FC2ブログ
当サイトは男性のエッチな体験談や女性のエッチな体験談を
紹介するブログです。
多くの性的描写を含んでいるアダルト18禁ブログです。
18歳未満は退出して下さいね♪


告白投稿は投稿フォームからお願いします。



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セフレ強制オナニー・・・1

出会い系で出会ったマリとは、彼女とはできないような
セックスをいつも楽しんでいる。
お互いセフレだと変に気をつかわず、自分の欲望や
嗜好に素直になれるのだ。
今日はマリにオナニーを強制してみた。

o20020713041154.jpg



恥ずかしがるマリにローターとバイブを渡し、ベットに座って、
壁によっかかっているマリをいすに座って眺める。


「いつもひとりえっちのときは、おもちゃを使わないんだけど。」


ハダカでベットに座っているマリは、何度も咥え込んだことのある
バイブを恥ずかしそうにみている。


「じゃ、いつもやる感じでオナニーしてみせてよ。
よくみえるように足は大きく開いてね。」


マリはしぶしぶ両足を大きく開いて、俺におまんこがよくみえるようにした。
右手の人差し指で、クリトリスを小刻みにさわりはじめる。

俺をみないようにするためか、自分の世界に入るためか、
目を堅く閉じて、小さく声をもらしながら、クリトリスをいじり続ける。


「ん・・・ん・・・んっ・・・。」


おまんこからは多少愛液があふれてきたみたいだが、非常に地味だ。


「はあ・・・もうイっちゃったよ。」


ため息をついて、目を開けて俺をみたマリは、もういいでしょ
という表情をしている。


「今度はバイブとローター使って、オナニーしてよ。
俺がみててムラっときたら、ちんぽをつっこむからさ。」


マリはしぶしぶバイブをとりあげ、愛液で潤っている
おまんこにバイブを入れ始めた。


「んん・・・あ・・・く・・・。」


少しずつ少しずつ奥へとバイブをすすめて、根元まで入れると、
マリは自分でバイブのスイッチを入れた。


「ああん・・・んん・・・あっ・・・。」


強になってしまったバイブはぐねんぐねんと大きくおまんこの中で
うねり、強烈すぎる快感を与えたようだ。


「は・・・はあ・・・。」


マリはバイブのスイッチを中にして、ローターに手を伸ばした。
スイッチを入れた状態で、振動するローターをクリトリスにあてがう。


「ああ・・・あん・・・気持ちいい・・・。」


おまんこからはさっきのオナニーとは比較にならないくらい
愛液が流れていて、マリの表情もかなりいやらしいものになっている。


「んん・・・イきそう・・・。」


目をつぶってうっとりとしているマリは、二度目の小さな絶頂を迎えたようだ。
満足そうにため息をついているマリに近づき、咥え込んでいる
バイブの根元をつかんで、ぐりぐりとまわす。


「あっ・・・だめぇ・・・ああっ。」


セフレ強制オナニー・・・2へ            つづく



出会いまでの道のりを知りたい方はこちら


出会い系で出会うためのワンポイントアドバイス

ここは出会える登録必須の出会い系サイトランキング
スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

セフレ強制オナニー・・・2

眉をよせて、切なげな嬌声をあげるマリは、かなりエロくて、いい感じだ。

俺は勃起したちんぽを取り出して、マリの顔の前に立った。
どす黒く、グロテスクなちんぽをマリの顔に近づけると、いつも興奮する。


「ほら、しゃぶれよ。そろそろちんぽ、入れてほしいだろ。」


マリは素直にフェラチオをはじめる。
俺はローターやバイブのスイッチをいたずらして、
強や弱にして、マリの反応を楽しむ。
唇を限界まで大きく開いて、俺のちんぽをしゃぶり、のどの奥まで
咥え込むマリのフェラチオは、付き合っている彼女が義務的にイヤイヤ
やってくれるフェラチオとは雲泥の差がある。
嬉しそうにちんぽをしゃぶっているマリは、フェラチオもセックスも
大好きなようで、カラダの相性のいい俺たちはもうずいぶん長い間、
お互いのカラダをむさぼってきた。


