FC2ブログ
当サイトは男性のエッチな体験談や女性のエッチな体験談を
紹介するブログです。
多くの性的描写を含んでいるアダルト18禁ブログです。
18歳未満は退出して下さいね♪


告白投稿は投稿フォームからお願いします。



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

野外露出好きの女・・・1

出会い系で出会ったユマは、野外露出で
フェラチオするのが大好きという変わった娘だった。

0008[1]



待ち合わせ場所でユマを車の助手席に乗せ、
人気のなさそうな郊外までドライブする。

普通の娘なら引くような山の中に来たところで、俺たちは車を降りた。


「じゃあ、フェラチオするね。」


やや幼い感じの顔をほころばせて、ユマは俺の足元にしゃがんだ。
俺は自分の車によりかかり、ジッパーをおろして、ちんぽを出した。
外気にふれたちんぽは普段ありえない状況に、縮こまってしまっている。


「うふふ。いただきまーす。」


かわいいサイズのちんぽをぱくりと口に含んだユマは、
もごもごと口の中でキャンディのようにちんぽをころがす。
口内と舌の刺激で、かわいかったちんぽはみるみる大きく成長し、
ユマの口いっぱいに膨らんだ。


「わあ、おっきいおちんぽだね。」


ユマはいたって無邪気にフェラチオしている。
俺は野外露出でフェラチオされるという初体験に、
いまさらながら興奮してきた。
人気がないとはいえ、いつ誰にみられるかもしれない
というスリルがぞくぞくと背筋を駆け抜ける。


ちゅぷちゅぷと嬉しそうに、ちんぽをしゃぶっているユマは、
そんなスリルがやみつきになって、普通のセックスでは満足
できなくなってしまったのだろう。


手でしごきながら、舌を絡ませているユマの動きにはためらいがなく、
たまにゆっくりになったり、早めになったりという緩急のつけ方も
手馴れたものだった。

よだれまみれになったちんぽを口から出されると、よだれが
外気で急に冷たくなって、寒く感じる。

そこをあたたかい口の中に含まれると、とろけそうな
気持ちよさを味わうことができる。

俺は野外露出フェラチオがやみつきになりそうな予感がした。
ちんぽを口に咥えて上下に動かしながら、両手でしごかれはじめると、
射精感が突き上げてきて、がまんできなくなった。


「もうイく・・・。」


ユマが口からちんぽを出さなかったので、口内射精してしまった。
どぴゅっとすごい勢いでユマのノドの奥に吐き出された精液は、
そのままごくりと飲み込まれ、しぼりだされるように、何度か口に
含んだままのちんぽに吸い付かれた後、ゆっくりと開放された。

あまりの快感に下半身に軽いしびれが走り、酸欠でふらふらした。


「私のフェラチオ、気持ちよかった?」


ユマは口を手の甲でぬぐいながら、得意げに俺をみている。


「もちろん。最高に気持ちのいいフェラチオだったよ。」


実際、今までフェラチオされた中で、ナンバーワンといっていい気持ちよさだった。


「ねえ、フェラチオしたら、ユマも濡れちゃった。」


ユマは俺に背を向けると、お辞儀するようにおしりを突き出し、
自分でパンティを下ろして、スカートをまくってみせた。

野外露出好きの女・・・2へ                  つづく


本当にあった完全無料で出会えるサイト へ

スポンサーサイト
[PR]

野外露出好きの女・・・2

「ほらね。おまんこがびちゃびちゃでしょ。」


さらに、自分でおまんこを広げて、奥のほうまでみせてくれる。
愛液でつやつやと光るおまんこは、とてもおいしそうだ。
俺はしゃがんでユマのおまんこに顔をよせると、べろべろと犬のように舐めた。


「あっ・・・ああ・・・。」


自分の太ももに手を置いてバランスをとっているユマは、
俺が舌をはわせるたびに、大きなあえぎ声をあげる。
前の方に手を回して、クリトリスをいじりながら、レロレロと
膣口付近を舐めまわすと、体をのけぞらせてよがった。


