FC2ブログ
当サイトは男性のエッチな体験談や女性のエッチな体験談を
紹介するブログです。
多くの性的描写を含んでいるアダルト18禁ブログです。
18歳未満は退出して下さいね♪


告白投稿は投稿フォームからお願いします。



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リアルコスプレで童貞脱出。。

出会い系で出会ったミカを見た瞬間、
さてさて、今回はコスプレ編と言っていいのかな?
女の子自身似ていると思ってなくても・・・

似てる事は良くありますが。。
こんな女の子に会えるのは、かなりの確率ですね。。

さて、ここから始まります。。


リアルハルヒかと思った。
俺があまりにハルヒを妄想しながらのオナニーを
繰り返してたから、てっきり幻覚がみえるように
なったのかと呆然とした。

「アンタ、サトルでしょ?」

不機嫌そうに声をかけてくるところも、まさにハルヒだ。
さすがに声は違ったけど・・・。

緊張しきった俺があわてて頷いてみせると、ハルヒ、
じゃなかった、ミカは俺の腕をぐいっと取った。


「どっかあったかいとこ、行くわよ!」


ハイ、俺の意見はまるで無視。
でも、そこがたまらない。
腕にあたってるおっぱいの感触もたまらない。


やわらかいやわらかいときいてはいたが、ここまで
おっぱいの感触がやわらかいとは・・・。

俺がうっとりしているうちに、オサレっぽいカフェについた。


「私はあそこに座ってるから、ホットのモカ、ミディアムで。」


ミカは俺に命令すると、奥の方のあったかそうな席に座った。
いそいそと飲み物を買って、席に着くと、ミカがモカ代を
渡そうと白くて小さな手を伸ばしてきた。
その手を握りたい衝動をこらえつつ、


「このくらいおごるよ。来てくれてありがとう。」


テレながら、お礼をいってみた。


「そ、そう。じゃあ、おごられてあげるわ。あんまり、借りを
つくるの、好きじゃないんだけど・・・。」


ミカはそっぽを向きながら、手を引っ込めた。
ミカがハルヒのコスプレしてくれたら、俺、死んでもいいな。
コスプレの写真とか動画を撮らせてくれるなら、
灰になるまでバイトして、お金つくるな。
俺がモカを飲んでいるミカをみながら、そんな思いに
ふけっていると、ミカがちらりと俺をみて、


「サトルって童貞でしょ。セックスしてみたい?」


とささやいた。

ハルヒ似のミカの口から、童貞とかセックスっていう言葉をきくだけで、
鼻血を吹きそうになって、思わず、前屈みになる。


「そりゃー、もちろん、機会があればいつかはしたいけど。」


童貞を捨てる機会なんて、今まで訪れたこともなく、風俗でも
行かない限り、セックスなんてできないのかなとあきらめていた。


「アンタの童貞、もらってあげてもいいわよ。」


「へっ?」


「だからぁ、童貞、捨てさせてあげるってば。」


その後、ラブホテルに行って、俺は童貞を卒業したんだけど、
正直、あんまり覚えていない。

アタマん中が真っ白で、気がつくと射精してしまっていたので、
ミカを満足させられたはずもなかった。
それなのに、なぜかミカは、たまに会ってセックスしてくれるようになった。
彼女になってほしいといっても、いつもかわされる。
不本意ながら、セフレってやつだ。


五回目に会ったとき、俺は思い切って、
ハルヒのコスプレ用の衣装を持っていった。
ダメモトだったのに、ミカはあっさりコスプレしてくれた。


「コスプレして、セックスが盛り上がるんなら、別にいいわよ。」


コスプレしたミカは本当にハルヒそのもので、
写メで撮らせてもらって待受にした。


「もー、アンタに写メ撮らせるために
コスプレしたんじゃないんだから!」


俺はミカに押し倒された。
覆いかぶさってくるミカの体重は軽くて、ぎゅっと
抱きしめたら壊れてしまうんじゃないかって思うくらいだ。


ツンデレどころか、ツンツンツンデレくらいだけど、
こうやって積極的に迫ってくるってことは、ミカも
少しは俺のこと、好きなのかも。


まだぎこちなさの残るキスをして、ミカのやわらかい
舌の感触を自分の舌で味わう。


ミカの唾液って、ほんのり甘くていい香りが
すると思ってしまうのは、俺が変態だから?