「もういいぞ。」


マリの手と口が名残惜しげに離れていく。
よだれで光っている俺のちんぽをバイブを引き抜いたマリの
おまんこに力強く、ぶちこむ。
愛液があふれまくっているマリのおまんこはみるみる俺のちんぽを
咥え込み、マリの口からも満足そうなあえぎ声があがった。


「ああ・・・すごい・・・大きい・・・。」


奥まで入ったちんぽは何度ヤっても、狭くて熱いマリの
おまんこの気持ちよさを味わっている。
おまんこがぴくっとたまにケイレンするのも、ほどよい刺激だ。


「奥に当たって気持ちいいの・・・ちんぽ気持ちいい・・・。」


いやらしいことを露骨に口に出すように教育したかいがあって、
マリはかわいい顔に似合わないようなはしたないことを
恥ずかしがりながら、俺に伝える。


「おまんこがひくついてるぞ。」


「だってぇ、ちんぽが大きくて硬くて気持ちいいから・・・。」


はしたないことをいわせるとマリが興奮して、膣がよくしまるという
効果もあって、俺はいつも言葉責めしたり、淫語を強制する。


「ねえ、もうちんぽ動かして・・・マリのおまんこ、ぐちゅぐちゅにしてぇ・・・。」


かわいい声でねだられると俺の腰は勝手に動き出す。
ずんずんと腰を打ち付けるたびに、マリは猫のような声をあげる。


「あん・・・あはん・・・ああっ。」


マリのあえぎ声は、感じ出すと、だんだん、すすり泣くような声に
変わっていき、ひっきりなしに続くようになる。


「や・・・もうイく・・・。」


びくんとカラダをのけぞらせて、目をぎゅっと閉じているマリは
オナニーで迎えた絶頂感の数倍の快感に堪えている。
俺のちんぽは喰いちぎられそうなくらいにしめつけられ、
やがてゆっくりと開放される。

一度、絶頂を迎えた後のマリは、確変になったように、すぐにイくようになる。
俺が自分勝手にちんぽを動かしている間、何度も大小の絶頂を
迎えたマリは、俺が精子を吐き出して、ちんぽをおまんこから
抜き出す頃には、ぐったりとして、おまんこから流れ出る白い精子を
ぬぐうこともできないくらいに疲れきっているのだった。


セフレ強制オナニー・・・1へ


出会いまでの道のりを知りたい方はこちら


出会い系で出会うためのワンポイントアドバイス

ここは出会える登録必須の出会い系サイトランキング




制服痴漢プレイ電車風・・・1

出会いの穴場はここ・・・

出会い系で出会ったアミとは、制服痴漢プレイを楽しむ仲だ。
ラブホテルも電車風の内装になっているところを選び、
電車の音のBGMを流しながら、本格的に楽しむ。

1076259225621o.jpg



俺は痴漢役なので、いつも普段着なのだが、アミは
かわいらしい制服を何着も持っていて、部屋について
から着替えることにしている。


以前は、自宅から制服姿だったのだが、ある学園の制服姿が
自然すぎたために、補導されてしまいそうになったことがあったのだ。

補導員は俺のことを未成年をたぶらかす犯罪者という目で
にらんでいたが、アミが免許証をみせると、ちょっと
うらやましそうな顔で去っていった。


とにかく、アミはどんな制服もよく似合う美少女と
いっていいルックスなのだ。

実際は、美少女と呼べるような年齢ではないが、
見た目が美少女なら、むしろリスクが少なくていい。

そんなアミに思うがままに痴漢できるのは、この上もない喜びだ。
実際、リアルに痴漢をすれば犯罪だし、嫌がられているのを
無理にわいせつ行為をして、相手の女性に迷惑をかけるのも心苦しい。

