FC2ブログ
当サイトは男性のエッチな体験談や女性のエッチな体験談を
紹介するブログです。
多くの性的描写を含んでいるアダルト18禁ブログです。
18歳未満は退出して下さいね♪


告白投稿は投稿フォームからお願いします。



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

穴兄弟にしてくれました・・・1

本当に出会えるの??ってあなたは
まずはこちらを見て下さいね。。

出会い系の経験をもとに攻略法や注意点を暴露しています。。


どうしたら会える??なぜ会えないの??



出会い系で出会ったサナエは、俺と親友のタケシを
穴兄弟にしてくれたセフレだ。
何度か会って、至ってノーマルなセックスした後で、
サナエは強姦プレイで3Pしたいといいだした。
俺は親友のタケシを誘って、三人でラブホに行った。


タケシは初めて会うサナエのかわいさとエロい体に
興奮を隠せないようだったが、


「サナエはフェラチオうまいから、ちんぽしゃぶってもらえよ。」


と声をかけると、いそいそと服を全部脱ぎだした。


「いきなり、全部脱ぐのかよ!」


とつっこみながらも、おなかにつきそうに勃起したタケシの
ちんぽをみると、俺も興奮してきた。
二人でサナエの服を全部脱がせてから、フェラチオさせようと
すると、久々にみるらしい女のハダカにタケシがテンパって、
サナエに抱きついた。


「すげぇ・・・やわらけぇ~・・・おっぱいでっけぇ・・・。」


しっかりと抱きついたまま、おっぱいやおしりをもんで喜んでいるタケシは子供みたいだ。


「そんなに喜んでもらえると嬉しいけど・・・、そろそろ、おちんぽしゃぶらせて?」


サナエが色っぽい声でささやくと、タケシはこくこくと
すごい勢いで首を振った。
仁王立ちしているタケシのちんぽの前にひざまずいた
サナエが、そっとちんぽを口に含む。


「ああっ・・・気持ちいい・・・。」


タケシは呆けたような表情で、サナエに咥えられている
自分のちんぽをみつめている。
俺はサナエのおしりを持ち上げて、左右に開き、
おまんこを舌で舐めはじめた。
すぐに太ももを濡らすくらいの大量の愛液があふれ出し、
ちんぽをしゃぶっているサナエの口から甘い声がもれる。


「ふ・・・あふ・・・ん・・・。」


サナエのくぐもったあえぎ声に、タケシのせっぱつまったような
声が混じりあい、いやらしいハーモニーを奏でている。
俺はローションを取り出して、サナエのアナルにたっぷりと
塗りこみ、アナルとおまんこの二つの穴に同時に指をつっこんだ。


「あふぅん・・・。」


驚いたサナエがカラダをびくんとのけぞらせたが、
ちんぽを咥え込まれているタケシには、それもいい刺激になったらしい。
俺はおまんことアナルにつっこむ指の数をどんどん増やし、
最後に中太のバイブをおまんことアナルに入れて、ぐちゅぐちゅと出し入れした。


「あっ・・・ああ・・・あん・・・。」


サナエは気持ちよさに、フェラチオがおろそかになっている。



穴兄弟にしてくれました・・・2へ                 つづく



ここは出会える登録必須の出会い系サイトランキング


出会い系で出会うためのワンポイントアドバイス




スポンサーサイト
[PR]