「ああん・・・すごく気持ちいい・・・おまんこいいの・・・。」


俺は一度ユマから離れて、俺の車のサイドの窓ガラスに両手をつかせて、
後ろからおまんこに指を入れた。

ずぶっずぶっとおまんこの奥に指を入れられるたびに、嬉しそうな声を
あげるユマはここが外だということなんて、もう頭にないのだろう。


クリトリスを左手の親指と人差し指でこちょこちょいじりながら、
二本にした指でおまんこをぐちゃぐちゃにかきまわしていると、
指をしめつけながら、ユマがイった。


「もうイっちゃうの・・・すっごくいいの・・・。」


びくびくとカラダを震わせた後、満足そうなため息をついた
ユマはうっとりと俺を見上げた。


「すごく気持ちよかった。次は、おちんぽをおまんこにちょうだい。」


俺はすっかり回復したちんぽをバックからユマに突き刺した。


「あん・・・あは・・・入ってくるよ・・・おちんぽ・・・大きい・・・。」


おまんこの奥までちんぽを入れ終わったとき、急に、車が通りかかった。
挿入に夢中になっていて、気がつかなかったらしい。
もう抜くわけにもいかず、なるべくユマに密着して、
車が通り過ぎるのを待つ。


「あ・・・みられてる・・・おまんこにおちんぽ
入れられてるの・・・みられてるよぉ・・・。」


ユマは嬉しそうにささやき、おまんこをぎゅうぎゅうとしめた。
人に見られて悦ぶ真性の露出狂だったらしい。
俺は車が通り過ぎるとほっとして、いそいそと腰を動かし始めた。


「ああっ・・・あん・・・おちんぽいい・・・硬い・・・。」


うねりながらまとわりついてくるユマのおまんこの気持ちよさと、
野外露出セックスだという興奮で、俺は記録的な速さで射精してしまった。
俺がユマのおまんこの最奥に精子を吐き出すのと同時に、
ユマもカラダをびくびくさせてイってくれたので、何とか
満足させられたが、いろんな意味でハラハラしたはじめての
野外露出セックスだった。

野外露出好きの女・・・1へ

出会いまでの道のりを知りたい方はこちら



ビキニ美人と海水浴・・・1

出会い系で出会ったミカが新しい水着を
着たいというので、海水浴に行った。

1076552315491o.jpg


ビキニの水着は露出度が高く、男たちがじっと
凝視しては、うらやましそうな目で俺をみる。

ミカは顔もかわいいが、おっぱいも大きく、
おしりもぷりんぷりんだ。


やせすぎてモデルみたいにガリガリっていうのよりも、
ミカみたいにぽちゃぽちゃと抱き心地がいい方が男好きする。
にしても、今日のビキニはちょっとした衝撃でぽろんと
おっぱいが飛び出てしまいそうなグラビアミカドル並みの小ささだ。


もちろん、ハイレグのかろうじておまんこを覆っている下の
ささやかな三角の布地も、M字開脚したら、大事なおまんこが
みえてしまいそうだ。

まずは、熱い砂にビニールシートを敷いて、
ミカのカラダにサンオイルを塗る。

ビキニのひもをほどいた背中にたっぷりとサンオイルを
たらし、ぐちゅぐちゅと両手で広げる。


「あはは・・・くすぐったいよぉ・・・。」


ミカの二の腕や脚まで、念入りに塗りたくり、
他の男が寄ってこないように、すぐ側で見張る。


実際、ビキニをおっぱいの下にしいた色っぽい姿に
うっとりとみとれながら通りかかる男たちは、明らかに
連れである俺の姿をみると、悔しそうに舌打ちしながら去っていく。
俺もだんだん、ムラムラと股間がゆるく勃起しはじめるのを感じた。