痴漢プレイだと周囲にバレるんじゃないかというスリルはないが、
その分、現実ではありえないようなハードなエロが楽しめる。

今日のアミはベージュのベストに白いブラウス、赤いタイ、
紺色のプリーツスカートに、ハイソックスという制服姿だ。

毎回の定番として、ブラジャーは白のフロントホック、パンティは
白の清楚なものと決めてある。

アミは右手でつり革につかまり、左手に学生かばんを下げている。
俺は後ろからぴったりとアミに密着するように立つ。
アミはもぞもぞとカラダを動かして、俺から離れようとするが、
がっちりとマークして逃がさない。
ヒザの後ろあたりから、するると右手をすべらせて、
スカートの中に手をもぐらせる。

パンティの上から、おしりをなで回し、左手をベストの中につっこむ。
胸のあたりから順に、ブラウスのボタンをはずしていき、
フロントホックのブラジャーをはずす。
ベストの中で開放されたおっぱいを直にさわりまくり、
すべすべの肌とやわらかい手触りを楽しむ。


乳首を指でいじくって勃起させてみたり、ぎゅっと強めにつまんでみたり。


「や、やめてください・・・。いや・・・。」


アミは小さな声でささやいているが、抵抗はしない。
おしりをなで回していた右手は、しりたぶをもみもみしていたが・・・


制服痴漢プレイ電車風・・・2へ        つづく


こんなエロな女に会いたいなら、ここで出会い系攻略。。


制服痴漢プレイ電車風・・・2

するりと前の方にまわり、うちももをなで回し始めた。
じわりと脚の付け根の方にいってはまた戻り、またじわりと
脚の付け根の方までなで回す。

おっぱいの方もやわやわとやわらかく手のひらでおおうようにして、
直接的な刺激は加えない。
じれったくなるくらいじらした後で、パンティの上から強めに
ワレメをなぞってみた。

しっとりと湿っているパンティはアミの愛液が染みていて、
アミが実はかなり感じていることを証明している。
パンティの脇から指を差し入れて、直接、おまんこにさわってみると、
おまんこは愛液があふれて、びちゃびちゃになっていた。


おっぱいをもむ手にも、自然に力がこもり、強くわしづかんだり、
乳首に指をこすり合わせたりして、強い刺激を与え続ける。

指がクリトリスにふれると、待ちわびていたらしいアミは
びくんとカラダを震わせた。
おまんこのワレメで指を曲げたり伸ばしたりするだけで、
ちゅくちゅくと愛液がまとわりついてくる。


「ん・・・く・・・。」


痴漢にあっているのに、感じるわけにはいかないアミは、
あえぎ声を必死で我慢している。
愛液が指に十分な湿り気を与えたところで、ずぶっとおまんこに指を突っ込む。


「あっ・・・。」


思わず声を漏らしたアミは、おまんこをしめつけて、指の侵入に
抵抗しようとするが、じりじりと指を入れられて、おまんこの
奥の方で指先だけ動かされると力が入らないようになってきた。


指を出し入れするのには、パンティがジャマなので、おっぱいを
いたずらしていた手を一度離して、パンティをヒザまでずり下げた。


まあ、実際の痴漢ではこんなことはできないだろうが、
そこは痴漢プレイなので、快楽を優先する。
パンティのジャマがなくなったところで、指をずぼずぼと
出し入れして、ちんぽを入れるための下地を作る。


「お姉ちゃん、ずいぶん、濡れてるねえ。」


アミの耳元でいやらしくささやくと、


「いや・・・もうやめて・・・お願い・・・。」


といいながら、カラダを硬くする。


「カラダはもっとっていってるよ?ほら、きゅうきゅうおまんこが指に吸い付いてる。」


愛液をあふれさせながら、指に吸い付いてくるおまんこは、
早くちんぽを入れたい気持ちにさせる。


「乳首だって、びんびんにおっ立ってるし。」


乳首をちょっと痛いくらいに、指でつまむ。


「あっ。もう許して・・・。」


俺は一度、アミから離れ、すべてのいたずらを止めた。
アミはパンティをヒザまで下ろされ、太ももに愛液を
たらした状態でつり革にしがみついている。


「は・・・や、やめちゃいやぁ・・・。」


アミが我慢できなくなって、俺を振り向いたところで、
取り出したちんぽをぐぶぐぶとおまんこに入れた。
放置されて、刺激に飢えていたおまんこは、俺が乱暴に
押し入れるちんぽを貪欲に飲み込んでいく。