穴兄弟にしてくれました・・・2

「ほら、ちゃんとしゃぶらないと、タケシが射精できないよ?」


サナエのおしりをぴしゃっと平手でぶつと、あわてて、
念入りなフェラチオを再開する。


「サナエちゃん・・・おしりにバイブ入れられてるの?」


荒い息づかいで、タケシがサナエにきく。
「おしりと・・・おまんこにバイブ入れてもらって・・・
おちんぽ咥えているの・・・気持ちいいの・・・。」


おまんことアナルのバイブをゆっくりと出し入れされて、
サナエはうわごとのようにタケシに返事する。


「サナエちゃんは淫乱なんだね・・・。」


「タケシぃ、それじゃ、強姦プレイになんないよ?
もっとえげつない言葉責めしないと。」


「そ、そっか。・・・ちんぽを口に咥えこみながら、おまんこと
尻の穴にバイブ入れられてよがるなんて、淫乱にもほどがあるんじゃねぇ?」


タケシは軽蔑したような口調でいいながら、乱暴にサナエの頭をつかんだ。


「・・・違います・・・。」


サナエのおまんことアナルはひくひくしながら、バイブを楽しんでいる。


「ああ、嬉しいみたいだぞ。いやらしい汁がぐちょぐちょに
たれてきた。全くどうしようもない淫乱おまんこだ。」


「男のちんぽが咥えたくて、俺たちを誘ったんだろう。
強姦されても文句はいえないよなぁ?」


タケシはすっかりノリノリで、サナエの頭を動かして、イマラチオさせている。


「オマエのいやらしい顔に、たっぷり濃い精子を顔射してやるよ。」


タケシはサナエの口からちんぽを抜くと、自分の手でしごいて、
ぶしゅっと精子をサナエの顔にかけた。


白くてこってりとした精液が、ぽたぽたとサナエの顔や
おっぱいから床に滴り落ちる。


「あ・・・やだあ・・・ひどいよぉ・・・。」


サナエがぐすぐすと鼻を鳴らすと、とたんにあわてた
タケシがサナエの前にしゃがみこんで、ティッシュで
サナエの顔についた精液をぬぐおうとする。


「ご、ごめん。悪ノリしすぎちゃった?」


おろおろとしているタケシに、サナエはにこりと笑って、


「大丈夫よ。でも、精液を舐めてキレイにしてくれる?」


タケシはサナエの顔や首筋、おっぱいを犬のように
ぺろぺろと舐めて、自分の精液を舐めとっている。


「強姦プレイじゃなかったのか?」


俺はアナルのバイブをさらに極太のものに変えながら、
おまんこのバイブを乱暴に出し入れした。


「あ、あん・・・だってぇ、タケシさん、カワイイんだもん。」


どうやら、サナエには女王様気質もあったらしい。


「タケシ、おまんことアナル、どっちに入れたい?」


ぐりぐりとアナルの極太バイブを回しながら、タケシに声をかけると、
ようやくサナエに顔射した精液を舐め終わったタケシが、


「どっちもいいなあ。アナルセックスってしたことないし。」


と優柔不断ぶりを発揮した。


「俺もアナルは入れたことないから、二回ずつヤるか。オマエ、そんなに出るか?」


「溜まってるから大丈夫だよ。じゃあ、俺、先にアナルに入れていい?」


タケシは俺がていねいに拡張したサナエのアナルに、回復したちんぽを入れ始めた。


「んん・・いや・・・おしりはいやぁ・・・。」


サナエの演技を真に受けて、動きを止めるタケシに、


「いいからヤれ!強姦プレイだろ。」


と声をかける。


「おまんこ、こんなにぐちゃぐちゃにしておいて、どこがイヤなんだよ。」


俺はおまんこに入れたままのバイブをぐいぐいと動かした。


「あ・・・おしりにおちんぽが入ってくる・・・。」


「すっげ、キツ・・・。」


タケシが苦しそうなので、サナエのクリトリスを
舌で舐めて、力を抜かせた。


「ああ・・あん・・ふ・・・イイ・・・。」


「全部入った・・・すごい密着感・・・。」


満足そうなタケシが動き出す前に、俺もサナエの
おまんこのバイブを抜いて、ちんぽを入れる。


「皮一枚で、オマエのちんぽの感触わかるな。」


「ホントだ。ヘンな感じ・・・。」


おまんこもアナルもちんぽでいっぱいになったサナエは、
うつろな顔であえぎ声をもらしている。
俺がゆっくりちんぽを動かすと、タケシが悲鳴をあげた。


「す、すげ・・・気持ちいい・・・。」


「オマエも動けよ。」


タケシは恐る恐るアナルに食いつかれているちんぽを動かし始めた。
おまんことアナルを二穴責めされて、サナエはすすり泣く
ようなあえぎ声をひっきりなしにあげながら、何度もイっている。