「なあ、どうせなら、全身、ムラなく焼きたいだろ?」


ミカの耳元でぼそぼそとささやくと、ミカは素直に、


「うん。水着の跡をつけないで焼きたい。」


と頷いた。

俺はミカのビキニのひもを結ぶと、二人で手を
つないで人気のない方へと歩いていった。

ずいぶん歩いたところの岩場のかげが死角になっているのを
発見すると、そこにビニールシートを敷いて、ハダカになった
ミカにサンオイルを塗る。


今度は周囲に遠慮がないので、背中からおっぱいに手を
すべらせたり、おしりをなでまわしたり、えっちないたずらを
たくさんしてやった。


「あんまりいやらしい水着を着てくるから、さっきから
ちんぽが大きくなっちゃって大変だよ。」

ビキニ美人と海水浴・・・2へ          つづく


ここは出会える登録必須の出会い系サイトランキング


ビキニ美人と海水浴・・・2

俺は海パンから、勃起したちんぽを出してみせた。

ミカはうつぶせに寝そべったまま、手を伸ばして、
俺のちんぽにさわってくれる。

潮風と太陽が気持ちいい海辺で性器を露出するのは、
思った以上に爽快だった。
しゅっしゅっとちんぽをしごかれると、甘い快感がじわっと広がっていく。


「ねえ、前屈するときみたいに、脚を大きく開いて、顔の前に座ってよ。」


俺は海パンを脱いで全裸になり、ミカにいわれたとおりに、
大きく脚を開いて、ミカの目の前に座った。
ミカはカラダを焼きながら、俺のちんぽをぴちゃぴちゃとしゃぶってくれる。
両手でちんぽをなでまわしながら、口でしごかれると、すぐに射精してしまいそうだ。
ちんぽがかちかちになって、どくどくと脈打つと、ミカは口をはなして、
手だけでまったりとちんぽをしごいた。


口での強烈な刺激がなくなった分、急激に上昇していた射精感は
収まってきたが、手のゆるやかな刺激で、ほどよい気持ちよさは持続している。

野外露出フェラチオに夢中になっている俺の顔を面白そうに
みつめているミカは、思い出したようにちんぽをちゅぷっと
口に含んだり、二、三回口でしごいたり、じらすような
刺激しか与えてくれない。
俺はだんだんじれてきて、


「ちゃんとフェラチオして、もうイかせてくれよ。」


とねだった。


「じゃあ、本気でフェラチオしちゃうよ。射精したく
なっても、止めてあげないからね。」


ミカはじゅぶっとちんぽを勢いよく咥えると、奥までずぶっと飲み込んだ。
れろれろと舌をスクリューのように絡ませて、ゆっくりと口から出す。
それに、手の動きが添えられると、射精のことしか考えられなくなる
くらい気持ちがいい。


「あ・・・もう出そう・・・。」


ちんぽを口の奥まで咥えて小刻みにしごいてくれるミカの好意に
甘えて、そのまま口内射精した。
あたたかい口の中に、精子を発射すると、そのまま飲んでくれるのが嬉しい。


「なんか・・・濃いね・・・。」


精子とよだれまみれのちんぽをティッシュで拭いたり、冷たいお茶で
一息入れて休んだ後、ミカを立ち上がらせて、おっぱい側にもサンオイルを
塗りたくった。
おっぱいをもみもみして、すりこむようにオイルをなじませる。

ウエスト、おなか、太もも、足首から足の甲まで塗って、バスタオルで手をぬぐう。
全身サンオイルでテカテカになったミカは、なんだかいやらしさ三割増しという感じだ。
俺は太陽に向かってミカを立たせたまま、広めに開いた足元にひざまずいて、
指でおまんこのワレメをなぞった。


野外露出フェラチオで興奮したのか、全裸で野外にいるスリルが影響を
与えたのか、おまんこは愛液があふれだしていて、すぐにもちんぽが入りそうだ。
俺はワレメをなぞっていた指をちょっとずつおまんこの奥に侵入させていき、
根元まで入れて、指先をぐるぐると回した。