白い制服の上から、おっぱいをもんで、
薄目を開けてミカの表情を窺う。
ミカはちょっと頬を赤くしながら、眉を寄せていた。


二人の唾液で唇がグロスを塗ったみたいに、つやつやしてる。
俺は顔を持ち上げて、もう一度、ミカにキスした。
水色のスカートをもぞもぞとたくし上げて、
パンティの上からおまんこのワレメをなぞる。
パンティの湿り気を確認して、パンティの脇から
指を差し込んで、直接、おまんこをいじった。


「あっ・・・あんっ・・・。」


コスプレに興奮しているのか、ミカのあえぎ声は、
いつもより大きな声だった。
そのまま、おまんこの中に指を挿入して、くちゅくちゅと
いやらしい音をさせながら、膣壁を指の腹でこするようにする。


ミカとセックスをするようになって、俺はセックスの
マニュアル的なものを買いまくって勉強した。
俺の胸に顔を埋めてあえいでいるミカはものすごくかわいくて、
コスプレの効果もあって、俺のちんぽはもう鋼鉄のような
勃起状態を長時間キープしていた。


「は、早くコンドームつけなさいよぉ・・・。」


俺に体重を預けたままで、潤んだ目で見上げてくるミカの表情を
みているだけで射精してしまいそうになるのをこらえて、コンドームをつけた。


ミカは俺がちんぽを入れやすいように、足を開いて、
自分の指でおまんこを開いて、腰を落とした。
ぐぐっと狭いおまんこを押し開くようにちんぽが挿入されていく。
何度挿入しても、この瞬間は射精感がこみあげてきて、
こらえるだけで精一杯だ。


根元まで挿れおわって、射精感がおさまったところで、
俺はゆっくりと腰を動かした。

ちょっとずつだけど、ミカも感じてくれるようになってきたし、
いつかは俺ナシじゃいられないくらいに感じさせて、彼女にしたい。
こんなにハルヒのコスプレが似合う子は他にいないと思うしね。


この女の子がいたのは、ここらしいですよ♪

話題の即ハメサイトGAL-LOVE こんなにオイシイ美少女を食える
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

隠れた性癖

出会い系でユキと出会ってから、俺は自分に
隠されていた恥ずかしい性癖を知ってしまった。


111ib1.jpg


セックスの後の会話で、会社の忘年会で女装する
ハメになったことをグチったのがそのきっかけだった。


ユキは妙にノリノリで、俺をびっくりするくらいいい女に
してみせると宣言した。

ラブホテルのアメニティのT字カミソリですね毛を剃られ、
ユキのパンティをはかされ、ストッキングのはき方をレクチャーされた。


光沢のある黒いストッキングに包まれた足だけ見ると、
ちょっと太めの女の足にみえる。


ユキは自分のブラジャーを俺につけさせて、あまったカップの
部分に、ティッシュをしこたまつめた。


俺が着てきたちょっと丈の長いセーターを着ると、ギリギリな
感じで股間が隠れて、首から下は色っぽい女のようにみえる。
ユキは俺のほほに手を添えて、俺の唇に色つきのグロスを塗りたくった。
まつげもヘンな道具ではさまれて、眉毛もハサミで整えられる。


たったそれだけで、俺はボーイッシュな感じの女に変身してしまった。
ジーンズをはいても、つめものをしたブラジャーがおっぱいのフリを
しているので、十分女にみえる。
ユキは女装したままの俺を連れて、ラブホテルを出た。