まずは俺がおまんこに精液を吐き出し、ややしばらくたって、
タケシが二回目の精液をアナルに吐き出した後、少し休憩して、
俺がアナル、タケシがおまんこに交代して、もう一回ずつ、サナエの中に射精した。
この麗しい兄弟関係は、今も続いていて、やめるきっかけがつかめないでいる。



穴兄弟にしてくれました・・・1へ



出会いまでの道のりを知りたい方はこちら










出会いで乱交セフレ・・・1

出会い系で出会ったユミとは、セフレとしてたびたび
セックスする関係だった。
人妻のユミは子供を産んでないせいか、引き締まった
プロポーションとしまりのいいキツいおまんこで、
整った顔といい、たわわなおっぱいといい、無料で
味わえるのが奇跡のような上玉だった。

101275_2[1]



ホテル代や食事代などの費用を負担してもらえることを
考えると、風俗なんてアホらしくなるくらいのすばらしい相手だ。
待ち合わせ場所で待っていると、ユミの運転するシルバーのベンツが止まった。

いつものように助手席に乗り込むと、後ろの席にユミとはタイプの
違う清楚な感じのショートカットのお姉さんが乗っていた。

スポーツ選手かジムのインストラクターといった雰囲気の
その女性は、俺をみるとにっこりと微笑んだ。


「今日は3Pしましょ?」


ユミはさらりというと、つややかな唇を舌でぺろりと舐めた。


「彼女はユカさん。ステキなおっぱいと感度のいいおまんこをもってるわ。」


「よ、よろしく・・・。」


確かに、ユカのおっぱいのボリュームは、シャツごしでもかなりのものだとわかる。


「あなた、すごくいいちんぽをもってるんですってね。期待してるわ。」


ユミもユカさんも、上品そうなきれいな顔で、いやらしいことを平気で口にする。
俺はホテルに着くのが待ちきれなくなった。


「ちょっと味見する?」


ユミにいわれて、俺は後部座席に移動した。
ユカに抱きしめられて、濃厚なキスをする。
にゅるにゅると舌が口の中をまさぐり、俺はユミとは違った
キスの感触を楽しんだ。
ユカの手がジーンズの上から、俺のちんぽをなぞり、すでに
勃起しかけていたちんぽをさらに大きくする。


「ねえ、フェラチオさせて?」


俺はちんぽを取り出し、ユカにフェラチオしてもらった。
ユカのフェラチオは繊細で丹念だ。
やわらかくあたたかい舌があますところなく、ちんぽを舐めまわし、
カリや裏筋、根元までていねいになぞられる。

唇でちゅっとキスをしては、れろっと舌で舐められるのも気持ちがいい。
玉袋を舐められているうちに、ラブホテルに到着し、俺たちは
いそいそと部屋に入った。
いっせいに服を脱ぎ、三人とも全裸になる。

ユミのスタイルのよさはもはや見慣れたものだが、ユカの肢体もまた、
俺が抱いていいものかとためらってしまうくらいの完成度の高さだった。
つんと上を向いている形のいい美乳はボリュームもかなりのものだ。
きゅっと引き締まったウエストに、長い脚。
俺がユカにみとれていると、後ろからユミが抱き付いてきた。