「は・・・あ・・・。」


ミカは俺の頭に両手でつかまりながら、感じている。


「滑ると危ないからさ、よつんばいになりなよ。」


普段なら獣のようで屈辱的なよつんばいを嫌うミカも、素直に岩場に
ヒザと手をついて、犬のような姿になる。
俺はぎんぎんにたち上がったちんぽの根元を手で支え、
おしりをつかんで、一気におまんこに入れていった。


「あん・・・あっ・・・太くて硬いちんぽが・・・おまんこに入ってくる・・・。」


ミカはカラダをのけぞらせて、ちんぽがまんこに入る衝撃を受け入れる。
俺が腰をミカのおしりにうちつけると、波の音に混じって、ぱんぱんと
いうセックス独特の音が辺りに響いて、野性的な感じがした。
野外露出セックスは開放感と自由な感じがとても気持ちよく、
ミカのおまんこの奥に射精して、岩場に流れ出る白い精液をみながら、
また夏が終わる前に来ようと思った。

ビキニ美人と海水浴・・・1へ

こんなエロな女に会いたいなら、ここで出会い系攻略。。

清楚な彼女と・・・

出会い系で出会ったマナは、正真正銘の変態女だった。
ルックスは清楚な感じで、かわいらしいのに、
野外露出が大好きなのだ。
セックスはしたいが、野外露出は危険性も高い。


俺はネットで調べた穴場の混浴温泉に、マナを連れて行った。
髪が濡れないようにアップにまとめて、白いバスタオルを
巻いたマナはとても色っぽくて、野外露出好きの変態だとはとても思えない。
岩風呂の露天風呂には誰もいなくて、貸切状態だった。


バスタオルを岩風呂のふちにのせ、輝くような白い肌を
お湯に沈めたマナは頬がほんのり桜色に染まって、美しい。
俺は誰も入ってこないうちに、マナのおまんことアナルに
防水バイブを押し込んだ。
後ろから、くりくりと乳首をいじりながら、バイブの動きに
カラダをよじらせているマナの耳にささやく。


「もうすぐ他のお客さんが来て、マナのこのいやらしい姿をみてくれるよ。」


マナはぞくぞくとカラダを震わせ、目をうるませた。
ガラっと戸が開く音がして、若い男性が二人、露天風呂に入ってきた。
にぎやかに話しながら、通路を歩いてきた二人は、俺とマナに
気がついて、はっとなった。


「すみません・・・ご一緒してもいいですか?」


「かまいませんよ。」


俺がにこやかに答えると、ガタイのいい男性たちはお湯に
浸かって、ちらちらとマナの方をうかがった。
マナは両手でおっぱいを隠している。


にごり湯なので、おまんことアナルに入れられたバイブは
見えないが、お湯からあがることもできない。


「ご旅行ですか?」


色黒のマッチョな男がマナに話しかけた。


「そうなんですよ。」


バイブのうねりを我慢していて、声の出せないマナに
変わって、俺が答える。


「カップルで温泉なんてうらやましいなあ。」


色白のマッチョな男が俺をうらやましそうに見る。
温泉がというよりも、マナとセックスできるのが
うらやましいのだろう。


「彼女がこういうの、好きなんで、付き合わされているんです。」


といいながら、隠し持ったバイブのスイッチを強にする。
びくんと飛び上がったマナは、必死で声を抑えている。


「どうしました?大丈夫ですか?」


色黒の男は、マナに近づいて、心配そうに声をかける。
こくこくとうなずきながら、マナはあとずさった。
近づくのを止めた男は、マナの様子をうかがっている。
俺は後ろからマナに近づき、アナルのバイブを出し入れした。


「のぼせちゃったのかな?もうあがるかい?」


「く・・・だい・・・じょうぶ・・・。」


色白の男がおせっかいをやく。


「顔が真っ赤だ。湯あたりしないうちに、一度、あがった方がいいですよ。」


ふらふらしているマナを俺は後ろから支えて、立ち上がらせた。
二人の男の目の前に、バイブをくわえ込んだおまんこがさらけ出される。
おっぱいはなんとか両手でかくしているが、それも逆に、いやらしい感じだ。
男たちはマナのおまんこに釘付けになり、ごくりと生唾を飲み込んだ。
ぐいんぐいんとバイブがうねり、マナは羞恥と喜びで頬を染めた。