ユキのパンティは俺がはいているので、ノーパンだ。


ミニスカからさっきヤったばかりのおまんこが
ちらつくんじゃないかとどきどきしてしまう。
ユキと歩いていると、俺を女だと思った男達がナンパしてきた。


俺は驚きながらも、奇妙な興奮を覚えていて、女装を解くために、別のラブホテルに
入る頃にはパンティの下のちんぽがゆるく勃起してしまっていた。


ユキは俺のジーンズを脱がすと、パンティの下で窮屈そうに
勃起している俺のちんぽを強くさすった。


「マサルくん、女装して興奮しちゃったんだ。あたしもほら。」


ユキの手に導かれて、ミニスカの下のノーパンのおまんこを
指でなぞると、愛液でぬるぬるになっていた。


「ねえ、あたし、レズなのかなあ?
女装してるマサルくんみてると、襲いたくなっちゃうの。」


俺はユキに押し倒された。
ユキは俺にまたがり、セーターをたくしあげて、
ブラジャーをずらした。
ささやかな飾りでしかない俺の乳首をぺろぺろと舐め始める。


「なんかくすぐったいよ・・・やめろって・・・。」


俺がもがくと、ユキは残念そうに顔をあげて、
指できつく乳首をつまんだ。
じんわりと広がる気持ちよさがあって、俺はびくんとなってしまった。


「あ、気持ちいいんだ。これはどう?」


ユキは俺の乳首を咥えて、甘噛みした。
気持ちよかったが、乳首で感じるなんて、男らしくない気が
して、もれそうになる声をこらえた。
噛まれた刺激で敏感になってしまった俺の乳首をユキは嬉しそうに責めている。
コイツ絶対Sだ・・・。
俺は唇を噛んであえぎ声をこらえながら、ユキが俺の乳首に飽きるのをまった。
マジで陵辱されてるみてぇ・・・。
ちょっと自分が情けなくなって、涙が出そうになった。


「乳首しかいじってないのに、おちんぽがすごいことになってるよ。」


完勃ち状態のちんぽは先走りをたらして、ユキのパンティを湿らせてしまっていた。


「あーあ、あたしのパンティ、ぐちょぐちょになっちゃった・・・。
コレ、お気に入りの勝負パンティだったのにな。」


ユキは俺から脱がせたパンティのニオイをかぎながら、がっかりした顔をしている。


「ごめん・・・そのなんていうか・・・。」


冷静に考えれば、先走りで汚れたくらい洗えばキレイに
なるはずだったが、俺は動揺していて、正気じゃなかった。


「言葉だけじゃなくて、誠意をみせてくれなくちゃ。はい、あーんして?」


意味がわからないまま、素直に口をあけると、自分の先走りで
汚れたパンティを口の中につめこまれた。


「うふ。陵辱プレイの間、お口からパンティ出しちゃダメだよ。
出したら、もっとひどい目にあわせちゃうから。」


ユキはにっこりとしているが、目が笑ってない。
口の中から鼻を抜けて、パンティのニオイがあがってくる。
息苦しくてつらい。
でも、これよりひどい目っていうのがこわくて、口からパンティを出せない。


「さっきセックスしたばっかりなのに、こんなにがちがちに勃起しちゃって、
マサルくんてば、女装好きの変態なんだからぁ♪」


ユキはじらすようにちろちろと俺のちんぽに舌をはわせている。
いつものフェラチオの10倍はていねいだ。


ちんぽを口の中に咥えこまれて、じゅっぽじゅっぽとしゃぶられるが、
根元をきつく指でつかまれていて射精できない。
射精の一歩手前の状態がありえないくらい続いて、
俺は拷問のような快楽にくぐもった悲鳴をあげた。