奥まで入れたところで、アミのおっぱいを両手で後ろから
わしづかみにして、ぱんぱんと腰を打ちつけた。


「や・・・いい・・・うう・・・はぁ・・・。」


自分も腰を動かして楽しんでいるアミはもう痴漢されている
美少女ではなく、ただの淫乱娘だ。


「イっちゃう・・・もうイくの・・・。」


アミがカラダをのけぞらせてイくのと同時に、熱くてこってりと
した精液をアミのおまんこの中に吐き出した。
愛液と混じりあった白い精子はアミの太ももを伝い、
ハイソックスへと流れたのだった。
俺の制服好きはアミのおかげで、さらに重度になってしまったのだった。


制服痴漢プレイ電車風・・・1へ



こんなエロな女に会いたいなら、ここで出会い系攻略。。


フェラ下手の巨乳

はじめてできた彼氏に、

「オマエ、フェラチオ下手すぎ。」

っていわれたのが、私のトラウマ。

フェラチオなんて、知識としてすらなかったウブな私が
上手にフェラチオできるはずない。
それどころか、はじめてみる勃起したちんぽに
恐怖すら感じていた。


黒ずんで気持ち悪い色をしたグロテスクな形の
ヘンなニオイのするちんぽ。
さわるだけでもためらわれるちんぽを
口に入れるなんて・・・。


吐き気をこらえつつ、必死で口の中のちんぽが
それ以上入ってこないように舌でガードしたのを覚えている。


抵抗しているうちに、何度かサオに歯が当たって
しまったらしく、彼は舌打ちしながら、私の口から
やっとちんぽを抜いてくれた。


口内を犯されたように感じて、涙ぐんでいた私に、
彼は吐き捨てるようにいった。


「オマエ、フェラチオ下手すぎ。カマトトぶってんなよ。」


小さな頃から大人っぽいっていわれていたし、おっぱいも
巨乳っていわれてしまうくらい大きかったから、彼は私が
処女で性的な知識も乏しいなんて思ってもみなかったんだろう。


私は泣きながら、その場から逃げ出し、
ひりひりするくらいハミガキをした。


あんな男に処女をあげなくてよかったと思いつつも、
フェラチオが下手だなんていわれないようになってやると
ヘンな復讐心がこみあげてきて、私はフェラチオについて勉強し始めた。


フェラチオやセックスについて知れば知るほど、
私がフェラチオ下手ってよりも、彼がセックス下手
だっただけなんじゃ・・・って呆れた。


そう思うと、早くセックスを経験してみたい気持ちになり、
レディスコミックの広告に載っていた出会い系で、
初体験にふさわしい男を物色してしまった。


思い切って、気になる書き込みにメールを送ったら、
すぐに返事が返ってきて、気がついたら待ち合わせしてた。


「離れたところからみて、ムリって思ったら、ブッチしていいから。」


っていわれたから、会いやすかったっていうのもあるし、
自分にわりと自信のある人なのかなって思った。
私の想像通り、遠目からみたタダシはなかなかのイケメンだった。
おそるおそる近づいてみたら、人懐っこそうな笑顔で、


「ミコちゃん?きてくれてありがとう。」


と握手を求めてきた。


思わず握ってしまった手が大きくてあったかくて、
完全にタダシのペースにハマってしまって、


「イヤになったら、いつでもやめるから、ラブホテル行こう。」


って誘われて、思わず頷いてた。


散らかった元彼の部屋とは比べられないような、
ラブホテルのキレイでオシャレな部屋・・・。
薄暗い照明がなんかいやらしくて、どきどきがさらに増した。
緊張しながら服を脱いで、ブラジャーとパンティだけの
下着姿になったら、先に服を脱ぎ終わったタダシが抱きしめてくれた。


