのだろう。


モトカレのことを思い出したのか、アヤがちょっとさびしそうな顔になったので、
俺はアヤのきゃしゃな体を抱きしめて、濃厚なディープキスをしてやった。


片手でおっぱいをまさぐりながら、舌で口中を舐めまわしてやると、
アヤの体から力が抜けて、ぐったりと俺に寄りかかってくる。


指先で乳首をいじくりながら、口内発射した俺の精液の味が
残っているアヤの口の中で、ねっとりと舌を絡ませ合うと、
アヤが甘えるようなあえぎ声をあげはじめた。


「ふぅん・・・んっ・・・あっ・・・。」


頬や首筋、耳にキスして、少しずつ下がっていき、
おっぱいに何度もキスする。


唇を軽くふれさせるだけで、敏感なおっぱいは
快感でぷるぷるとふるえた。


さっき指で刺激したせいで、赤く勃起している乳首をしゃぶり、
口内発射させてくれたお礼に、フェラチオのように舌と唇で愛撫した。


正直、おっぱいフェチ気味の俺としては、アヤのおっぱいは
小さすぎたけど、感度がいいので、愛撫するのが楽しかった。
おっぱいは感じやすい女と感じにくい女がいると思う。


生来のものなのか、開発不足なのかは知らないが、おっぱいを愛撫しても、
ほとんど反応しない女とセックスすると、なんとなく物足りない。


その点、アヤは理想的なくらい、気持ちよさそうな
あえぎ声をあげ続けてくれた。


両方のおっぱいを充分に愛撫した後、脚を開かせておまんこを
ご開帳すると、みたことないくらいきれいな色をしていて、
ちょっと感動してしまった。


手コキとフェラチオがすごく上手かったから、男経験豊富だと
思い込んでいたけど、実はあまり遊んでないのかと思うくらい、
鮮やかな赤ピンク色をしていて、形も整っていた。


おっぱいへの愛撫で愛液をあふれさせているおまんこは、
薄暗い照明の中でも、つやつやと輝いていて、クンニする度に、
奥からたくさんの雫を湧き出させる。


ぽっちりとしたクリトリスを舌でかわいがってやってから、指先で
こりこりとこねくると、アヤはあっけなくイってしまった。


「やだぁっ・・・気持ちいいっ・・・イきそうっ!」


このくらいで口内発射のお礼はできたかなと思ったけど、俺の
テクニックをみせつけて、これからも俺とセックスしたいと
思わせるために、アヤが挿入をねだるまで愛撫し続けることにした。


といっても、濡れまくっているおまんこに、中指を入れて、5分も
手マンしないうちに、甘えた声で切なそうに、俺のちんぽを
ねだってきたのだが。


俺はのんびりとちんぽにコンドームをつけ、亀頭の先っちょで、
ぬるぬるのワレメを上下になぞった。


「んっ・・・あんっ・・・いじわるしないで、早くマサトさんのちんぽちょうだい・・・。」


アヤが自分の両手で膝下をかかえるようにして、おまんこを拡げてみせると、
ちょっと力を入れただけで、ちんぽがずぶずぶと入ってしまった。


スムーズに入ったからといって、アヤのおまんこが緩いわけじゃなくて、
コンドームごしでも、充分に締まりとひくつきを感じられた。


アヤの脚を大きく広げて、より深く繋がると、ちんぽ全体が
しっかりと膣壁に包まれて、動かなくてもとても気持ちがいい。


膝裏のところを両手で押さえて、リズミカルに腰を振ると、おまんこの
奥に亀頭が当たるたびに、アヤが苦しそうなあえぎ声を漏らした。


「あっ・・・あんっ・・・ぅんっ・・・イイっ!」


そのままおまんこの奥を責め続けたら、おまんこが
うねるように動いて、めちゃくちゃよかった。


顔の横にあったアヤの脚をぺろっと舐めてやると、
予想外の刺激に驚いたらしいおまんこがきゅっと締まる。


ピストンする速度を調整しながら、何度もアヤをイかせまくって、
ようやく俺も射精して、セックスが終わったときには、心地よい
疲労が体を包んでいて、しばらくは動きたくない感じだった。


なのに、貪欲なアヤは射精したばかりの俺のちんぽを咥え、
手コキを交えて、熱心にフェラチオしはじめた。


おいおい、今、射精したばっかで勃起するかよ・・・と思っていたのに、
俺のちんぽときたら、アヤのフェラチオと手コキに反応して、
みるみる勃起してしまい、騎乗位でアヤのおまんこに咥えこまれた。


気持ちいい・・・気持ちいいけれども、玉袋にストックされている
精液が空になるまで、今日は精液を搾り取られるような予感がする。
俺はぐったりしながら、恍惚とした表情で腰を振り続けるアヤの顔を眺めた。


ここで会えたらしいよ^^
登録不要の直メサイト。何事もシンプルがベストでしょ?
WS000002.jpg

官能小説をかわいい女の子が読んでくれます。
画像や動画がたっぷり♪
官能動画・写真集 濡読

カテゴリー

一度お試しあれ!!

まずはお試し無料から



最新記事

女性のためのお小遣い稼ぎ

マニアな出会い

リンク集

出会い
くる天 人気ブログランキング

アダルト検索風俗サーチのアダルトシーカーAdult Seeker
アダルト検索エンジン
アダルトサーチエンジン「X」エックス
アダルトギャラリー
ADULT◆最強伝説
アダルトショッパーズ
おちんちんからしナビ
「アダルト検索 アダステ」
  • seo

美少女動画

安心できる出会い

Rioちゃんor愛ちゃん?



体験談募集中です♪

当ブログにて引用させて
頂くことがあります。
引用しないでという方は
その旨を記載して下さい♪
{例} 
名前だけ変えて引用可です。
オナニーネタにして下さい(笑)
名前もすべて引用可です。

名前:
メール:
件名:
本文:

女性の方へ

出会い?動画?

エッチなサイト検索

女性のためのおもちゃ

おすすめ♪

RSSフィード

エロ動画サイト

ひざまくら

女性の方へ

素人チャット

Copyright © 出会い 体験
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。