「ごめんね。そんなに苦しかった?」


ユキが俺の口からよだれでびちゃびちゃになったパンティを取り出してくれる。


「イきたいなら、『私を犯してください』っていって?」


ユキはにこにこしながら、信じられないことをさらりといってくれる。
でももうイきたくてたまらなかった俺は、屈辱と羞恥を耐えながら、


「私を・・・犯してください・・・。」


とささやいてしまった。


「そんなちっちゃな声じゃ、きこえないよぉ。」


ユキがディープキスしてきた。


よだれを口の中に流し込まれるようなねっとりとしたキスだった。
キスしながらも、ユキの手は俺のちんぽをしごいている。
俺はやけになって、


「私を犯してくださいっ!」


と叫んだ。


嬉しそうなユキは愛液でとろとろになったおまんこに、
俺のちんぽを咥え込み、騎乗位で腰を振りはじめた。
ヤバイくらい気持ちがいい。
気がついたら俺は、派手なあえぎ声を出してよがってしまっていた。
もちろん、女装陵辱プレイは一度では終わらず、俺は次第に普通の
セックスでは満足できなくなってしまった。
今の俺にとって、ユキに捨てられることが最大の恐怖になっている。

出会いの方法・攻略、、すべて暴露中♪

登録不要の直メサイト。何事もシンプルがベストでしょ?