出会いで乱交セフレ・・・2へ                 つづく


ここは出会える登録必須の出会い系サイトランキング


出会い系で出会うためのワンポイントアドバイス

出会いで乱交セフレ・・・2

やわらかなおっぱいが背中に押し当てられ、すっかり勃起している
ちんぽがユミの手の中に包まれる。


「ほら、ユカ、ちんぽ咥えてもいいわよ。」


ユカがひざまずき、ユミの手で根元を支えられた俺のちんぽを口の中に咥え込む。
熱い口内にすっぽりと覆われた俺のちんぽは、びくんと快感に震えた。
ちゅぶちゅぶとゆっくり出し入れされると、今日、たくさん出すために、
オナニーを控えていた俺のちんぽが精液の放出を求めて脈打つ。


「ユカが嬉しそうに、あなたのちんぽ、しゃぶっているわよ。」


耳元でささやかれると、くすぐったさと気持ちよさがじわっと広がる。
俺のちんぽを咥えこんでいるユカの表情は、うっとりとしていて
上気している頬がいやらしい。


ユミは俺の背中に、勃起した乳首をなすりつけながら、俺の小さな
乳首をこりこりと指でいじった。
俺は手を後ろに回し、ユミのおまんこをまさぐった。
なにもしていないのに、すでにぬれぬれのおまんこは俺の
ちんぽを待ちわびているらしい。


「私からいただいていいのかしら?」


やっとちんぽから口をはなしたユカが、口のはしから
よだれをたらしながらつぶやく。


「あら。交互に入れてもらいましょ。」


ユミとユカがベットに手をついて、お尻をつきだし、俺は
変わりばんこにちんぽを挿入しては抜き、違うおまんこに入れた。

ずぶぶっとちんぽがおまんこに差し込まれると、のけぞった体
から悦びの声があがり、ちんぽが抜かれるときには、
ひきとめようとするおまんこがちんぽに絡みつく。

隣であがる嬌声にじらされたおまんこは、ちんぽが入ってくると、
悦びで精一杯の歓待をしてくれる。


はじめて味わうユカのおまんこもすばらしかったが、何度も
味わっていたはずのユミのおまんこも普段に増して、具合がよかった。

俺は何度も襲ってくる射精感を耐え、ずぼずぼとおまんこの最奥を責めた。


「うん・・・ああ・・・もうイくぅ・・・。」


ユカがおまんこを今まで以上に引き締め、ケイレンして、
脱力した後、ちんぽを抜いて、ユミのおまんこに入れた。

ユカのおまんこのしめつけの衝撃から立ち直るために、
少しじっとしていると、ユミが自分で腰を振って、
俺のちんぽから快楽を引き出す。


「あ・・・太くて硬いちんぽ・・・いいの・・・。」


ぐちゅぐちゅっと結合部からはいやらしい音が響き、
きゅっきゅっと断続したしめつけを続けるユミのおまんこは
俺のちんぽを射精へと導く。


「イく・・・。」


ユミの絶頂と同時に、俺のちんぽも限界を迎え、白くて
濃い精液をたっぷりとユミのおまんこに吐き出した。

その後、何度もユミとユカに精液を吐き出した俺は、
はじめて玉切れというものを経験したのだった。


出会いで乱交セフレ・・・1へ


ここは出会える登録必須の出会い系サイトランキング


出会い系で出会うためのワンポイントアドバイス




乱交パーティ参加者募集・・・1

出会い系で出会った乱交パーティは衝撃の体験だった。
ある日、出会い系の書き込みを眺めていた俺は変わった
書き込みをみつけた。


101415_2[1]



”都内乱交パーティ参加者募集。性病をもっておらず、
自己の避妊対策がとれ、精力に自信のある方。事前面談あり。”