汗とタバコのニオイが混じった男くさいタダシの香りに包まれ、
やさしく髪をなでられて、がちがちにこわばっていた私の体から力が抜けていった。


「なるべくやさしくするから、痛かったらすぐにいってね。」


私がこくんと頷くと、ブラジャーのホックをはずされて、
ベットにゆっくりと押し倒された。


「ミコちゃんのおっぱいは巨乳なのに、美乳だね。
こんなきれいなおっぱいはじめてみたよ。」


両手で覆うようにおっぱいに手を添えて、勃起した乳首を
舌で転がしながら、タダシがほめてくれた。
今まで、でかぱい、乳でか、巨乳とからかわれたことはあっても、
ほめられたことはなかったから嬉しかった。


「肌もすべすべだね・・・。真っ白でシミひとつなくて。」


タダシの手がゆっくりとパンティをおろした。

元彼にもみせたことがなかった私のおまんこが
おかしくないか不安で、太ももに力が入る。


「おまんこもとってもきれいだ。すごくおいしそうな色してる。」


タダシにクンニされて、私はあられもない声を
あげてよがってしまった。
やわらかくてにゅるっとした舌がおまんこを
舐めまわすと、たまらなく気持ちがいい。
特にクリトリスと小陰唇の周りを舐められるのが最高だった。
一度、イかされた後、私は自分ばかり愛撫されていることに気がついて、


「あの・・・その・・・私もフェラチオしようか?」


ってきいてみた。


何度か勃起したタダシのちんぽが私の体にふれていたし、
気持ちよくしてもらった分、私もタダシを気持ちよくしてあげたかった。


「うーん。このまま、ミコちゃんの処女をもらえるなら、
フェラチオはまた今度の方がいいかな。こんなかわいいお口で
フェラチオされたら、なんかすぐ射精しちゃいそうだし。」


じっと顔をみつめられて、ゆっくりと唇が合わさった。

キスははじめてじゃないのに、キスってこんなに
気持ちいいんだ・・・って、うっとりしてしまった。


「どうする?今日はフェラチオで出してくれる?」


勉強したフェラチオの知識も試してみたかったけど、
それより体の疼きをどうにかしてほしくて、私はタダシの
ぬるぬるしているちんぽに手を伸ばした。
熱いし、とても硬くて大きい。
こんなのがホントに私のおまんこの中に入るのかな?


コンドームをつけたタダシのちんぽは、
じりじりと少しずつおまんこに入ってきた。
ぴりぴりする痛みはあったけど、それもすぐに
快感に変わって、私はタダシに体にしがみついた。


「ああ・・・ミコちゃんのおまんこ、すごく気持ちいいよ。」


タダシが私の耳元でささやくたびに、私のおまんこは
勝手にタダシのちんぽをしめつける。
私は処女だったくせに二回もイってしまって、
帰り道、足ががくがく震えて歩きづらかった。
はじめてのセックスもフェラチオも、
上手な人としないと痛い目に遭うのね。

勝負の決め手は直アド交換☆しかも無料だから怖いものナシ

カテゴリー

一度お試しあれ!!

まずはお試し無料から



最新記事

女性のためのお小遣い稼ぎ

マニアな出会い

リンク集

出会い
くる天 人気ブログランキング

アダルト検索風俗サーチのアダルトシーカーAdult Seeker
アダルト検索エンジン
アダルトサーチエンジン「X」エックス
アダルトギャラリー
ADULT◆最強伝説
アダルトショッパーズ
おちんちんからしナビ
「アダルト検索 アダステ」
  • seo

美少女動画

安心できる出会い

Rioちゃんor愛ちゃん?



体験談募集中です♪

当ブログにて引用させて
頂くことがあります。
引用しないでという方は
その旨を記載して下さい♪
{例} 
名前だけ変えて引用可です。
オナニーネタにして下さい(笑)
名前もすべて引用可です。

名前:
メール:
件名:
本文:

女性の方へ

出会い?動画?

エッチなサイト検索

女性のためのおもちゃ

おすすめ♪

RSSフィード

エロ動画サイト

ひざまくら

女性の方へ

素人チャット

Copyright © 出会い 体験
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。