コスプレ拘束プレイ

出会い系で出会ったトモヤとは、イメクラでしかできないような
拘束プレイを楽しんでいるの。


コスプレして、シチュエーションとシナリオを決めて、
セックスするんだけど、二人とも拘束プレイが好きだから、
いっつも燃えちゃう。

120.jpg



お姫様みたいなコスプレして拘束されると、それだけでもう
私のおまんこは濡れ濡れになって、興奮で体が熱くなるの。


SMプレイ用のラブホテルに入るのは恥ずかしいけど、
立ったまま、両手をあげた状態で拘束できるのって、
そういうところしかないし。


いろいろと大人のおもちゃも用意されてるから、トモヤとの
セックスのときはいつもSMプレイ用のラブホテルに行くことに
してるの。


私の手を拘束したトモヤも、すごく興奮してるみたいで、
顔が赤く上気してて、その顔をみてるだけで、ますます興奮しちゃう。


トモヤの会社の人は、トモヤが女の子を拘束して悦ぶ
趣味があるなんて知らないんだろうな。


私もよくいわれるけど、マジメでおとなしそうだもんね。
トモヤは細くて長い指で、私のあごをつかんだ。


至近距離でじっとみられた後、強引にディープキスされる。
唾液が混じり合っちゃうようなねっとりとしたキス。


私からは舌を動かさないけど、トモヤの舌が私の口中を
しつこく舐めていって、唾液が口の端からあふれてしまう。


激しいキスで息苦しくなって、唇がはなれたときに、
はあはあと呼吸が乱れてしまうのがいやらしかった。


「敵の手で拘束されて、いい格好だな。」


トモヤがにやにやしながら、打ち合わせ通りのセリフをいう。


キスでうっとりしてた私は、悔しそうな表情を作って、
トモヤを睨みつけた。


「男を誘ういやらしい体つきだ。」


トモヤの手がコスプレの衣装の上から、私の体をまさぐる。
感じてもあえぎ声を出しちゃいけないって思うと、
ますますあえぎ声が出てしまいそうになる。


ノーブラだから、勃起した乳首が薄い生地を盛り上げてしまって、
興奮しているのがバレバレで。


その乳首をきゅっとつままれて、思わずあえぎ声を
あげてしまった。


「あんっ!」


「感度がいいな。おまんこはどうだ?」


パンティをはいていないから、トモヤの手がカンタンに
おまんこのワレメをなぞってしまった。


トモヤは愛液がついた指を私の唇に押し付けた。


「淫乱なお姫様だ。拘束されて、こんなに愛液をたらして。」


拘束されたときから興奮して濡れていたから、私のおまんこは
恥ずかしいくらいぬるぬるになっている。

トモヤは私の口の中に指を入れて、


「愛液で汚れた指をきれいに舐めろ。」


私に命令した。


トモヤの細くてきれいな指に舌をはわせて、自分の愛液を舐めとる。


まるでフェラチオみたいで恥ずかしいのに、トモヤは私の口を
じっとみつめていて、なかなか許してくれない。


やっと口から指を抜かれたと思ったら、今度は
その指をおまんこに挿入された。


私のよだれで濡れているし、おまんこも愛液で濡れ濡れだから、
指はすんなり奥まで挿ってしまう。


「んっ・・・んぅ・・・。」


おまんこの中で指を動かされて、あえぎ声をがまんしきれない私の
表情を面白そうにトモヤが観察している。
膝の裏に手をかけて、ぐいっと持ち上げられてしまった。


指がおまんこの奥に当たって、すごく・・・気持ちいい・・・。


「や、やめてください・・・。」


イってしまいそうになって、私はあわてて決められたセリフをいった。
拘束されてムリヤリ犯されているのに、カンタンにイくわけにはいかない。


「そうか?おまんこは悦んでいるけどな。」


トモヤはあっさりと私のおまんこから指を抜いて、足も元通りに下ろしてくれた。
さっきよりも私の愛液で汚れた指を今度は自分の舌で舐めて、きれいにする。
みせつけるように自分の愛液を舐められて、切ない気持ちになった。


「淫乱なメスのいやらしい味がする。」


私を言葉責めしたトモヤは、私のおまんこに中くらいの太さの
バイブを挿入して、スイッチを入れた。


ラブホテルの壁が鏡ばりになっているから、私にも拘束されて
バイブを挿れられて感じている自分の姿がよくみえて、恥ずかしかった。


「クリトリスもかわいがってやるよ。」


胸もはだけられて、おっぱいをまるだしにされて、
クリトリスにローターを当てられた。


勃起し続けている乳首をちゅうっと吸われて、
イくのをがまんできない。


「ああっ・・・んっ・・・はあっ・・・。」


「勝手にイくなんて、ホントに淫乱だなあ。」


一度イっているのに、クリトリスにローターを当てられ
続けて、すごく苦しい。


さらに、バイブの根元をつかんで、ぐいぐいと出し入れされて、
もう感じすぎて、口からよだれがたれてしまう。


「ま、またイってしまいます・・・。」


「自分ばかり気持ちよくなるなよ。」


トモヤは私のおまんこからバイブを抜くと、
いきり勃ったちんぽを一気に奥まで挿入した。


バイブもローターも床に投げ捨てて、両手で
私の足をかかえて、ずんずんと突く。


「いやっ・・・イくっ・・・イっちゃうっ・・・。」


アタマの中が真っ白になるくらいの強烈な快感に、
私は涙をぼろぼろ零しながらイきまくる。


拘束している両手を解放される頃には、きっと感じすぎて、
また足腰が立たなくなっているんだろうな。


おまんこの中で一層硬く大きくなっているトモヤのちんぽを
感じながら、私はまたイってしまった。

AVナンバーワン・アイドルRio直伝!魔法のSEXテクニック
WS000000.jpg

カテゴリー

一度お試しあれ!!

まずはお試し無料から



最新記事

女性のためのお小遣い稼ぎ

マニアな出会い

リンク集

出会い
くる天 人気ブログランキング

アダルト検索風俗サーチのアダルトシーカーAdult Seeker
アダルト検索エンジン
アダルトサーチエンジン「X」エックス
アダルトギャラリー
ADULT◆最強伝説
アダルトショッパーズ
おちんちんからしナビ
「アダルト検索 アダステ」
  • seo

美少女動画

安心できる出会い

Rioちゃんor愛ちゃん?



体験談募集中です♪

当ブログにて引用させて
頂くことがあります。
引用しないでという方は
その旨を記載して下さい♪
{例} 
名前だけ変えて引用可です。
オナニーネタにして下さい(笑)
名前もすべて引用可です。

名前:
メール:
件名:
本文:

女性の方へ

出会い?動画?

エッチなサイト検索

女性のためのおもちゃ

おすすめ♪

RSSフィード

エロ動画サイト

ひざまくら

女性の方へ

素人チャット

Copyright © 出会い 体験
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。