そんな怪しい書き込みにメールしてしまったのは、
俺が乱交というものを一度経験してみたいという憧れを
もっていたからだ。

恐ろしくたくさんのメールがくるだろうその書き込みから
返事をもらえるとは思っていなかったから、返信が来たときには逆に驚いた。


丁寧に真剣な思いが伝わるように、がんばってメールを書いたのが
良かったのかもしれない。

詳細をきくうちに、俺はその乱交パーティにぜひ参加したいと
熱望するようになった。

誠意のある態度のメール交換で主催者の信頼を勝ち得た俺は
面談を経て、とうとう乱交パーティへの参加を許された。


わくわくして前日はよく眠れなかったが、会場のマンションに
つく頃には興奮でちんぽが半だちになってしまっていた。
会場には幅広い年代の男女が集まっていた。
若い子もいれば、中年というか、お腹の出たおじさんもいる。

ただ、女性の面談合格条件は男性以上に厳しいらしく、
やりたくないと思うようなルックスの女性はいなかった。

年齢的にはいっているようにみえても、いわゆる熟女タイプで
セレブっぽい高級感がある。
早くも俺は誰でもいいからやりたいという気持ちでいっぱいだった。

女性一人に対して、三人くらいの割合で男性がいて、最初に
決めたグループから自由に移動できる。

パイプカットしていない男性はゴムの着用が義務付けられる。
床にいくつかのダブルベット用マットレスが敷いてあり、
それぞれの側にティッシュとローションと大人のおもちゃの
入ったかごとゴムとゴミ箱が用意されている。


俺が最初に配置されたグループの女性は、未成年かと
思ってしまうほど、ロリっぽい女のコで、顔に似合わない
くらい大きなおっぱいとものおじしない大胆なところが魅力だった。

お腹がでていて髪の毛が薄いお父さんのような男性のちんぽを
積極的にしゃぶり、若い男におっぱいをもまれたり、
俺におまんこを舐められたりして、嬌声をあげている。


乱交で興奮しているのか、おじさんのちんぽをフェラチオ
しているせいか、ロリ娘のおまんこは愛液があとから
あとから流れ出し、内ももを伝っていく。


俺がクリトリスをしゃぶり、指でおまんこをぐちゅぐちゅ
やりだす頃には、早くもおじさんがロリ娘に顔射してしまって、
しきりに謝っていた。

乳首をしゃぶっていた若い男がティッシュでロリ娘の顔についた
おじさんの精液をふきとり、ついでに、濃厚なキスをする。


俺もロリ娘のおまんこに舌をべろべろにつかった濃厚なキスをした。
クンニともいうが。
上下の口を舌で舐めまわされて、ロリ娘のカラダには力が入らない。
顔射したおじさんは、ロリ娘の両手からはみでるおっぱいを
後ろからもみしだいている。


「もう入れてもいい?」


とロリ娘にきくと、


「ゴムつけてね。」


といわれたので、いそいそとゴムをつけて、
おまんこに俺のちんぽをぶちこんだ。

おじさんと若い男がちょっとうらやましそうに俺を
みるのも、優越感を感じる。


乱交パーティ参加者募集・・・2へ    つづく


出会い系で出会うためのワンポイントアドバイス




カテゴリー

一度お試しあれ!!

まずはお試し無料から



最新記事

女性のためのお小遣い稼ぎ

マニアな出会い

リンク集

出会い
くる天 人気ブログランキング

アダルト検索風俗サーチのアダルトシーカーAdult Seeker
アダルト検索エンジン
アダルトサーチエンジン「X」エックス
アダルトギャラリー
ADULT◆最強伝説
アダルトショッパーズ
おちんちんからしナビ
「アダルト検索 アダステ」
  • seo

美少女動画

安心できる出会い

Rioちゃんor愛ちゃん?



体験談募集中です♪

当ブログにて引用させて
頂くことがあります。
引用しないでという方は
その旨を記載して下さい♪
{例} 
名前だけ変えて引用可です。
オナニーネタにして下さい(笑)
名前もすべて引用可です。

名前:
メール:
件名:
本文:

女性の方へ

出会い?動画?

エッチなサイト検索

女性のためのおもちゃ

おすすめ♪

RSSフィード

エロ動画サイト

ひざまくら

女性の方へ

素人チャット

Copyright © 出会い 体験
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。