「この子は野外露出が大好きなんです。すぐに連れて行きますから。」


俺がマナを連れて行こうとすると、二人の男は引き止めた。


「せ、せっかくですから、もう少しみせてくださいよ。
僕たちは何もしませんから。」


「そうですよ。あなたの許可なしには、彼女にはふれませんから。」


俺は内心、ニヤリとほくそえんだ。


「マナ、親切な方たちでよかったね。たっぷり、
マナのいやらしいところ、みてもらおうね。」

マナがおっぱいをおおっていた手をよけさせると、すっかり
大きくなった乳首とボリュームのあるおっぱいがあらわれた。


「マナちゃんのおっぱい、すごいね。」


色黒の男がうっとりとマナのおっぱいをみつめる。


「乳首をこんなに大きくして、いやらしい子だね。」


俺は耳元でささやきながら、乳首を指でぐりぐりといじった。


「あっ・・・。」


マナは悦びの声をもらす。
さらに、おまんこに咥えこまれたバイブをぐちゅぐちゅと出し入れした。


「ああ・・・あん・・・。」


俺にもたれて、感じまくっているマナの姿はいやらしく、
俺はその場の空気がはりつめるのを感じた。


「すみません。ちょっと立っていただけますか?」


俺が色黒の男に頼むと、彼は素直に立ち上がった。
反り返ってお腹についたちんぽは、凶暴に勃起している。


「ほら、マナのいやらしい姿をみて、ちんぽを大きくして
くださったよ。お礼にフェラチオしなさい。」


俺はマナを色黒の男のところへ連れて行くと、男の前にしゃがませた。
マナはどす黒いちんぽを口の中に咥えこみ、じゅぶじゅぶとしゃぶりはじめた。


「ああ・・・マナちゃん、すごく気持ちがいいよ・・・。」


色黒の男はマナの頭に手をおいて、マナがフェラチオ
している姿を凝視している。


「あなたもいかがですか?」


色白の男に声をかけると、男はいそいそと、色黒の男の隣に並んだ。
すっかり勃起したちんぽは白っぽく、細長い感じだ。


マナは二本のちんぽを交代でしゃぶりながら、手でしごいている。
男たちはあえぎ声をもらしながら、マナをみつめている。
俺はマナのおまんこからバイブを抜き、ちんぽを入れた。


「んん・・・ああ・・・。」


ゆっくりとおまんこに入れられていくちんぽを受け入れながら、
見知らぬ男のちんぽをしゃぶっているマナはくぐもったあえぎ声を
あげ、腰をゆらしている。
やがて、男たちがマナの顔に顔射し、マナのかわいい顔を
精液まみれにすると、マナの膣の中は悦びできゅっとしまり、
俺もマナの中に精液を吐き出した。

カテゴリー

一度お試しあれ!!

まずはお試し無料から



最新記事

女性のためのお小遣い稼ぎ

マニアな出会い

リンク集

出会い
くる天 人気ブログランキング

アダルト検索風俗サーチのアダルトシーカーAdult Seeker
アダルト検索エンジン
アダルトサーチエンジン「X」エックス
アダルトギャラリー
ADULT◆最強伝説
アダルトショッパーズ
おちんちんからしナビ
「アダルト検索 アダステ」
  • seo

美少女動画

安心できる出会い

Rioちゃんor愛ちゃん?



体験談募集中です♪

当ブログにて引用させて
頂くことがあります。
引用しないでという方は
その旨を記載して下さい♪
{例} 
名前だけ変えて引用可です。
オナニーネタにして下さい(笑)
名前もすべて引用可です。

名前:
メール:
件名:
本文:

女性の方へ

出会い?動画?

エッチなサイト検索

女性のためのおもちゃ

おすすめ♪

RSSフィード

エロ動画サイト

ひざまくら

女性の方へ

素人チャット

Copyright © 出会い 体験
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。